【アクタージュ】41話ネタバレと感想!星アリサの再来??

11月12日に発売された週間少年ジャンプで連載中の【アクタージュ】41話のネタバレと感想になります。

前回話ではどうしても恩師である巌のことを思ってしまい舞台どこではない七生。そんな七生に夜凪は「そんなんじゃ銀河鉄道に乗れないね」と一言。そして少しだけ先に巌さんと同じ景色を見てくると言うのであった。

そんな景に巌のにおいを感じ取った七生。そしてとうとう景の役であるカムパネルラが舞台に登場するのであった。

 

 

スポンサーリンク

【アクタージュ】41話ネタバレ!星アリサの再来??

夜凪のカムパネルラ

夜凪の登場により一気に空気が変わった観客。舞台袖で見ていた亀も景の縁起に息をのむ。

稽古よりも更に…!!

ジョバンニは生者であり死者であるカムパネルラと一緒にいけない。巌さんとは一緒にいけない俺たちのように…と亀はこれまでの巌と夜凪によるカムパネルラの役作りに納得したのであった。

巌は初めから景と通して劇団員に最後の指導をするつもりであったと七生と亀は気づいたのであった。

大切な人のいなくなった世界で私たちが一人でも生きていけるように

 

景の芝居はあまりに繊細で異常な没入を見せる。阿良也をも唸らせる異常な成長速度。深くまで潜りそして戻ってくる。人を映す鏡のような芝居。

巌さんは”だから”景を連れてきたんだ

私たちを銀河鉄道に乗せるために

 

観客の武光は「….あれが夜凪…!?」と驚く。景の弟ルイでさえも「おねーちゃん…?」と疑いつつ驚く。スターズ社長アリサは冷静にもはや人格から別人と化しているのが分かると言います。

そして千世子は

「素敵」というのであった。

千世子最近こわいw

 

カムパネルラ「皆はねずいぶん走ったけど乗り遅れたよ ザネリもね随分走ったけど追いつかなかった」

ジョバンニ「ザネリも来るの?」

カムパネルラ「ザネリは帰ったよ父さんが迎えに来たんだ」

と芝居を進めていく二人。

 

武光はスモークと夜凪の存在感にとらわれて気づかなかったが舞台のセットが椅子しか置いていないことに気づく。

俳優の茜や真咲、スターズの竜吾、わかつきもセットがないことに驚いた。

「おいおいセットなしかよ!?」

「銀河鉄道に乗り込んだんじゃなかったのか!?」

音がした気がした」と武光。

多くの観客が夜凪の動作に合わせて車窓の開く音を感じ取っていたのであった。

これまで共演したスターズの映画監督は夜凪の成長に驚く。

「あれが本当にあの時の子か!? たった数か月でここまで…!?」

「まいるな まるで別人だ」

 

車窓を指さすジョバンニと隣に座る夜凪。

 

みてカムパネルラ

あの河原は月夜かな 銀の空のすすきが風に揺れている海みたいだ 月夜じゃないよ銀河だから光るんだよ 河原や海のように見えているだけだよ きれいだね

見てカムパネルラ 煙突から煙が出ていない この汽車石炭をたいてないね うんアルコールか電気だろう

 

星アリサの再来

ジョバンニとカムパネルラを見てその”少年たち”の瞳が銀河に輝いているように見えたと巌裕次郎のベテランファン。

芝居の評論を生業にして30年、巌裕次郎の舞台を見続けて40年。

 

彼(夜凪)が車窓に触れれば 私にも車窓が見える

彼(阿良也)がその向こうを見つめそれについて語れば 私にも銀河が見える

 

ついに現れた。

いつかの星アリサを想起させ明神阿良也と肩を並べる役者

何者だ あれは

と夜凪に注目したのであった。

 

銀河鉄道

夜凪と阿良也の芝居を見ていた七生はいつかの巌を思い出す。

「誰も銀河鉄道なんて代物みたことがねえ だからこそ誰もが見ることができる つまりセットや美術に頼る必要はないんだよ」

という巌に亀はついにボケちまったんだ巌さんという。阿良也は「セット作らないんだね?」と聞いていた。

 

巌がセットを作らない意図が今分かった七生。

観客の誰しもが椅子だけの簡素なセットに銀河鉄道の汽車を見ていたのであった。

 

「銀河鉄道は心の中にある ならば観客の心に作らせればいい」

舞台の上に私たちの芝居の中に巌の演出が生きていると感じ取った七生。「巌さんは私たちと一緒にいる」

七生は水を自分にかけて芝居を望む覚悟ができていたのであった。

メイク以外も大変なことになってないか??

 

「代役は必要なさそうだな」と亀は安心した。

 

千世子とアリサ

千世子はどうしてあそこに立っているのが私じゃないんだろうと言う。

「この感情に”嫉妬”だなんて簡単な名前はつけなたくないだから今はただこの感情を覚えておこう」

ほんとに天使??

 

きっといつか私をより美しくしてくれるそのための感情のはずだからと千世子は見ていた。

 

一方アリサは「解せない」と一言。

夜凪景が演じている理由分かる。あまりに不安定であるが多くの演出家が欲しがる才能だとアリサは認めます。

現に夜凪景だからこそこの芝居は成立している

”解せないのはアキラの存在”劇団天球のためにあるこの物語の中でアキラだけ取り残されているとアリサ。

巌裕次郎が最後の舞台にアキラを受け入れた意図それだけが分からないとアリサは言います。

 

舞台袖でアキラは「やれるのか…あの中で 僕の芝居が通用するのか」

 

 

スポンサーリンク

【アクタージュ】41話ネタバレと感想!

先週号の熱い展開から今週号もかなり熱い展開で非常におもしろいアクタージュでしたね。

圧倒的な存在感ですべての観客と共演者である七生や亀すらも驚かせた夜凪の無双。全キャラクターが夜凪に注目して驚くという展開はかなり面白かったです。

そして巌の長年のファンであるおじさんが星アリサの再来と驚く演出も個人的にはかなり好きでした。

 

そしてだんだん天使のキャラクターが崩壊していく千世子!

このころのかわいい天使の女優千世子は最近いなくなってしまいました。今後千世子と景が共演する時にはどんな千世子になっていくのでしょうかかなりこちらも楽しみです。

 

アキラ!

とうとう星アキラの実力が次号明かされそうです。

星アキラはスターズ社長星アリサの息子でありながらアリサには才能が無い言われ逆に安心と言われてしまっている凡人キャラクターであります。

銀河鉄道編ではこれまでアキラは登場していましたが特にアキラが中心となる回は描かれておらずどのようにアキラが成長したのかわかっていません。

 

次号のアキラがかなり楽しみです。

 

他今週号のネタバレはこちら

ワンピース924話ルフィ敗北!

ブラッククローバー181話VSランギルス戦の激闘!

ヒロアカ205話轟VS鉄哲の男の勝負!

アクタージュ41話夜凪景の覚醒!?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ