【アクタージュ】ネタバレ24話感想!カメレオン型俳優明神阿良也が登場

7月9日に発売された週刊少年ジャンプ【アクタージュ act-age】のネタバレ24話です。

今回から新シリーズが始まり黒山が次は夜凪に舞台に挑戦させようとします。

 

前回23話のネタバレ

関連記事

アクタージュネタバレ23話

 

前回23話ではですらいらんど編が終わりですらいどの映画撮影が終了。

映画撮影の打ち上げの途中で景は女優千代子と反省会ということで話し合います。

 

千代子はこれまで自分の顔を見る他人の目を意識しており綺麗な芝居を作り上げてきました。しかし景と演じたクライマックスシーンでは感情的になって芝居をしてしまったが”案外横顔も綺麗”だったとのことで景の芝居を盗めたことに感謝されました。

映画撮影日程が終わるころには人付き合いの苦手であった景もオーディション組とスターズ俳優の人たちとも仲良くなり千代子を含めた俳優陣全員のサインを景のTシャツに書いてもらい帰路に着く景であった。

 

一方景の所属しているスタジオ監督黒山は舞台演出家巌裕二郎(いわおゆうじろう)と接触。巌の舞台に景を出演させようと近づくのでした。

 

 

スポンサーリンク

【アクタージュ】24話ネタバレ!

大黒天スタジオ

ですらいどの撮影から大黒天スタジオに帰宅した夜凪景は仲良くなった千代子が出演するドラマを姉弟たちと見てはしゃぐ。

黒山は景がずっと帰ってきてからあの調子だとちゃんと成長してきたのかと心配する。

 

しかし景はドヤ顔でカメラ位置を把握して自分を俯瞰してみる技術によりカメラに隠れて嘔吐できたことを語りました。

 

景は黒山からある舞台のチケットを2枚もらい勉強してこいと言われます。2枚あるので千代子でも誘えと黒山。

 

景はlineで千代子に舞台に行きませんか?というメッセージを送ろうとします。しかし千代子と仲良くなったものの断れたら悲しくなってしまうことに気付いて緊張する景。

しかしそんな景を見て黒山が「アホか 早く送れ」とメッセージ送信を押しました。

黒山が勝ってに送ったことについて怒る景。かわいいですね。

 

千代子からの返事はOKとのこと。

 

舞台観劇

待ち合わせの時間を15秒も過ぎてると千代子が来るか来ないかそわそわしている景。

 

そこへスターズ俳優アキラが登場。千代子に急に仕事が入ったために行けなくなり代わりに来たようだ。

「そ、、、そうよね千代子ちゃんは忙しいものね ありがとうアキラ君が代わりに来てくれてとても嬉しいわ」

と言葉は前向きであるが全力で落ち込む景。アキラは「景が芝居が下手なのか上手いのかよくわからない、」と言いました。

 

舞台会場についた二人。客席は3000超の映画館を優に超える大きさ。

景は千代子ちゃんにも見せたかったとまだ千代子が来ないことを引きずっていました。

 

演劇はお客さんの目の前で演じるから吐きそうになったら大変だと心配する景。「私はやっぱり映画派だわ」と言います。

しかしだからこそ舞台は勉強になるとアキラ。舞台はずっと一か所でそれもお客さんの目の前でカメラもマイクもない中自分の体一つで演じ続ける。そのため失敗は許されない。ごまかすことができない役者の体当たりが舞台と続けました。

 

舞台が始まり登場したのは舞台俳優の明神阿良也。

明神阿良也は前回話にて役作りのために山へこもり狩猟に出ていた俳優であります。

 

感情的で純粋な演技力による技で一瞬に観客を虜にしたとアキラは驚く。景も明神阿良也の演技に引き込まれます。

アキラいわく”本能的な心の芝居”。それを使って観客に表現する術を熟知している。これが演劇界の怪物”憑依型カメレオン明神阿良也”。

 

舞台も終わり帰ろうとするアキラ。景を呼びましたが景は明神阿良也の演技に見とれてボーっとし「私あの人のサインがほしい」と一言言いました。

アキラいわく明神阿良也は実力派若手俳優としてまず最初に彼の名が挙がるほどに有名であり明神の舞台チケットは即日完売が常。よくチケットが手に入ったとアキラは言います。

アキラはそんな有名な明神の芝居を観たのは初めてとのことで明神の芝居は景に似ているといいました。

 

さらに景の芝居の延長線上に明神がいると思っておりアキラが景の芝居に惹かれたように景が明神の芝居に惹かれたのも分かるとのこと。

 

 

スポンサーリンク

明神阿良也と接触

アキラはチケットのお礼としてアキラの顔で明神のサインを何とかすることに。

本来記者しか入れないところへ二人は入ることに成功。景は素の明神を見て「別人」と評価しました。

 

そこでは明神は記者たちからインタビューを受けていました。

「今回は役作りのために資格まで取って実際に狩猟を体験されたとききました。何日も山ごもりしていたとも伺っています 阿良也さんは命の危険を伴う役作りを厭わない印象がありますが何がそこまでさせるのでしょうか?」

という問いに対して明神は

「何が・・・例えば店先で切り揃えられた肉を小銭で買っていただきますもごちそうさまも言わずに生きてきた 俺たち皆・・・そうでしょう?」

「感謝の忘れられた この世界で生まれた俺がこの役を演じられるはずなくて だから手前の命のために命をかけて命を頂く体験がほしかった・・・いやそんなこと考える自分が邪魔だったちうか・・・」

「一人演じる度に生まれ変わったような気分になる そのために生きている気がするというか」

と明神は答えました。

 

インタビューの途中記者たちは「?」や「なんの話?」、「あーまた阿良也節だ」と理解できずにいました。しかし景だけは明神のインタビューをじっと聞いていました。

 

インタビューが終わり帰ろうとする明神。その時にアキラが見つかってしまい記者たちが驚きます。

しかし明神が注目したのは景。

「いいね君すごく臭う」

と明神。景は自分の体臭だと勘違いして落ち込むのであった。

 

感想

景の次なるステージは舞台。黒山が巌に近づいたのも明神や巌のスキルを景に盗ませるためであったこともわかりました。

 

景は明神と接触し明神に気に入られる形で今回はおわりましたね。

 

ですあいらんど編では千代子の技術を盗みカメラ位置と自分の位置を俯瞰するスキルを入手しましたが明神から何を景は得るのでしょうか?

 

今後の展開が楽しみですよね。

今回もありがとうございました。また次の記事でよろしくお願いします。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ