【ワンピース】イム様の正体は子供!?五老星との関係も考察

漫画【ワンピース】の世界会議編で登場したイム様。

908話で登場しましたが多くの謎に包まれたキャラクターであります。

 

今回はそんなワンピースの新キャラクターイム様について

【ワンピース】イム様の正体は子供!?五老星との関係も考察

といった内容で情報をまとめてみました。

 

参考にしていただければ幸いです。

 

 

スポンサーリンク

イム様と五老星の関係

イム様は906話にて聖地マリージョアの大きな麦わら帽子の前にたたずんでいた人物。ドフラミンゴの話からするとマリージョアの「秘密の宝」が大きな麦わら帽子だと思われます。

 

908話では世界の表の支配者は天竜人の五老星ということになっていましたが五老星よりもさらに上の権力を持つ人物であることが判明しました。

またファンの考察では「イム様=仏様」というなるほどと思う考察もあります。

 

虚の玉座に座る者

虚の玉座が意味するものは”各国の王は皆平等であり独裁欲は持たないという誓い”。

玉座の周りの武器は現在の世界政府を作った20人の王達が800年前に玉座を守るために置いたものであり誓いの証であります。

 

そして虚の玉座は世界の中心であり世界最高の権力者天竜人の最高位五老星すらも座らないようにこの世界にたった一人の王は存在しないというメッセージが込められた場所でありました。

 

しかし五老星よりもさらに上の権力を持つ「イム様」のみ座ることができるのが虚の玉座。世界の裏の支配者がイム様であります。

 

 

イム様は裏の王であり粛清者

906話の五老星たちの会話ではマリンフォード頂上決戦の2年間にルフィ達が起こしたビッグマムの事件やカイドウの事件など世界の”うねり”は止まらないということで「ここらで一度大きく掃除する必要があるな」と言います。

 

そして五老星が向かったのはイム様が座る虚の玉座。

「歴史より消すべき灯がまた お決まりでしょうか? 然らばその者の名を!」

と言いました。

この事からイム様世界の均衡を保つために裏で働く世界の粛清者であることが判明しました。五老星がひざまずくくらいですからイム様は何かしら強力な能力があると思われます。

 

イム様が消す対象

イム様が破いていたのはルフィ、黒ヒゲ、しらほし、そしてビビの写真も持っていました。

おそらくイム様が消そうしているのはこの4人でしょう。

 

理由としては

 

・ルフィ

マリンフォード頂上決戦からドレスローザ、ホールケーキアイランドなどの事件を起こしたため世界の均衡を脅かすもの。またDの名前を持つ海賊であるから対象に選ばれたのでしょう。

Dの名を持つものは天竜人の天敵であると言われています。

 

・黒ヒゲ

四皇という均衡を打ち破りさらに戦力的にもワンピースに近い男。またルフィと同じくDの名を持つ。

 

・しらほし

しらほしは古代兵器ポセイドンであり世界で唯一海王類を操ることができる。しらほしの母オトヒメ曰く「悪意を持てば世界を海に沈めてしまえる程のこの世界で指折りの怖い力」。

 

・ビビ

何故ビビが対象であるのかは不明。

ただアラバスタの王女であるため古代兵器プルトン関係だと思われます。

アラバスタのネフェタリ家は800年前天竜人になることを拒否した家系。

 

またネフェタリ家は古代兵器プルトンが書かれたポーネグリフを代々守ってきました。

そしてコブラ王はクロコダイルの口からプルトンの名前を聞いた時にとても驚いています。またロビンとの会話ではプルトンの存在だけでなくありかもを知っているかのような発言。

 

一方ウォーターセブン編での五老星はプルトンの存在すら知りませんでした。

天竜人の裏切りの一族ネフェタリ家、、、そしてネフェタリ家が代々守ってきたのが古代兵器プルトンが書かれたポーネグリフ、、、

なんだかすごいにおいますねw

 

ただ最初に申し上げた通り何故コブラではなくビビなのかは不明。

 

 

ドフラミンゴとつながっていた人物?

これまでのワンピースにてドフラミンゴがイム様の存在をほのめかす表現を使っていたのでまとめてみました。

 

マリンフォード頂上決戦でのドフラミンゴ

マリンフォード頂上決戦にてドフラミンゴが七武海のゲッコーモリアを倒そうとしたときに意味深な発言をしています。

もっと上だ・・・!

マリンフォード頂上決戦の時には五老星、天竜人の存在は出ていましたのであえて「もっと上」という表現をする必要な無いと思われます。

 

ドレスローザ編のドフラミンゴ

ドレスローザ編ではクラウン・シーザーを人質に取られてしまいこのままではカイドウとぶつかることになってしまったドフラミンゴ。

ローはシーザーを返す条件としてドレスローザの王位返還と七武海脱退を提示。ドフラミンゴはローたちの要求を呑んで後日ニュースでドフラミンゴの王位返還と七武海脱退が流れました。

しかしその後CP0により誤報であることが発表されます。

世界のニュースを操るのは七武海の権力ではなく天竜人クラスの権力が必要。のちにドフラミンゴは元天竜人であることが発覚。しかし天竜人の権力をもっているわけではなかったので結局だれとつながっていたのかは不明でした。

 

こちらの記事⇒ドンキホーテ・ミョスガル聖とドフラミンゴの関係

 

ではミョスガル聖とつながっていたのではないか?という考察をしていましたが906話のインペルダウンでのドフラミンゴのセリフを聞くとイム様なのではないか?という考察もできます。

 

インペルダウンのドフラミンゴ

906話のインペルダウンでのドフラミンゴの会話。

どうやらドフラミンゴは牢獄の場所を移されていました。ドフラミンゴがマリージョアの秘密の宝について知っていることから口封じとして刺客が送られているようでマゼランが守るために独房を変えていたようでした。

このことからイム様とドフラミンゴはかつて繋がっていましたがもう用済みということで刺客が送られているようにも思えます。

 

 

スポンサーリンク

イム様の正体は子供?

ネット上にてイム様は「子供」なのではないか?という考察がされていました。

 

シルエットが子供

906話の大きな麦わら帽子と共に登場したイム様と見てますと腕が体全体の半分辺りから出ています。人間だとしたらこれではプロポーションがおかしい!

イム様は世界を統べる裏の王であるため上のギザギザは王冠などのかぶりものなのではないか?という推測ができます。

 

 

そうなると本体はこんな感じ

この画像ではまわりの物体や人物とは比べるものが無いので大きさがわかりにくいですが908話のイム様にひざまずいているキャラと比べますと大人の身長ではないことがわかります。

刺さっている剣と同じくらいの身長でしょうか。150cmなさそうですよね。

 

 

イム様とシュガー

ドフラミンゴと戦ったドレスローザ編がワンピースの世界の縮図であるという考察がされています。

その対比関係でイム様とシュガーは対応しているキャラクターなのではないかと言われています。

まずはドレスローザ編がワンピースの世界と考察されている理由についてまとめてみました。

 

ドレスローザはワンピースの世界そのもの?

・ドレスローザの国がワンピースの地球に似ている

ドレスローザの中心には王宮がありそこから島の岸まで橋がかかっています。

ワンピースの世界にもドレスローザの橋に該当するレッドラインがありますよね。そして地球の中心レッドライン上には聖地マリージョアがあります。

 

王宮と橋の位置=マリージョアとレッドラインの関係

 

・ドレスローザの地下とマリージョアの地下には奴隷

ドレスローザの地下はシュガーの能力によって人形にされた人々がひっそりと働かされています。

マリージョアの地下にも奴隷がいて天竜人のために働かされています。

 

 

・いらない者を淘汰している国

ドレスローザは王ドフラミンゴにはむかうものはシュガーによって皆人形へと変えられて人々の記憶から消されます。いらない者を淘汰しているんですよね。

そしてイム様も能力は不明ですが五老星から世界を保つための粛清者として扱われています。

 

またルフィはそんなドレスローザを見て故郷の”ゴア王国に似ている”という発言がありました。

ゴア王国は王国中心が貴族たちが住んでいて外側は貧しい人やゴミが集められた場所。ゴア王国も一度いらないものを抹消しようということでグレイターミナルに火を付けています。

 

ドレスローザ=ゴア王国=いらない者を淘汰する国

=ワンピースの世界観そのもの

 

イム様とシュガーの共通点

もうお分かりかと思われますがイム様とシュガーの共通点として

・いらない者を淘汰する人

・裏の支配者

という共通点があります。

 

ドレスローザでは表の王はドフラミンゴでしたが反逆者を淘汰するシステムの核となった人物は地下にいたシュガーでしたよね。

 

なのでイム様はシュガーと対比しているということで

・子供なのではないか!?

という考察に行きつきます。またシュガーが少女であったのでイム様も女性の確率が高い!

 

さらに言うとシュガーの実年齢は22でありますが子供の時に悪魔の実を食べたのでホビホビの実の副作用として見た目がそのままとなっています。

もしかしてイム様も見た目の年齢と実年齢は異なるかも!?

 

関連記事

イム様と五老星はオペオペの実により永遠の命を持っている説

 

ルフィVSドフラミンゴはDの一族と天竜人の戦いの対比?

ドレスローザ編がワンピースの世界の縮図ということになればルフィとドフラミンゴの戦いはこれから起こるDの名を持つ者と天竜人の戦いを表しているのではないか?という考察もできます。

またドレスローザ編では海軍藤虎、革命軍サボ、黒ヒゲのバージェスが入り混じった戦いでありました。

その中でやはり気になるのは海軍藤虎はドフラVSルフィの戦いを静観しバージェスはハイエナのように戦い終わったルフィを狙った所でしょうか?実際のワンピースでこれから起こる戦いもこうなる可能性があるかもしれません。

 

ウソップもドレスローザでは大量の部下ができました。今度の戦いでは本当に8千人の部下が出来る可能性も!?もしかしてウソップVSシュガーがあったようにイム様VSウソップもあるのか!?

 

まとめ

今回は【ワンピース】イム様の正体や五老星との関係を考察

といった内容で情報をまとめてみました。

 

いかがでしょうか?

 

今回の内容をまとめますと

・イム様は五老星の上に立つ者

・裏の支配者

・粛清するもの

・イム様の正体は子供

ということでした。

 

世界会議編に入ってからこれまでのキャラクターの登場や複線回収など忙しい内容でありワンピースが急にバトル漫画から考察漫画へと変わった気がします(笑)。

今後どういうストーリーになるのか目が離せません!毎週のジャンプが楽しみです。

 

今回もありがとうございました。また次の記事でよろしくお願いします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ