【ヒロアカ】デク(緑谷出久)の個性や必殺技をまとめてみた!

漫画【僕のヒーローアカデミア】の主人公デクこと緑谷出久。

無個性の少年でありながらヒーローの心を持っておりオールマイトから個性を授かった勇気のある主人公。

 

そんなデクについて今回は

【ヒロアカ】デク(緑谷出久)の個性や必殺技をまとめてみた!

といった内容で情報をまとめてみました。

 

参考にしていただければ幸いです。

 

デク(緑谷出久)

平和の象徴ヒーローであるオールマイトに憧れた1人の少年デク。

普段はビビりで臆病者であるが困った人や助けを求める人を見ると考えるより先に行動してしまう性格。

誰もが個性を持つ超常現象社会の人間であるが中学3年生の時まで無個性でありヒーローになるには絶望的な体質であったがヒーローに必要な”考えるより先に動く”という性質を持っていたことをオールマイトに見込まれて個性を貰った。

 

 

スポンサーリンク

デクの個性ワン・フォー・オール

平和の象徴オールマイトから授かった個性。基本個性は先天的なものであるがワン・フォー・オールは代々人から人へ継承されてきた個性である。

 

個性の特徴としては筋力を強化させる増強型とシンプルであるが極めることでオールマイトのように派手な技が可能。

 

圧倒的なパワー

ワン・フォー・オールは簡単な筋力増強型でありますが破壊力が他の増強型よりも頭一つ飛びぬけて強い!

オールマイトの技を食らった衝撃で天候すら変えたり、物理の効かない実体のない敵にすらパンチの風圧で全てを吹き飛ばしたり、オールマイト対策の衝撃を吸収する敵にすら結局ゴリ押しできるなどなど規格外で派手な個性である。

 

この圧倒的なパワーがあるからこそオールマイトを平和の象徴たらしめた無敵の個性なのです。

 

ただし現在のデクではワン・フォー・オールを100%発動させると体が耐え切ることができず基本は5%発動の状態で戦っています。

 

代々から受け継がれてきた個性

ワン・フォー・オールは2つの個性が組み合わさりできた個性。

・力をストックする個性

・力を譲渡する個性

の2つです。

ワン・フォー・オールが圧倒的で飛びぬけた力を持っている理由としてはこれまでワン・フォー・オールを代々受け継いできた継承者たちの力を「ストック」してきたからでありワン・フォー・オールを継承すればするほどワン・フォー・オールは強くなっていきます。

 

オール・フォー・ワンの派生

ワン・フォー・オールは元々先代の先天的に発現した個性ではなく作られた個性であります。それはオール・フォー・ワンが関係します。

オール・フォー・ワンは”対象から個性を奪う”と”個性を誰かに渡す”という二つの能力を持っています。

 

オール・フォー・ワンの持ち主はこの力で人々から強力な個性を奪い圧倒的な力で勢力を拡大して悪の支配者として君臨。何百年も前の話ですがオール・フォー・ワンは寿命に関係する個性を奪ったのでしょう現在まで生き延びています。

 

そんなオール・フォー・ワンの弟は兄の暴走を止めたかったのですが元々体も弱くしかも無個性ということもあり兄を止めることができませんでした。

そんな彼になんのいたずらかオール・フォー・ワンは”力をストックする”個性を与えます。

弟は無個性と思われていましたが実は”個性を与える”というそれだけならばなんの意味のない個性を持っていました。

 

その二つが混ざり合ってワン・フォー・オールが誕生しました。しかし弟の一代では兄を止めることができず弟は兄を止めてくれる後継者を探してワン・フォー・オール受け継がせたのです。

それが今日までワン・フォー・オールが受け継がれてきた理由でありワン・フォー・オールは兄オール・フォー・ワンの暴走を止めるための個性なのです。

 

ワン・フォー・オールの継承方法

ワン・フォー・オールは個性を持った人物のDNAを取り込むことで継承できます。

デクはオールマイトの髪の毛を食べることで継承しました。

またただDNAを取り込めばよいわけではなく持ち主が「渡したい」と思った相手にしか継承されません。こちらから一方的に渡すことは可能ですが無理やり奪われることはありません。

 

しかしワン・フォー・オールが継承できるという情報は超重要な秘密事項であり悪い人に知られてしまうと拷問するなどで継承の条件を達成できてしまうわけです。絶対に他の人にも知られてはいけません。

 

 

スポンサーリンク

デクの必殺技

デクが作中に使った必殺技をまとめてみました。

 

ワン・フォー・オールフルカウル5%

一番最初にデクが体を傷つけずにワン・フォー・オールを発動できるようになった技。

ワン・フォー・オールの個性自体を必殺技だと思っていたデクはグラントリノとの訓練にて要所要所で個性を発動していると一手、一手遅れてくる問題に直面します。

 

それを解決するためにデクは最初からワン・フォー・オール発動状態にしておけば良いという結論に至り初めてワン・フォー・オールを常に発動させた状態にしました。

最初はフルカウル5%でありこれがデクの体を傷付けずに発動できる限界でした。

 

100万%デラゥエア・デトロイトスマッシュ

デクVSヴィラン連合マスキュラー戦。

USJで特訓しているときに爆轟勝己を狙ってヴィラン連合が襲来。こうたくんを連れ戻すためにデクは迎えにいきますがそこにはマスキュラーがいました。

 

マスキュラーを倒すために腕を犠牲にしてワン・フォー・オール100%を使いますがあまりダメージを受けていません。もう一度100%の力で攻撃しますがマスキュラーはびくともしない。

 

二人が戦っている途中にこうたくんの水を出す個性によりマスキュラーは弱体化してしまいます。そこにデクが渾身の100万%デラゥエア・デトロイトスマッシュをぶち込み勝利しました。

 

 

この100万%は作者曰くデクの気持ちであり実際には100万%も出ていません。

 

ちなみにデトロイトはアメリカの地域名でありオールマイトの必殺技は全てアメリカの地域名+スマッシュなのでオールマイトへのリスペクト技でもあります。

 

ワン・フォー・オールフルカウル8%

デクVS爆轟勝己戦で見せたデクの必殺技。

爆轟のデクに対する思いとデクの思いがぶつかり合い感情的になったデクがフルカウル8%を発動します。デクいわく自分では気づかないがこれまでの訓練で体が鍛えられていたため上限を突破できていたとのこと。

 

また勝たなければいけないと思った時には口が悪くなってしまう性格も見られました。

ただし腕をケガしないようにしたのでパンチはフルカウル5%だったため最後はかっちゃんに敗北してしまいました。

 

シュートスタイル

必殺技をみにつける訓練にてデクがたどり着いた必殺技。

これまではオールマイトの模倣のようにワン・フォー・オールを使ってきましたがそれではいけないとグラントリノやオールマイトからアドバイスを貰います。

 

またサポート科の発明明の失敗を恐れず常に発想して思考している既成概念にとらわれない発想からシュートスタイルを編み出しました。

考え方としては”腕が不安なら脚”とのこと。

 

ワン・フォー・オールフルカウル20%

デクVS治崎戦で見せた必殺技。

通形ミリオが踏ん張りナイトアイも治崎に敗北しここでデクが頑張らなければゲームオーバーという状況。

8%フルカウルでは治崎には手も足も出ず体の限界も近いデクでしたが勝つために20%フルカウルを発動。

 

スピードとパワーは圧倒的でしたが治崎いわく「いくら速かろうが先の二人に比べれば動きの”線”が素直で見えやすい」とのことで簡単に対応されてしまいました。

 

デラウェアスマッシュ エアフォース

デクが覚えた遠距離攻撃の必殺技。

指先にワン・フォー・オールの力を込めて空気を放つ技。まだ通常では上手く出すことができないためサポート科の発目のアイテムを持っている状態ならば使える。

 

ジェントル戦で使用した必殺技でありなかなかの攻撃力をだしていました。

 

まとめ

今回は【ヒロアカ】デク(緑谷出久)の個性や必殺技をまとめてみた!

といった内容で情報をまとめてみました。

 

いかがだったでしょうか?

 

デクは今後様々な必殺技を会得していくと思われますし自力ではまだ20%しか出せないという成長余力を残しています。

今後デクがどういう戦いをしてくれるのか楽しみですよね。

 

デクが100%のワン・フォー・オールを使いこなせるようになるにはやはり肉体をオールマイトのように巨大化させなければいけないのでしょうか?今後のデクのビジュアルにも期待していきたいと思います。

 

今回もありがとうございました。また次の記事でよろしくお願いします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ