【ヒロアカ】壊理(エリ)の個性や年齢まとめ!

漫画【僕のヒーローアカデミア】に登場するキャラクター壊理(エリ)。

オーバーホールと関係がある女の子でありインターンと死穢八斎會編にてデク達ヒーローの救出対象となったキャラクターですよね。

 

そんなエリについて

【ヒロアカ】壊理(エリ)の個性や年齢まとめ!

といった内容で情報をまとめてみました。

 

参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

壊理(エリ)

オーバーホール治崎が極道の組織である死穢八斎會を復興させるための計画の中心であった人物。

エリの個性を利用して治崎は撃ち込むことで”個性を消滅させる弾丸”と個性を復活させる薬の”血清”を生産する上で重要なキャラ。

 

エリの人間関係としてはオーバーホール曰く”死穢八斎會の組長の娘が置いていった娘”とのこと。

 

エリの年齢

エリの年齢は不明でありますがおそらく4~5才なのではないかと思われます。

体格がヒーロー仮免試験補修と時に出てきた幼稚園の子たちと同じでありまたエリの経歴としてエリは生まれてすぐに個性により父親を消しています。

そのことから母親にエリは呪われていると言われ組長の所へ預けられてエリは治崎の個性に似ているとして組長が治崎に預けています。

その後治崎がエリを利用して暴走していくのですが、、、

 

なので生まれてすぐ預けられて治崎に実験されていたということで3年以上は歳月を経ているのではないか?と思われます。

 

また死穢八斎會のアジトのオーバーホールやエリがいるとされる居場所を突き止めた時には治崎の部下がエリの機嫌を取るために「グンバツ!プリユア」のフィギュアを買いそこからサーの個性でアジト特定をしました。プリユア(プリキュア)がハマる年齢ですから4~5才でしょう。

 

壊理(エリ)の個性

エリの個性はヒロアカでも屈指の最強クラスの個性。

名前は不明であるが「巻き戻し」とオーバーホールは呼んでいます。

 

特徴としては触れた生物を過去の構造に戻す個性。時間を巻き戻すのではなく状態を戻す。状態だけなので人の記憶には影響しないようだ。発動中はツノのようなものが生える。

また対象は人だけであり物体には効果が出ない。

 

現在エリはこの個性をコントロールすることができていません。

・意図せずとも対象を消してしまう

・自分の意思で発動できない

・発動すると全てを巻き戻してしまい自分で止めることができず暴走状態となる

 

これまでは暴走状態になってもオーバーホールに一度分解&再構築で強制的に停止させられていました。現在はエリの力をコントールするために雄英高校の先生である個性を一時的に消せるイレイザーの元に預けられています。

 

スポンサーリンク

エリが個性を使ったシーン

治崎と音本の融合を解除

オーバーホールはルミリオンの個性を消した後は到着したナイトアイ、デクと戦います。

エリを奪われることがあってはならないとオーバーホールは部下の音本を分解し融合。ナイトアイを倒し最後はVSデク。

合体して強化されたオーバーホールをデクは止めることができずさらに合体した音本の個性でエリを自分のところへ引き戻すことに成功したオーバーホール。

 

地上への穴が開いたところからオーバーホールはエリと共に脱出しようとしますがミリオのマントが打ち上げられてエリは意識せずにつかんだ。

自分は特殊な個性を持ってしまったために治崎に毎日身を切られ痛い思いをしているのだと治崎から逃げることを諦めていた。しかし通形ミリオやナイトアイ、デクの助けたい思いに触れて個性発動。

 

治崎と音本の融合を解除したのであった。

 

 

デクと共闘

一度発動したエリの個性は暴走して止めることはできないことを知ったデク。

しかしエリの個性は「とっても優しい個性」と評価してエリを抱えてオーバーホールと戦いました。

デクはワン・フォー・オールの個性を100%引き出しながら大けがをして常にエリに巻き戻してもらう戦法で激しく戦う。

 

オーバーホールも再構築の個性でデクからのダメージを回復しながら戦いましたが100%のワン・フォー・オール打撃とスピードに回復が追いつかずに敗北しています。

 

まとめ

今回【ヒロアカ】壊理(エリ)の個性や年齢まとめ!

といった内容で情報をまとめてみました。いかがだったでしょうか?

 

今後エリは力がコントロールできればルミリオンが個性を使えるまでの状態に戻せるのではないか?という期待もあります。

しかしエリの個性は超強力。ヴィラン連合がオーバーホールの実験結果を持ち去り実験の核がエリだっと気づいたならば必ずエリを狙ってくるでしょう。

 

エリが今後どうなるのか楽しみですよね。

今回もありがとうございました。また次の記事でよろしくお願いします。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ