【アクタージュ】ネタバレ29話感想!表現力を手に入れた夜凪景!

8月20日に発売された週間少年ジャンプ【アクタージュ act-age】のネタバレ28話と感想です。

今回は巌の舞台に出るために出されていた課題である”表現力”について夜凪景は克服します!

 

次回話はこちら

アクタージュ30話ネタバレ感想

 

スポンサーリンク

前回28話の簡単なネタバレ

関連記事

アクタージュ28話ネタバレ感想

 

前回28話ではスターズの俳優星アキラと景に熱愛報道が流れます。それを消すためにスターズの社長アリサは巌に接触してアキラを無理やり巌の舞台に出させることで景とアキラが一緒にいた事にアリバイを作る。

 

巌は自分の舞台にかなりこだわりを持つ頑固系の演出家であるが過去にアリサとなにかあったらしく「罪滅ぼし」ということでアキラの入団を受け入れます。

一方巌の舞台劇団員はあまりアキラをよく思っておらず天才舞台俳優明神阿良也も「驚くほど何の臭いもない」と評価。実際母のアリサも息子アキラは才能が無いと言ってます。

 

所変わって景は表現力を身に着ける課題を出されていたが悪戦苦闘。公園で落ち込んでいた所アキラに心配されます。

アキラが帰ろうとしていたところに歩いていた親子の子供にアキラがウルトラ仮面であることがバレて指をさされますがアキラは”シー”というジェスチャーとアイサインで子供にメッセージを送りました。

 

このアキラ動作により景は何かをつかんだようです。

 

【アクタージュ】ネタバレ29話表現力を手に入れた夜凪景!

巌の劇団天球

「あれ?夜凪は?」と景が劇団に来ていないことを心配する亀太郎。

どうやら昨日と一昨日も来ていなかったらしく約束の日まで1日であるため逃げたのだろうと予想する。

他劇団員は「来れない日もそりゃあるでしょ」とフォロー。まだ全体稽古が始まっておらず阿良也はたまに顔を出しても寝ているだけだしと言います。

「いーや違うね」と巌が怖くなって逃げたと言い張る亀太郎ですがその横でアキラは「あ!い!う!え!お!か!き!く!・・・」と50音の発音をしていた。

 

「先輩が今雑談してんだろうが!!これだからイケメンは!!」と怒る亀。アキラは前回話の何かを掴んだ景を思い出しながら「心配しなくても夜凪君はすぐ戻ってきますよ勝手に力をつけて」と語る。

これを聞いて亀は「あの報道ガチなんじゃねーの」と景とアキラの熱愛を思い出す。七生は「どうでもいい…」とのこと。

 

公園で訓練する夜凪景

先日のアキラから掴んだヒントを元に公園に来た夜凪景。景いわく景に欠けていたものは”愛!!”とのことで昨日夜なべして作ったキツネの人形を取り出します。

 

「エーン エーン」と公園で泣く外国人の子供を発見した景はあの子が初めての”お客さん”と意識して近づく。

 

一方そのころ黒山と柊さんは釣りに来ていた。

「どうして井の頭公園なんですか?」という柊の質問に黒山は大道芸人みたいなものが多くそんだけ観客が多いからだと答えます。

「映画俳優は直接観客を前にすることがないからな」と言い夜凪の芝居は現実逃避の果てに生まれたものだと解説。映画ですあいらんどにて現実を生きるための希望を見出したのは良かったがそれでもまだ足りないと答えます。

「そろそろ”思い出して”貰わねぇと俺が困るんだよ」

 

ちなみに黒山はいつ働いているのでしょうか?景の妹から質問されています。

 

感情表現を掴む夜凪景

夜なべして作った人形を両手に迷子の子に「君 迷子かね!?どこから来たんだい!?」と人形劇を始める景。

「申し遅れた私はタヌキのぽんた!おまわりさんだよ」

楽しそうに景が演じることで外国人の迷子の子は言葉はわからないが次第に笑顔になっていきます。

 

景は表現を難しいものだと思っていた景でしたが感情表現は簡単なものだと気づいた。私の初めての表現は小さいころ妹達にしたいないないばぁだったのだと小さいころを思い出しました。

私が驚けばあなたも驚く、私が笑えばあなたも笑う、私はずっと昔からできていたんだ!と表現について気付いた景。景の周りにはたくさんの子供達と大人たちがあつまりました。

 

 

後日巌の劇団に戻った景はそれを劇団員の前で披露。

「…で できてんじゃん…感情表現」と亀は驚き阿良也もびっくりした表情をする。

アキラはこの前と別人と評価し、あんなに出来ないとなやんでいた景の成長に驚く。

 

巌は「黒山の言う通りだったな」と言い少し笑って「明日から台本に入れ」といいました。景は課題をクリアしたようです。

 

巌が笑ったことに劇団員は驚く。劇団員は「マジですごいじゃ・・・」という声と「まだ発声が甘い」という声が混じる。

 

「なるほど」と阿良也は納得しつつ景に近づく。

「俺人のことを見誤るの久しぶりなんで正直ちょっと今イラついてんだけど自分に それ以上にありがとうって気持ちです」

と課題をクリアした景を素直に喜ぶ。

 

そこで相談なんだけどと阿良也は言い「今夜夜凪んち行っていい?」と大胆な質問をしました。

アキラは驚いていたが他の劇団員はまったく驚いていない様子。

「い や。」

ときっぱり断った景に「いいじゃん一日だけ 夜凪の部屋の匂いも気になるし」と詰め寄る阿良也。

七生いわく「まずいね」とのことで景が完全に阿良也に好かれてしまったと言います。阿良也は一度共演者に惚れたら”相手を理解する”まで嗅ぎ回り続けるほとんどストーカーであるらしくそれが阿良也の役作りなんだと説明しました。

 

 

スポンサーリンク

【アクタージュ】ネタバレ29話感想

今回は景が巌から出された課題である感情表現を見事にクリアした回でありました。次回からは台本に入るとのことで景がどう演技していくのかかなり楽しみな内容です。

 

阿良也の役作り

やはり一番ヤバいのが阿良也の役作りでしょう。七生は相手を理解するまでほとんどストーカーをするのが阿良也であるとのことなので景がターゲットになってしまいました。

阿良也は狩人の役になりきるために山籠もりをして野生の熊を狩ったりするほどの役作りにこだわりを見せるキャラクター。

 

阿良也が景を”どこまで理解しようとするのか”かなり楽しみです。

 

黒山はどこまで見えているのか?

黒山は映画監督でありながら景が女優として直面する課題に対してそれを乗り越えられるようにギリギリのアドバイスを毎回出しています。黒山自身俳優のスキルのことについてかなり詳しく理解していましたからただの映画監督ではないのかも知れません。

というか黒山はいつ働いているのでしょうか?登場するときはいつも景の弟妹達といっしょに遊んでいます。

 

今回もありがとうございました。また次の記事でよろしくお願いします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ