【ヒロアカ】レッドライオット(切島)の個性やかっこいいシーンまとめ

漫画【僕のヒーローアカデミア】に登場するヒーロー烈怒頼雄斗(レッドライオット)こと切島鋭児郎。

インターン& 死穢八斎會編でエリちゃんを救出するために戦ったキャラクター。

 

そんなレッドライオットについて

【ヒロアカ】レッドライオット(切島)の個性やかっこいいシーンまとめ

といった内容で情報をまとめてみました。

 

参考にしていただければ幸いです。

 

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】レッドライオット(切島)の個性

レッドライオットの個性は「硬化」。

名前の通り体を固くできる個性であり攻守ともに優れた個性であります。

しかし本人はそこまで強いと思っておらず逆に地味だと評価。

中学生の頃は人よりも少しだけ固くできる程度の個性でしたがインターン& 死穢八斎會編辺りでは岩石のごとくガッチガチにできる個性に昇華していました。

通常モードであれば10分間硬化を維持可能。アンブレイカブル状態であれば30~40秒の間だけ最強最高硬度の状態になることが可能でありその間はどんな攻撃でも受けつけない!

 

 

レッドライオットの必殺技

カッチカチになれる個性であるレッドライオットですから打撃だけでなく斬撃攻撃も可能。爆轟との戦いでは切島のパンチを避けた爆轟のほほには切り傷ができていた。

 

烈怒交吽咤(レッドカウンター)

相手の攻撃を受けつつカウンターのごとくパンチを放つ技

 

烈怒頑斗裂屠(レッドガントレット)

硬くなってボディブロー。

 

安無嶺過武瑠(アンブレイカブル)

最高硬度となる技。名前は砕けない・壊れないのunbreakableからきている。

 

レッドライオット(切島)のカッコいいシーン

個性をブーストしたヴィランに勝利

ビッグ3のサンイーターとファットガムの事務所にインターンに来ていた切島。

3人で町をパトロールしている途中にチンピラヴィランの集団に遭遇。ファットガムとたまきがほとんどを捕まえるも1人取り逃してしまいます。

 

最後の1人を追ったレッドライオットがバトル。

実力派圧倒的にレッドライオットに部がありましたが個性を一時的にブーストさせる薬を使ったために押され始めます。

ヴィランの攻撃は硬化状態を保ったレッドライオットに傷を付けることができる攻撃力。こんなやつを大通りに出したらただでは済まないと考えたレッドライオットは現在最強状態であるアンブレイカブルを発動。

 

敵のヴィランも一か所に集中させる刃で攻撃しますがレッドライオットは倒れない!全ての攻撃を受けてとめてから必殺技烈怒頑斗裂屠(レッドガントレット)でノックアウトさせました。

この事は後日ネットニュースに流れて爆轟に悔しがられていました。

 

 

スポンサーリンク

乱波&天蓋VSファットガム&レッドライオット

死穢八斎會編にてオーバーホールの部下である乱波と天蓋のコンビVSファットガムとレッドライオットの勝負が始まります。

 

乱波の乱打をレッドライオットは受けアンブレイカブル状態ですらダメージを負ってしまう。乱波の攻撃はファットガムでさえ受けきることができない攻撃力。

さらにはピンポイントでバリアを張ってくる天蓋の個性によりかなり絶対絶命のピンチに陥った二人。

 

そこでファットガムが取った作戦はひたすらダメージを受け、吸収して衝撃として返すこと。

脂肪が薄くなればなるほど防御は低くなるが攻撃力が高くなっていく諸刃の技でもある。

 

しかし衝撃を返す時には”タメ”をする時間が必要であり今の二人からわずかな時間を作ることができないでいました。

 

そこへ一度折れたレッドライオットがファットガムの盾となる!

先ほどは乱打ですぐに吹っ飛ばされたレッドライオットですが乱打を受けてすぐにその場所から再び硬化させる技術を会得。逆に攻撃しようとパンチを繰り出しますがバリアを張られてしまいます。

しかしタメを作れたファットガムが今まで受けた衝撃を返し勝利しました。

 

乱波にすら認められる

ファットガムの強力な一撃でも立つことができた乱波。

しかし彼は戦う選択ではなく二人を応急処置するために医務室へと案内した。乱波は元々死穢八斎會のメンバーではなく地下闘技場の戦士であり強い男と戦うことが生きがいであった。

そんな乱波であるから先ほどのレッドライオットの乱波の打撃を完全に受け止めて反撃に出た姿を気に入って治療をした後に死合をしようといった。

 

おわりに

今回は【ヒロアカ】レッドライオット(切島)の個性やかっこいいシーンまとめ

といった内容で情報をまとめてみました。

いかがだったでしょうか?

 

最近株を徐々に上げてきたレッドライオットこと切島について再確認していただけたならば幸いです。

 

今回もありがとうございました。また次の記事でよろしくお願いします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ