【ヒロアカ】ビッグ3の個性やメンバー一覧まとめ!

漫画【僕のヒーローアカデミア】に登場する雄英高校三年生ビッグ3。

三人はヒーロー科雄英高校の中でもトップに君臨する人達でありすでに大人のヒーローたちにも負けない実力をもっています。

 

今回は

【ヒロアカ】ビッグ3の個性やメンバー一覧まとめ!

といった内容で情報をまとめてみました。

 

参考にしていただければ幸いです。

 

【ヒロアカ】ビッグ3とは?

雄英高校ヒーロー科三年生の高校トップに君臨する3人をビッグ3。

彼らはすでにプロのヒーローたちとインターンを通じて一緒に業務をしている生徒。

実力は並みのプロヒーロー以上であり将来を有望されている三人であります。

 

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】ビッグ3の個性やメンバー一覧

通形ミリオ(とおかた みりお)

ヒーロー名 ルミリオン

個性 透過

 

生徒とプロヒーローを含めてイレイザー・ヘッドから一番ナンバー1ヒーローに現状近いと言われている期待の新星。

雄英に入ったころはそこまで優秀な生徒ではなく体育祭では自分の個性に振り回されていました。

しかし本人いわく「凄まじい鍛錬によってビリからトップに上り詰めた」という努力家であり自身の個性を完全にコントロール、自身の肉体を極限まで鍛え上げている。

 

その努力と成績から雄英の校長根津先生からオールマイトのワン・フォー・オールの後継者として推薦されていた人物でありたまき曰く「手加減を知らない」とのこと。

 

個性:透過

個性発動中はあらゆるものや攻撃をすり抜ける。なので発動中は全ての攻撃を無効化できる能力であるが欠点としては服も落ちてしまうこと。

また光や空気も透過するので目が見えなくなったり呼吸できなくなったりといった欠点もある。

 

ミリオ曰くコントロールが相当難しい個性らしく体の部分部分を透過させるのにとても苦労したとのことで1年の時はなんの役にも立たない個性であったとのこと。

 

現在はミリ単位まで透過させることができるらしく死穢八斎會編ではエリを避けつつ治崎の部下を蹴るといった芸当もできるようになっていた。

また全身を透過させて地面の中にいる状態で個性を解くと弾き飛ばされてワープすることが可能。ワープ先は体のポーズで調節できる。

 

天喰環(あまじき たまき)

ヒーロー名 サンイーター

個性 再現

 

現在ヒーローファットガム事務所の所でインターンしているビッグ3の1人。

見た目に反してコミュ障な一面があり大勢を前にして話すことが極端に苦手。実力は確かなのであるがメンタル面が弱点とファットガムは語る。

通形ミリオとは古い付き合いらしく小学生の頃転校してきたとき誰にも話せなかったたまきにミリオが声をかけて仲良くなった。

 

死穢八斎會編では足止めしてくる3人の極道相手に自身の弱みであったメンタル面を克服して勝利を収めた。

 

個性:再現

食べた生物の特徴を自分の身体には生やして纏わせる個性。

主に魚介類を再現することが多く体に”たこの足”を生やしたりフライドチキンを食べて翼を生やしたりあさりの味噌汁で手にアサリの殻を装備したりする。

またたまき曰く再現するための練度があるらしく再現したい物の量を多く食べたり、最近食べた物が再現しやすいらしい。

なのでアサリがお気に入りのたまきは毎日アサリの味噌汁を食べています。

 

スポンサーリンク

波動ねじれ(はどう ねじれ)

ヒーロー名 ねじれちゃん

個性 波動

 

ビッグ3唯一の女性。ミリオやたまきのようにまだ活躍が少ない。

人物としては好奇心旺盛で自分の気持ちに素直な自由人とのこと。また美少女らしく雄英文化祭では去年ミスコン2位。

 

現在はナンバー9ヒーローリューキュウの所へ麗日お茶子とあすいつゆと共にインターンに行って活動している。

 

個性:波動

自身の活力をエネルギーに変えて波動として放つことができるまるで男主人公のような個性。

しかしなぜか波動はねじれるため到達するまで速度が出ない。

 

チャージすることで相当な攻撃力になり巨大なヴィランも吹っ飛ばせる威力。また足からも波動を出すことが可能であり頑張ればグラントリノのような機動が可能。

 

まとめ

今回は【ヒロアカ】ビッグ3の個性やメンバー一覧まとめ!

といった内容で情報をまとめてみました。

 

いかがだったでしょうか?

今回紹介した三人はこれからも物語で大きくかかわってきそうな実力者。デク達とはライバルであり頼もしい先輩たちです。

通形ミリオと天喰環は死穢八斎會編にておおきく活躍しましたがねじれちゃんについてはまだそこまで活躍していません。

 

ねじれちゃんの今後に注目していきましょう。

 

今回もありがとうございました。また次の記事でよろしくお願いします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ