実写映画【BLEACH-ブリーチ-】ストーリー内容やキャストをまとめてみた

週間少年ジャンプで2016年まで約15年間連載されていた霊術系王道バトル漫画BLEACH(ブリーチ)。

連載終了時の2016年から映画化が決定していた作品であり2018年7月20日に実写映画上映が決定しています。

2年もの間温めた実写映画化ですがストーリー内容やキャストは誰なのでしょうか?

 

実写映画【BLEACH-ブリーチ-】ストーリー内容やキャストをまとめてみた

といった内容でまとめてみました。

 

参考にしていただければ幸いです。

 

スポンサーリンク

BLEACH-ブリーチ-とは?

2001年から2016年の15年もの間連載されていたバトル漫画。

連載開始からとても人気だった漫画でありハンターハンター、ワンピース、ボボボーボ・ボーボボ、テニスの王子様、アイシールド21、いちご100%などといった中で少年ジャンプの黄金世代築いた作品の一つであります。

漫画は全部で74巻まで創刊されており累計1億2000万部という歴代ジャンプの中でも大ヒットした作品になります。

これまでブリーチはテレビアニメ化、劇場アニメ化、ゲーム化、そして舞台ミュージカル化するなど絶大な人気を博す。

 

実写映画BLEACH-ブリーチ-ストーリー内容

ストーリーはどこまでやるの?

今回の実写映画では「死神代行編」と呼ばれるストーリーを中心に展開されるようです。

 

漫画でいうと1~8巻までの間になります。

 

朽木白哉や阿散井恋次なども登場していたので続編はあるのかも?

 

おおまかなストーリー内容

1巻~8巻のおおまかなストーリー内容です。映画時間は108分であるため内容はここから結構削ってくると思われます。

 

 

霊感がやたら強い高校生の主人公黒崎一護。霊との会話やさらには触れることも可能であり物心ついた時から霊は身近なものであった。

 

ある日死神を名乗る女性朽木ルキアと出会う。

霊は見てきたが死神を見るのは初めてであったので信じることは無かったが虚(ホロウ)と呼ばれる凶悪な悪霊に襲わる。

 

ルキアは虚(ホロウ)を退治しに来た死神であったが一護をかばうことで重傷を負う。また一護の家族も襲われてしまい大切な人、そして一護自身も絶体絶命の状況になる。

ルキアから提案されたのは最終手段、死神の力を分け与えて一護が虚(ホロウ)を倒すことであった。死神の力に耐え切れなければ絶命してしまう賭けであったが一護はそれを受け入れて死神となりホロウを倒した。

 

ルキアは一護にほとんどの力を奪われてしまったために力が回復するまで一緒に住むことになる。

 

ある日同級生の石田雨竜は一護が死神であることを見抜き石田のある理由から勝負を仕掛けるために空座町に大量の虚(ホロウ)を呼び寄せる。

 

また死神が住む世界ソウルソサエティから死神の阿散井恋次とルキアの兄朽木白哉が重罪を犯したルキアと一護を処刑するためにやってくるのであった。

 

 

実写映画ブリーチのキャスト

黒崎一護

ブリーチの主人公。生まれた時から霊感が強くまたオレンジ色の髪をしている。生まれつきオレンジ色の髪をしているため学校の先生からなにかと言われないようにするために成績が優秀。

ルキアから虚(ホロウ)を倒すために力を貰い家族を助けてくれたきっかけとなったので恩義を感じている。

 

福士蒼汰

黒崎一護のキャストは俳優の福士蒼汰さんです。

代表作に映画「好きっていいなよ。」「ストロボエッジ」、ドラマ「恋仲」などラブストーリーで主演であることが多い俳優の方です。

また2018年映画「曇天に笑う」にも主演を務めるなどかなり勢いのある若手人気俳優です。

 

朽木ルキア

黒崎一護を死神にさせるきっかけとなった女性。

虚(ホロウ)から致命傷を受けてしまったために最終手段として死神の力を貸した。死神の力を貸す程度のつもりであったが一護に力のほとんど奪われてしまったために回復するまで人間として一護と一護の家族と暮らす。

 

杉咲花

ヒロインルキアを演じるのは女優杉咲花さん。

代表作には朝ドラマ「とと姉ちゃん」、「夜行観覧車」、「MOZU」、「いだてん」、映画「湯をわかすほどの熱い愛」などがあります。2018年には花より男子の続編「花のち晴れ」にも主演をつとめる実力派俳優。

 

石田雨竜

一護のクラスメイトで学年トップの成績、生徒会長であるなど優秀な生徒。

正体は人間がホロウを倒すために力を得た滅却師(クインシー)の生き残り。クインシーは死神に滅ぼされた一族であり死神である一護を見て勝負を仕掛ける。

 

吉沢亮

クインシー石田雨竜を務めるのは吉沢亮さん。

代表作にドラマ「サイン」「金魚クラブ」「仮面ライダーフォーゼ」「そこをなんとか」「最悪の卒業式」。映画にジャンプ作品の「斉木楠生のΨ難」「銀魂」などもあります。

 

阿散井恋次

ソウルソサエティに住む死神で護廷十三隊六番隊副隊長。

ルキアとは幼馴染の関係で仲良し。しかし仕方ないとはいえルキアが一般人に死神の力を与えることは重罪であるためにルキアを始末しにきた。

ルキアの兄、朽木白哉を超えたいと思っている。

 

早乙女太一

阿散井恋次を務めるのは俳優早乙女太一さん。

代表作に映画「クローズEXPLODE」、「座頭市」、「22年目の告白-私が殺人犯です-」「少年H」などがあります。

 

朽木白哉

ルキアの兄でソウルソサエティの死神。護廷十三隊六番隊隊長。

最高位貴族朽木家の当主であり相当な実力者。阿散井恋次と同じくルキアを始末するために空座町に現れた。

名家朽木家は死神の規範となるために掟に殉じなければならないという考えを持つ。しかし今まで危険な目に合わせないようにルキアに官職につかせないようにしていたなどのためにルキアの罪で揺れ動く。

 

MIYAVI

朽木白哉を演じるのはロックミュージシャンのMIYAVIさん。

日本だけでなく世界中で活動しヨーロッパ、北米、南米、アジア、オーストラリアなど30か国計300公演以上のライブを行った。

俳優としては「不屈の男 アンブロークン」、「キングコング:髑髏島の巨神」などがある。

 

 

井上織姫

一護のクラスメイトで天然の女性。

天然であるが成績は良い。一護の死神の力に触れて対ホロウの力「盾瞬六花しゅんしゅんりっか」が目覚める。

 

真野恵理那

井上織姫を演じるのは元アイドルで女優の真野恵理那さん。

代表作に「THE NEXT GENERATION-パトレイバー-」「リアル鬼ごっこ」「みんな!エスパーだよ!」「orange」などがあります。

 

 

茶渡泰虎

一護のクラスメイトで中学からの親友チャド。

大男かつ怪力の持ち主で中学の時に一護とチャドは不良の間で有名であった(オレンジ髪などで目を付けられ喧嘩を売られていたが返り討ちにしていた)。

守りたいの者のために拳を振るう事をじいちゃんから教わっている。大男であるが成績は優秀。

 

小柳友

元ワンオクロックのメンバーという経歴を持ち現俳優の小柳友さんがチャド役です。

代表作に映画「アオハライド」「かじまる食堂の恋」ドラマに「逃げるが恥だが役に立つ」「赤ひげ」などがあります。

 

黒崎真咲

黒崎一護の母であり故人。一護曰く「ウチはおふくろを中心にまわっていた」一護の父一心曰く「太陽に似ていた」と語るほど偉大な存在であった。

一護が小さいころ一護を守るためにホロウの攻撃を受けて逝去してしまった。

 

長澤まさみ

大人気女優長澤まさみさんが黒崎真咲を演じます。

代表作に「アイアムアヒーロー」「モテキ」「銀魂」「海街diary」などがあります。

 

黒崎一心

一護の父であり診療所を経営している超がつくほどの愛妻家。

ハイテンションかつエネルギッシュな父でありボケたりもする。一護に対して蹴りやチョップなどのウザがらみをし、一護の妹夏梨からは幼稚なコミュニケーションと言われている。

娘たちにはデレデレだが一護には放任主義の姿勢である。しかし大事な時にはそっと手を差し伸べるキャラ。

 

かつて煙草を吸っており禁煙したが真咲が命日の時のみ吸う。煙草を吸っている時だけカッコいいと真咲に言われたからとのこと。

 

江口洋介

黒崎一心を演じるのはベテラン俳優の江口洋介さん。

代表作にドラマ「救命病棟24時」「ひとつ屋根の下」映画「るろうに剣心」などがあります。

 

浦原喜助

駄菓子屋浦原商店の店主。

正体は現世に来る死神に対して霊的商品を売ったりホロウを討伐した死神に賞金を渡すなど援助をしている商人。力を失ったルキアの援助をしている。

飄々とした人物であるがまだまだ裏がたくさんある。

 

田辺誠一

浦原喜助役は俳優の田辺誠一さん。

代表作に「ハッピーフライト」「紙の月」「四月物語」「ブラック企業に勤めているんだが、もう俺は限界かも知れない」など。

田辺誠一は浦原喜助役はかなりピッタリだと個人的に思います。

 

 

スポンサーリンク

映画監督 佐藤信介

実写ブリーチの映画監督を務めるのは実写映画には定評がある佐藤信介さん。

代表作に「いぬやしき」「GANTZ」「デスノート Light up the NEW world」「アイアムアヒーロー」「図書館戦争」などがあります。

 

インタビューとしては

想像力の限りが尽くされたこの世界を、映像の力の限りを尽くして描きます。尸魂界<ソウルソサエティ>、虚<ホロウ>、斬魄刀、そして福士蒼汰が一護として暴れまくる姿、お楽しみに。

とコメントしています。

 

原作者 久保帯人

ブリーチの原作者は久保帯人さん。

インタービューでは強いこだわりがあってブリーチ実写映画は何度か立ち上がっていましたがその度に消していたとのこと。

連載完結のタイミングと重なったために積極的に協力したらしくブリーチを知らない人にも知っている人にも楽しんでもらえる作品に近づけたとのことです。

唯一心配なのは一護の髪の色であり実写だとへんだけどどうするのかー?とのことです。

 

また漫画以外にもオシャレな詩や表現が有名であり久保帯人さんはオサレ伝道師といわれ読者に親しまれていました。

 

主な詩として

もし わたしが雨だったなら
それが永遠に交わることのない
空と大地を繋ぎ留めるように
誰かの心を繋ぎ留めることができただろうか
井上織姫

 

剣を握らなければ おまえを守れない
剣を握ったままでは おまえを抱き締められない
茶渡泰虎

 

時は常に背後から迫り
唸りを上げて眼前に流れ去る

踏み止まれ
時がお前を 美しい世界へ押し流そうと
どれほど牙を剥こうとも

前を見るな
お前の希望は 背後に迫る
冥冥たる濁流の中にしかない
銀城空吾

 

俺達は 手を伸ばす
雲を払い 空を貫き
月と火星は掴めても
真実には まだ届かない
志波岩鷲

 

僕は、ついてゆけるだろうか

君のいない世界のスピードに
黒崎一護

 

この詩はキャラクターをイメージした詩であり漫画の巻頭の通常は作者コメントが入る場所に毎回久保直人さんは詩を書いてしました。

 

ブリーチワールドを知る上で久保直人さんのおしゃれな表現は欠かせないものでもあります。

 

まとめ

今回は実写映画【BLEACH-ブリーチ-】ストーリー内容やキャストをまとめてみた

といった内容で情報をまとめてみました。

 

いかがだったでしょうか?

 

ブリーチファンはもちろんブリーチを知らない方でも楽しめるようになっていると原作者久保直人さんはおっしゃっていましたのでかなり面白いものになっていると期待できると思います。

 

7月20日の映画が楽しみですよね。

今回もありがとうございました。また次の記事でよろしくお願いします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ