【ワンパンマン】怪人協会の怪人メンバー一覧まとめ

漫画【ワンパンマン】に登場する怪人同士で手を組んでいる組織「怪人協会」

今回はそんな怪人協会に所属している怪人メンバーを一覧形式にまとめてみました。

 

参考にしていただければ幸いです。

 

【ワンパンマン】怪人協会の怪人メンバー一覧まとめ

リーダー 怪人王オロチ

ヤングジャンプ村田先生バージョンのみ登場している怪人協会のリーダー怪人王オロチ。

誰かに従うことが無いような怪人たちを束ねるリーダーであり怪人協会の幹部ゴウケツからは「アレより強い生物は存在しない」と言わしめるほどの怪人。

巨体をいかして戦闘するタイプの怪人のように見えるが実は天才の資質を持っておりガロウと戦った時はガロウの武術を全て見ただけでコピーしていた。

 

参謀ギョロギョロ曰く元々人間であり「何度も何度も死を乗り越え凄まじい執念で知能低下なども起こさずに次のステージに進み続ける」ことで現在の強さを手に入れた。

またギョロギョロがオロチを教育したらしい。

 

 

スポンサーリンク

参謀 ギョロギョロ

怪人協会の参謀ギョロギョロ。

タツマキ、フブキと同じく超能力使いであり災害レベル竜の実力を持つ怪人。参謀なので自身では戦うことがほとんどなくヒーローに怪人たちをぶつけて動向を見るなどしている。

 

怪人協会 幹部

ゴウケツ

ヤングジャンプ村田先生バージョンのみ登場した幹部ゴウケツ。

元人間であり初代スーパーファイトの王者。しかし優勝していから怪人に敗北する。怪人としてスカウトされ更なる強さを手に入れるべく怪人となった。

 

実力は災害レベル竜の中でも上でありスイリューや怪人化したバクザン、ジェノスを楽々あしらう実力。サイタマの実力を知るジェノスでもサイタマでさえ他のS級と協力して向かわなければならないと警戒したほどの実力者であるがサイタマ敗北。

またゴウケツが倒されたことでギョロギョロも相当驚いていたことから怪人協会の中でもかなり上の実力者であったと思われる。

 

ニャーン

猫型の怪人。S級ヒーロープリプリプリズナーが居た監獄の囚人たちを力で屈服させて怪人細胞で怪人化させたキャラクター。

ヤングジャンプ村田先生バージョンのみ登場し幹部ということなので災害レベル竜はあると思われる。

 

ホームレス帝

元サラリーマンであり理不尽な理由で職を失いセクハラとして住居まで奪われホームレスにまで落ちぶれていた人間。

しかしある日神を名乗る人物から「光パワー」と名付けられた力を貰い人類の社会を殲滅すべく災害レベル竜の怪人となった。

 

光パワーは触れるもの全てを消してしまう強力なエネルギー弾。村田先生いわくワンクチンマンの攻撃と同じ種類とのこと。

 

黒い精子

11兆4491億71万2554の細胞の集合体。タンパク質を取ることで細胞を増やすことができる。また1個1個はそこまで強くないが合体することでパワーアップ。

10兆を超える細胞を合体させることでタツマキ以上の力を持つ怪人になることができる。

 

ブサイク大総統

「ブサモン」怪人の種類であり自身の顔にコンプレックスを抱いた人間が怪人となり覚醒する種類の怪人。

身体能力が高いだけの怪人であるが災害レベル竜の強さを持つ。

 

ハグキ

全身口だけの存在の怪人。口だけしかなく言葉を話すこともない。

能力的にはS級ヒーロー豚神に似ており何でも食べることが可能。

原作者one先生の「魔界のおっさん」にも似たようなキャラが登場し、あちらでは高嶺の花のなんでも食べる美少女キャラクターという設定。

 

災害レベル「竜」のメンバー

災害レベル竜の怪人たち。竜レベルの怪人は幹部候補。

 

エビル天然水

身体の大半が液体であり他者の感情に反応して超高圧の水鉄砲を放つ。鉄をも切る攻撃力であり液体なので物理攻撃が効かず弱点が液体のどこかに浮いている細胞の核らしい。

 

育ち過ぎたポチ

怪人協会のペット的な存在であるが竜の怪人。完全に犬の怪人であるが怪人協会は実力主義であるため強ければ犬でも幹部となれる。

口からエネルギー弾を連発することができる怪人でありガロウの攻撃もまったく効かない非常にタフネスなキャラ。なんとサイタマの一撃も耐えることができる耐久をもってはいるがサイタマの一撃がトラウマとなり「おすわり」というと座るようになってしまった。

 

ムカデ長老

超巨大なムカデの怪人。甲殻はS級ヒーロー金属バットの一撃も耐えることができる。弱点は顔面。

昔ブラストにやられたことがあるらしくブラストを恨んでいる。

 

バクザン

スーパーファイトに出場していた人間。

スイリューを見て若さと才能に嫉妬し人間で一番を取ることを諦めて怪人化した。ゴウケツ曰く災害レベル竜の怪人でありスイリューを倒している。

スイリューの助けで駆け付けたサイタマに敗北。

 

疾風のウィンド&業火のフレイム

音速のソニックにスカウトしにきた元人間の怪人。

ソニックと同じ里出身の忍者らしく閃光のフラッシュを倒すためにソニックをスカウト。

二人ともソニックのスピードについて来られる実力。怪人化することで竜のレベルとなった。

 

フラッシュと戦うも敗北。支配される側から支配する側に回りたかったということらしいがフラッシュに敗北した時どこで間違ってしまったのかという質問に対し「修行不足」と言われている。フェニックス男の能力で復活する。

 

フェニックス男

フェニックスの着ぐるみが脱げなくなり怪人化してしまったキャラクター。空を飛ぶことができるので偵察などの役割が多い。

ガロウをスカウトしにきた怪人。

 

スポンサーリンク

災害レベル「鬼」のメンバー

キリサキング

全身包帯の都市伝説系怪人。両手に刃物を持っており極度の殺人嗜好生。

危険度としては一番彼が危ないキャラクターなのかも知れない。

 

ギョロギョロの指示でガロウをスカウトしに来たが子供を殺そうとしたとことでガロウの怒りを買い敗北した。

 

 

 

ムカデ先輩

巨大なムカデ。ヤングジャンプ村田先生バージョンでは金属バットに倒されるが原作ではガロウに倒された。

 

ヴァンパイア(血統書付き)

太古から続く吸血鬼の一族。本人いわく本物のバンパイアらしい。

そのため非常にタフな怪人であるがゾンビマンとの泥仕合持久戦により敗北。

 

 

蟲神

虫の怪人。S級ヒーロー超合金クロビカリと戦うも敗北。キリサキングと共にガロウのスカウトに行った。

 

ダイショッカン

全てを食い尽くす大食いの怪人で敵を丸のみにする。豚神と同じ戦闘スタイルであるが豚神に逆に食べられてしまい敗北。

 

怪人姫・メガミメガネ(弩S)

見たものを虜にして恋奴隷にしてしまう怪人。原作と村田先生バージョンでは見た目が大きく違う。

 

爆走兄弟レップウ&ゴウカ

スピード自慢のロボット怪人。スピードに相当自身がありフラッシュの背後を取るもフラッシュに敗北。

 

魔ロン毛

長い髪を使って戦う怪人。自慢の髪の毛を大事に伸ばして手入れしていたら怪人になったとのこと。

 

ラフレシドン

ラフレシアを模した怪人。花粉には催眠効果のある粉があるらしく戦っている金属バットを眠らせようとしたが気合で眠りから醒めて倒されてしまう。

 

百々目蛸

大きさがビルくらいある超強大な怪人。

弱点は目でありフラッシュに全ての目を潰されてからタツマキにより押しつぶされて敗北。

 

ガンリキ

メデューサのような怪人。相手を麻痺させることができる毒を使って戦ってくる。

豚神に食べられて敗北。

 

拳闘魔人

4本の腕を持つ怪人。元々人間であり格闘技を極めたらしく新たな力を得るために怪人となった。バングに瞬殺されてしまう。

 

カオハギ

二本の刃物を使って戦う怪人。ジェノスに敗北。

 

覚醒ゴキブリ

覚醒したゴキブリの怪人。超スピードの持ち主でありジェノスと戦いかなりいい勝負をするも罠を仕掛けられて脚を犠牲にして逃走。

負けて帰ってきたことからオロチに捕食されてしまった。

 

三羽カラス

元は人間でありゴウケツの弟子たち。元々組んでいたためか連携技があるらしくスイリューを苦戦させていた。しかしスネック、スイリュー、イナズマックスの前に敗北。

 

フリーハガー

FREE HUGと書かれた札を持って立っている怪人。

全身トゲだらけであるため打撃が難しくぷりぷりプリズナーを苦しめた。応援していた人達から鉄球を使えとアドバイスを受けるも聞こえず全てをうけとめようと痛みを受け入れて全力でハグをして勝利。

 

機神G5

鎧武者のロボット怪人。機神G4が所属していた組織から派遣されてきた怪人らしいが単独でアジトを探索しているなどのシーンがある。

 

シャワーヘッド

体内に溜めた水を変質させてシャワーから様々な液体を出して攻撃する怪人。ガロウとポチの戦いに巻き込まれて倒されてしまう。

 

超マウス

元々実験用マウスであり過酷な実験に耐えて怪人化した。知性と筋力に優れており再生力もあったがシャワーヘッド同様ガロウとポチの戦いに巻き込まれて倒される。

 

イッカク

ドリルを使って戦う怪人。攻撃がポチに当たってしまい怒りを買いエネルギー弾により消滅。

 

サイレスラー

サイの怪人。自身の強さに自身を持っており戦うヒーローたちの技の威力などを採点する。強さを求めており努力する怪人。

S級ヒーローアトミック侍に敗北。

 

チョゼ

スーパーファイトに出場していた「選民血脈格闘術」の使い手。

災害レベルは不明であるがスイリューとの戦いを見る限り鬼~虎くらいのレベルだと思われる。

一族は優秀な遺伝子のみを掛け合わせて作られたらしくチョゼは歴代最高傑作の実力の持ち主だと自分で言っていたがサイタマに敗北。

 

強さを手に入れるために怪人化した。必殺技は「劣等種殲滅弾」。

 

災害レベル「虎」

舞子プラズマ&電気ナマズ男

両方とも電気を纏った怪人。災害レベル虎の怪人であるがA級ヒーローの雷光ゲンジの電撃攻撃が効かない怪人であり相性の関係でゲンジでは倒すことができなかった。

 

マーシャルゴリラ

軍人服にゴリラの怪人。ナイフを使って戦いA級ヒーローヘヴィーコングを倒した。ヒーローを見つけるために探していたが進化の家出身のアーマードゴリラに絡んで返り討ちにされてしまう。

 

怪人協会の規模

災害レベル「鬼」以上の怪人が中心となって結成された怪人協会。

かなりの戦力が集まっているらしく「虎」「狼」の怪人を含めると500名以上の怪人がいる組織。

 

Z市のゴーストタウンを拠点としており全人類の滅亡を目的にヒーロー協会に宣戦布告した。

 

怪人協会の怪人細胞

原作には登場しなかったヤングジャンプ村田先生バージョンのみ登場する「怪人細胞」。怪人細胞は人間を怪人に変えることができる物体であり怪人協会が開発したようだ。オロチが「また作ればいい」といっていることからおそらくオロチが作っていると思われる。

 

怪人細胞についてわかっていることは

・食べると怪人になる

・自分から受け入れて食べないと効果がでないので無理やり食べさせてはいけない

・戦闘能力が高い者が食べれば人間の姿を保ったまま怪人化することができる。例 疾風のウィンド業火のフレイム

・火を通して食べても怪人化できない

・1人1個であり食べ過ぎると基本死ぬ

などがある。

 

また怪人になると人間が通常持っている理性が無くなっていくらしく悪さをするようになるようだ。

 

おわりに

今回は【ワンパンマン】怪人協会の怪人メンバー一覧まとめ

といった内容で情報をまとめてみました。

 

いかがだったでしょうか?

 

怪人協会はかなりの戦力を持った怪人たちが集まった組織でありヒーローたちが突入してもまだまだ怪人たちが登場しそうですよね。

また原作では相当強かった幹部たちはどのような戦闘をヒーローたちと繰り広げてくれるのでしょうか?楽しみです。

 

今回もありがとうございました。また次の記事でよろしくお願いします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ