【ワンピース】天竜人ドンキホーテ・ミョスガル聖の過去やドフラミンゴとの関係をまとめてみた

漫画【ワンピース】907話で登場した天竜人のドンキホーテ・ミョスガルド聖。

天竜人チャロスが魚人の王女であるしらほし姫を連れ去ろうとしたところを金棒でぶん殴りおと姫を救いました。

また彼は一度魚人島編の過去回想で登場したキャラクターであり現在は横暴な天竜人というよりは人間に近い思想をもっているようです。

 

そこで今回は

【ワンピース】天竜人ドンキホーテ・ミョスガル聖の過去やドフラミンゴとの関係をまとめてみた

といった内容で情報をまとめてみました。

 

参考にしていただければ幸いです。

 

 

スポンサーリンク

天竜人とは?

まずはドンキホーテ・ミョスガル聖が所属している天竜人について情報をまとめたいと思います。

 

天竜人とは世界貴族とも呼ばれているワンピースの世界における最も誇り高く気高い血族として世界の頂点に君臨しているキャラクター。世界で一番えらい人達です。

その正体は800年前に現在の世界政府を作り上げた20人の王達の末裔。20人の王は世界政府を作り上げた時に世界政府の活動拠点レッドライン上にある聖地マリージョアへと家族と共に移住。

ちなみにアラバスタ王国のネフェタリ家だけは拒否してマリージョアへ行かなかった。

 

絶大な権力の持ち主

世界政府を作ったことにより普通では考えられないような絶対的な権力を天竜人は持っている。

例に上げると

・天竜人には治外法権が適用される

・天竜人を傷つけると海軍大将がやってくる

・世界各地から天上金を徴収している

などなど

 

CP0のロブ・ルッチいわく天竜人は「神」のような存在であり「神が欲するものは全て差し出すのは必然」と言うなどその傍若無人の振る舞いはすさまじい。

 

奴隷の文化があるのも天竜人によるもの。であり七武海ボア・ハンコックや魚人のフィッシャータイガーなどは元奴隷。

また民間人を撃っても許され「下々民と同じ空気をすいたくない」という思考からマリージョア以外では宇宙服のようなガスマスクをしている。

 

天竜人チャロスのようなキャラが多いのも800年の歴史と洗脳教育によるもの。人への優しさや思いやりといったことは教育されずただ”偉い”ということを教えされたからとのこと。

 

特に天竜人の中でも最高位の人たちが5老星。

 

ドンキホーテ・ミョスガル聖の過去

ドンキホーテ・ミョスガル聖は魚人島編のしらほしの母おとひめの過去回想にて登場。

タイガーフィッシャーが亡くなった後に魚人の海賊タイヨウ海賊団のジンベエは七武海加入への依頼が来る。少しでも人間に近づけるようにとタイガーの遺志をくんでジンベエは加入。その恩赦によりアーロンは解放されるがジンベエとは別々の道を行くことになった。

 

その一方で魚人島の入り口へ天竜人の船がやってくる。そこには海底生物に襲われてしまい大けがをしたミョスガル聖。

 

魚人島へ来た理由はジンベエが七武海入りしたことにより奴隷であった魚人が解放されてしまい魚人島へ帰ってしまいました。そのため魚人達を取り戻すためにミョスガル聖はわざわざ来たとの事。

これは一矢報いるチャンス!と重傷のミョスガル聖を魚人達は海難事故により始末しようします。しかしそこへ現れたのはおとひめ。

ミョスガル聖を銃から守り奴隷であった者達の心のさけびは痛いほどわかるが人間への憎しみを子供達に植え付けないでと言ってかばいます。それを見たジンベエはタイガーフィッシャーの最後の言葉をおとひめと重ねました。

 

ミョスガル聖は治療を施されて数週間後にマリージョアへ帰ることにします。以前まで奴隷であった魚人に銃を向けられて怒りを表すミョスガル聖であったがオトヒメは「まだ話があるようですね」と言い地上までオトヒメ1人で同行することになります。

 

オトヒメにとって相当危険な行動でしたが数日間同行して横暴だったミョスガル聖をなだめることに成功し

「魚人と人間との交友の為提出された署名の意見に私も賛同する」

という直筆サイン入りのメッセージをゲット。

たった数日間で天竜人の洗脳を解したオトヒメはどうやったのか不明であるがとうとう天竜人の中にも魚人を奴隷としてみるのではなく交友対象として見てくれる人物が現れたのです。それがドンキホーテ・ミョスガル聖。

 

しかしその後ホーディのたくらみにより著名は燃やされオトヒメ撃たれては亡くなってしまったのであった。

 

現在はいいやつ?

907話で登場したミョスガル聖はチャロスをぶん殴って

「亡きオトヒメ王妃に諭され人間にして貰った!!全力であなた方の力になりたい!!」

といって登場します。

魚人島編からかなり長い時間が経ってしまいましたがミョスガル聖はしっかりとオトヒメの遺志を継いでいるいいやつになっているように思われます。

 

 

スポンサーリンク

ドフラミンゴとの関係性がある?

ミョスガル聖のやはり気になる部分としては苗字のドフラミンゴ。七武海のドフラミンゴとなにか関係はあると思われます。

 

ドフラミンゴの過去

七武海ドフラミンゴは幼少期の頃天竜人でありましたが父のホーミング聖が天竜人を脱退したために天竜人にひどい扱いを受けていた人間の恨みにより家は燃やされ過酷な環境で生活を強いられます。

 

ドフラミンゴの母は劣悪な環境により病死。その後人間に見つかったドフラミンゴとロシナンデ、ホーミング聖は火あぶりにされて矢で射抜かれるも命はとりとめます。

こうなってしまった原因であるホーミング聖をドフラミンゴは亡き者にしてマリージョアへ帰ろうとしますがマリージョアへ出ていく時に天竜人にホーミング聖の人間発言は暴言を吐いたとして扱われマリージョアでも殺されかけます。

ドフラミンゴは人間、天竜人両方を憎むようになり世界を滅ぼすことを目指すのでした。

 

ドフラミンゴとは親戚

天竜人は800年前19の王族たちの末裔であるためドフラミンゴとミョスガル聖は間違いなく血がつながっていると思われます。

 

ドレスローザ編ではドフラミンゴはただの海賊ではなく元天竜人。元天竜人というコネクションを使って世界ニュースにて「ドフラミンゴ七武海脱退」と「ドレスローザ王位返還」の二つを誤報として流すことができ、逆にローやルフィ達をハメることに成功しました。

この誤報は七武海の権限ではできず天竜人クラスの人間でなければできない仕業。

元天竜人であるためそんな権力はドフラミンゴにはありません。誰かとつながっているのは間違いなかったですがドレスローザ編ではまだドフラミンゴが天竜人の誰とつながっているかは不明でありました。

 

おそらくこの誤報を流すことができたのは

・ミョスガル聖

・五老星

のどちらかとつながっていたのではないか?と思われます。

 

ミョスガル聖とのつながりとしては親戚であるホーミング聖の子供がドフラミンゴ。人間の心を取り戻しているのであれば不憫に思い何かしらの協力はしそうな気がします。ただホーミング聖を亡き者にした証をマリージョアへ持って来ているので微妙かも知れません。

 

五老星とのつながりとしてはドフラミンゴは平気で天竜人への天上金輸送を襲う海賊でありさらにホーミング聖の子供ということで多少の情と天竜人にとって危険であるキャラということで協力したのではないか?と思われます。

 

個人的にはドフラミンゴは五老星と繋がっていたのでは?と思っています。

 

まとめ

今回は【ワンピース】天竜人ドンキホーテ・ミョスガル聖の過去やドフラミンゴとの関係をまとめてみた。

といった内容で情報をまとめてみました。

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめてみますと

・ドンキホーテ・ミョスガル聖は昔はチャロスのような天竜人であった

・奴隷を取り戻すために魚人島へ来て重傷を負った

・オトヒメに諭されて人間になった

・ドフラミンゴとの関係は恐らく親戚

・ドフラミンゴの誤報はミョスガル聖が協力したのではないか?と思われる

といった内容でした。

 

今回もありがとうございました。また次の記事でよろしくお願いします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ