【ワンパンマン】キングの能力や必殺技!強さについてまとめてみた!

漫画【ワンパンマン】に登場する地上最強の男キング。

サイタマと対等に接する友人でありS級7位のヒーローとして君臨している男。

 

今回はそんなキングについて

【ワンパンマン】キングの能力や必殺技!強さについてまとめてみた!

といった内容で情報でまとめてみました。

 

参考にしていただければ幸いです。

 

 

スポンサーリンク

【ワンパンマン】キング

s級ヒーロー7位のキング。現在29歳。

地上最強の男としてヒーロー協会に君臨しているヒーロー。順位が7位であるのはヒーロー協会の要請にあまり答えないからである。

S級ヒーロー同士は基本仲が悪いのであるがキングだけは他のヒーローたちからも一目置かれている存在。

 

その実力は他のS級ヒーローやA級ヒーローが束になっても勝てないであろう災害レベルの怪人を一撃で倒している。

 

キングの正体

実はキングの正体はただの引きこもりのゲーマ―であり29歳の無職。

地上最強の男とは程遠いキャラクターであったのであった。キング自身に戦闘能力は皆無でありS級ヒーローとなったのは強い怪人が現れた場所にたまたまキングいて誰かがその怪人を倒してその手柄を貰っていたからである。

 

キング自身運が相当悪いということで行く先々で怪人と出くわしていたらしい。そしてそういうことが続き周りの人々がキングが倒したのだと勘違い。ついにはヒーロー協会までもがキングにS級ヒーローの座を与えてしまったのだ。

 

その後もキングも打ち明けることができずにサイタマにのみ正体を打ち明けている。なのでジェノスもキングの正体を知らない。

 

キングの必殺技

キングエンジン

キングが戦闘態勢に入ると鳴り響くエンジン音。「ドッドッドッ」と重低音が響き渡りキングが戦闘態勢であることを周りに知らせる。

キングエンジンを聞いて生きていた怪人はいないとされておりキングエンジンを聞いたたいていの怪人は戦意喪失する。

 

 

キング気功術奥義 “煉獄無双爆熱波動砲”

キングの必殺技だと言われている技。怪人協会編にて災害レベル竜のエビル天然水を撃破する計画を立てているときにS級ヒーロー童帝が言った。

 

エビル天然水は本体が水であるために現在いるS級ヒーローではまともにダメージを与えることができなかった。そのため童帝が考えた作戦としてはエビル天然が攻撃で水を消費していくので水を出しきった時に心臓部が残る。そこにキングの必殺技”煉獄無双爆熱波動砲”を使って完全に吹き飛ばして欲しいと頼みました。

 

その後キングは”煉獄無双爆熱波動砲”を出せるように練習します。

 

 

キング流逃亡術奥義 振り向きBダッシュ

キングの逃走術。キングがピンチになった時に使う。

全力で逃げる必殺技。

 

 

スポンサーリンク

キング能力??強さが分かるシーンまとめ

キングエンジンで戦意喪失

キングの能力!?強さが分かるシーンとしてはまずこれ。

キングの地上最強の男という称号とキングエンジンにより大抵の怪人は戦意喪失をしていしまう。

ちなみにこの画像でキングに戦意喪失した怪人は捕まったあとで”キングと戦って生きていた”ということで怪人たちの中でも英雄扱いされている。

 

 

ハッタリ能力が高い

キングの最大の特徴としてone先生いわく「キングは強いと勘違いされるオーラがあるのですが、それが彼を縛る鎖となっています。」とのことなので他のヒーローや怪人たちが特別視するのは彼なりの能力であるとのことです。

S級ヒーローの超合金クロビカリやあのタツマキでさえもキングを警戒している。

 

one先生の他作品の近いキャラでいうとモブサイコ100の霊幻新隆でしょう。

彼はモブサイコ100の主人公モブの師匠であり実際はなんの霊能力もないが「世紀の天才霊能力者」と言われモブを時給300円で雇っている。

キングはサイタマ唯一の友達であり霊幻新隆もモブの理解者ということで割と共通点があります。

 

one先生はハッタリで生きていくクズ系キャラクターが好きなのかも知れません。

 

キングの刀捌き!アトミック侍のテスト!

ガロウの件と年齢を考えてヒーローを引退することを決めたシルバーファング。

アトミック侍は心技体そろったシルバーファングだけは認めておりシルバーファングが引退することになったということで競い合う相手が居なくなってしまった。

そこでアトミック侍が新たにライバルとして見ようしたのがキング。

 

格安回転寿司にて食事をしている時にアトミック侍はキングと遭遇。キングエンジンを聞いて「表へ出ろ」というアトミック侍に対してキングはスシをのどに詰まらせてしまう。

しかしそのポーズが割りばしでアトミック侍の剣は充分であるメッセージとして受けられてしまいました。

アトミック侍の要求を飲んだキングは結局戦うことになってしまう。キングは戦いを回避するためにハッタリを仕掛けます

空気中にあるエンガワトソンという物質とボニレゼームが反応してドルゼナブリング反応が始まったと言います。今日この場でやり合えば確実に死人が出てしまうということでキングは帰ろうとしました。

「むやみに死人を出したくないといっているんだッ!!今の世界の状況で…お互いにもっとやるべきことがあるんじゃないか?」

「俺もお前も ”ヒーロー”なのだから」

このセリフを聞いてアトミック侍はキングと戦うことを諦めますがリンゴを剣で切ってくれと頼みます。

アトミック侍の特技の一つに他人が物を斬っている様子を見るとその人間がどういう人生を歩んできたのかが分かるとのこと。

「リンゴを斬ってみてくれ それだけでいい…」

 

キングはリンゴ斬るために刀を構えますが2分40秒かけて刀を置きます。

どうやら刀を抜くことすらできなかったらしくポーズを取っただけでも腕が限界。そのまま何もすることなく帰っていきました

 

アトミック侍の弟子3人はこの状況に困惑しかしアトミック侍だけが顔面に汗を流していた。

アトミック侍いわく太刀筋だけでなく一連の動きが何も見えなかったとのこと。

リンゴも自分が斬られたことにすら気づいておらず切断面が元の通りピッタリと接合している。アトミック侍でも内蔵や血管などを避けて刃を通すことはできるが細胞の隙間を通すような神業は聞いたことも無いといいました。

「”剣は素人”だと?とんでもない化物がいたものだな…」

 

そうしてアトミック侍は他人を試している場合ではないとして一から修行をし直すことにしたのであった。

 

サイタマに真のヒーローとは何かを語る

スーパーファイトにチャランコとして出場サイタマだったが他の武術者と戦っても何も得ることが無かった。”これ以上は強くなれない”とサイタマは悩んでいた。

キングは強さを極めたことは素晴らしいと言いましたがサイタマは自分の成長をもう楽しめることができないのだと語ります。

「敵に苦戦することだって無いし ライバルになりえる存在すらいない」

さらに

「ヒーローがこんなに孤独なものだとはな…」

と続けました。

 

そんなサイタマを見てキングはヒーロー活動以外で友達を作れと言います。そういうことじゃないと言うサイタマに「何で?」とキング。興味が無いというサイタマにじゃあ落ち着いたら気分転換に旅行に行ったらいいというキングですがサイタマは行きたいところが無いと言いました。

 

退屈な割には何にも挑戦しようとしないサイタマにキングは人生を語る。

「いいかいサイタマ氏 人生は当てのない旅だよ 新しい景色を見るためには自分で切り拓いていくしかないんだ」

深い。

 

「サイタマ氏はつよくなっただけで目的地にたどり着いたと勘違いしてるんじゃないかな?ヒーローとして進む道ってそんな簡単にゴールできるものじゃないと思うんだ。」

「その点でいうとサイタマ氏は最強のヒーローであっても最高のヒーローにはまだなれていないそう考ることもできるはずだ」

そこを追求することでサイタマはまだ成長できる余地があるとキングは語ります。最後にキングは真のヒーローとはなんなのかをまとめます。

 

「”最高のヒーローとは何か?”その答えを見つけ出すまでは退屈している暇など無いはずだ サイタマ氏が今後もヒーローとして生きているつもりなら…ね」

と締めました。

 

サイタマはキングお前凄いなとキングを誉めます。しかし真のヒーローとは何かを考えるのは余計退屈になりそうと語る。そんなサイタマにキングは指二本しばりで対戦ゲームを提案するのであった。

 

ゲームが上手い

最強のヒーローであるサイタマもキングにはゲームで勝つことができません。

キング自身ただのゲーム好きというわけではなく格闘ゲームが得意。何度かゲーム大会で優勝するほどの腕前である。

 

またフブキ組のB級ヒーローで元プロゲーマ―相手に対しても勝利しておりVSサイタマにいたってはあらゆるジャンルのゲームで負かしている。

 

戦いの中にあらゆる感情を忘れたと語るサイタマは怪人を倒すときは”虫を潰す”くらいにしか思っていません。そんなサイタマに悔しい思いを味合わせることができるのがキングなのである

そのためサイタマとキングは仲が良くいつも一緒にいるのでしょうね。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ