【ワンピース】ロックスの正体とは?ガープや四皇達との関係を考察

漫画【ワンピース】907話にて突如ガープやヒナの口から出た謎の勢力「ロックス」。

ルフィ達は順調にワノ国を目指して出向するかに見えましたがロックス、そしてシャンクスや5老星との会話など何やら不穏な空気がマリージョアにて流れています。

 

そこで今回は

【ワンピース】ロックスの正体とは?ガープや四皇達との関係を考察

といった内容で現在ロックスについて確定している情報と四皇達との関係を考察してみました。

 

スポンサーリンク

ロックスの正体とは?

907話で登場した聖地マリージョアでの海軍たちは四皇カイドウとビッグマムの会話を盗聴します。

四皇のカイドウとビッグマムが電電虫にて会話しリンリンは面目丸つぶれのためにルフィを倒したい。またカイドウにはシーザーやドフラミンゴを潰したことにより人造悪魔の実の取引ができなくなったことからルフィを倒したいという気持ちがある。

そこでリンリンは”昔の借り”を理由にカイドウがルフィを倒そうとしていることを静止させ横取りしようとします。

この状況を聞いて笑うガープ。そして少将のヒナの口からガープが英雄と言われるゆえんとなったロックスのことについて聞き出します。

 

ヒナとガープの会話によるとロックスとは

・ビッグマム、カイドウと何らかの関係がある

・ガープの英雄になったゆえん

・40年前に暴れた勢力でありロジャーの前の時代

・船長は失ったが現在でも力を増している

・復活する可能性あり(ガープ曰く心配無用)

ということのみ分かっている。

 

なので単純に考えると40年前にはロックス海賊団(仮)なるものが存在しており船長がロックスという人物。ですがガープに敗北してしまい一度は壊滅しましたが他の船員は残っており今でも力を蓄えているということが想像できます。

 

ロックス海賊団のガープや四皇達との関係を考察

ここからはロックス海賊団について考察です。僕だけではきつかったのでワンピース読者などの鋭い考察もまとめてみました。

 

ロックス海賊団ラスボス説

2017年12月に行われたジャンプフェスタ。そこで作者尾田先生が言ったメッセージがあります。

内容をまとめてみますと

・今年にワノ国へ行く(去年も言った)

・来年中にはワンピースの世界に潜む一つの伝説が浮上する

・それがルフィ達にとって過去最大の敵となる

・マリンフォード頂上決戦の規模が可愛くみえる

・白ヒゲが絡んでくる

といった感じ

 

過去最大の敵という点では僕の考えではずっと天竜人と世界政府関係だと思っていました。しかし新しく伝説が浮上するという点ではこのロックスが当てはまりそうです。

 

またファンの鋭い考察の中には

“ゴール”・D・ロジャー (ラフテルへのゴール)

エドワード・”ニューゲート” (新世界への扉)

“ロック”ス (ラフテルへの扉に鍵をかけた人「ラスボス」)

“モン” “キー”・D・ルフィ (門の鍵 ロックスを倒す人)

という名前に関係している説があるのではないか?という考察があります。

 

だとしたら非常にカッコいい!ルフィ達の過去最大の敵がロックスであるとしたらわりとあり得るのではないでしょうか?

これがあっているならルフィがロックスを倒しラフテルへ行く感じになるでしょう。

 

ビッグマムとカイドウは元ロックス海賊団説

ヒナの会話によると「でもガープ君・・・・!!ビッグマムとカイドウと言えば」というセリフがあるようにロックスとは何らかの深い関係があるように思えます。

 

前ページではどちらがルフィを倒すのか喧嘩している様子でしたが「仲良く行こうぜ 昔みたいに・・・!」

というビッグマムのセリフから恐らく二人は若い時ロックス海賊団の船員だったか傘下の海賊だったのではないか?という考察ができます。

 

二人はかつてのライバル(今もですが)だったかも知れませんがビッグマム、カイドウを連想してロックスという名前を出したヒナなので二人は元仲間という線がかなり濃く見えます。

 

ロックスとガープからみるロックスの強さ

英雄ガープとなったゆえんがロックス。

英雄ガープはこれまでの物語でもかなり海軍から特別扱いされています。ゴールドロジャーが亡くなった後はロジャーに関係した人物は全て重罪というかなり理不尽な扱いを受けます。フランキーの師匠トムさんなどもロジャーの船を作ったという理由で裁かれてしまいます。

 

しかし英雄ガープは”特別”。

ロジャーの息子エースを育てる、孫がルフィ、息子が革命軍トップドラゴンという凄いメンツでも許されています。元帥センゴクとの会話ではガープが英雄でなければ罪になっているといっているシーンもありました。

 

そんな特別が許されるほどのガープの行いは偉大だったとのことで逆に言えばロックスが相当”ヤバい”存在であったことが示されます。

 

ファンの間では「ガープがロジャーと組んで倒したのがロックスなのではないか?」という考察もあります。

 

ワンピースを見るとルフィとスモーカーが組むなど海軍と海賊が共闘するシーンは多いです。そして全て手柄は海軍というパターン。

ガープもロジャーと組んでロックスを倒したのではないでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

シャンクスはロックスの血を引いている説

907話の最後では天竜人であり世界最高の権力者「五老星」とシャンクスの会話が始まるシーンで終わります。

普通の海賊であり四皇であるシャンクスであるならばまず天竜人との会話なんて普通できません。ましてや「立場上君は政治にかかわるべきではないぞ」というセリフは海賊相手には出ないでしょう。

シャンクスは七武海のように政府に近い人物であることがわかるシーンです。

 

そんなシャンクスから「—-ある海賊について話が・・・」ときりだされます。907話の展開から察するにルフィ達ではなくロックス関係の話である可能性が高いと思われます。

読者からはシャンクスはロックスの血を引いている人物であるという考察がありますがだとしたら狙うはロックス海賊団の復活になってくるのではないでしょうか?

 

 

ロックスターは?

シャンクスの部下に1人ロックスターという人物を覚えてはいないだろうか?

相当前に登場したキャラクターであり赤髪海賊団の新入り。シャンクスが白ヒゲにメッセージを送るために使わした伝書鳩のようなキャラ。

名前が一番ロックスと近いですがロックスターは何かあるのではないでしょうか?なさそうですね。すみません。

 

ロックス&カイドウ&ビッグマムが過去最大の敵になる?

尾田先生のメッセージにてマリンフォード頂上決戦が可愛く見える規模の戦いが始まると言われています。

もし仮にロックス海賊団が敵でありカイドウとビッグマムが昔仲間であるならば「ロックス&カイドウ&ビッグマム」という構図でルフィ達に襲い掛かって来るのではないでしょうか?

マリンフォード頂上決戦が可愛く見える規模であるならば四皇二人+ロックスくらいしか想像がつかないんですよね。

 

またルフィ達は順調にカイドウとビッグマムへのヘイトを買っておりおそらくワノ国ではホールケーキアイランド編のように何らかの形でカイドウに一泡吹かせる展開になると思われます。

 

そうなるとカイドウは怒り、マムもルフィにはサンジの件でずっと怒っています。わりと手組みそうな展開だと思われます。

 

まとめ

今回は【ワンピース】ロックス海賊団とは?ガープや四皇達との関係を考察

といった内容で情報をまとめてみました。

 

いかがだったでしょうか?

 

ロックスに関する情報は更新され次第追加してさらに考察を深めていこうと思います。みなさんもあれこれ考察してワンピースの世界を楽しみましょう。

 

今回もありがとうございました。また次の記事でよろしくお願いします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ