【ブラッククローバー】反魔法アスタの剣の特徴や技まとめ!

漫画【ブラッククローバー】に登場する主人公アスタ。

魔力はいっさい使うことができませんが反魔法(アンチまほう)と呼ばれる剣を装備して戦う戦闘スタイルですよね。

 

そんなアスタの反魔法について今回は

【ブラッククローバー】反魔法アスタの剣の特徴や技まとめ!

といった内容で情報をまとめてみました。

 

参考にしていただければ幸いです。

 

 

スポンサーリンク

アスタの魔導書

クローバー王国は魔力の多い少ないの差はあるが全国民が魔法を使うことができる。

しかしアスタには全く魔力が無く15歳の時の魔導書授与式でもアスタには魔導書が授与されませんでした。

 

一方ユノは魔法の才にあふれ歴史上数人しかいない四つ葉のクローバーが描かれている魔導書を授与しています。

 

みなに笑われ落ち込んでハージ村に帰る途中ユノは四つ葉のクローバーの魔導書を狙った盗賊に襲われます。

魔力が無く勝ち目がないアスタですが恐れずに盗賊にくらいつく。

 

ユノとアスタが絶対絶命のピンチになった時、五つ葉が描かれたボロボロの魔導書がアスタの目の前に現れます。

そしてアスタの魔導書から出現したのが反魔法の特性を持った大剣。その大剣を振り回して盗賊に勝利しています。

 

アスタの反魔法剣の特徴

アスタが入手した大剣は反魔法と呼ばれる能力があります。

 

反魔法の剣の特徴としては

・魔法を無力化する

・魔力0なので魔力を感知できない

・重い

・魔法を跳ね返すこともできる

といった内容。

 

魔法がすべての世界で唯一魔法を無効化できる魔法がアスタが手に入れた大剣。

常人には扱うことができない重さであり日ごろから体を鍛えていたアスタのみ振り回すことができます。

 

またとりあえず切ることで魔法を消せる。

 

剣で軽く叩くと催眠魔法にかかっている人物の催眠解除や魔法で封印された扉を開けるなどデバフ系のあらゆる魔法を無効化できる。

 

ロータス戦で魅せた魔力感知でアスタも剣も魔力がないので索敵できないなどの使い方ができます。

 

反魔法 断魔の剣

アスタが一番最初に入手した反魔法の大剣、断魔の剣。

上で説明したすべての特性を持っておりこの剣で魔導士をたたくことに成功すれば大抵勝利できる。

 

敵の魔導士も触れたらヤバい剣だとわかると近づけないようにアスタ自身を攻撃したり距離を取って攻撃などで応戦します。

 

魔女王の話によると断魔の剣には絶えず反魔法のエネルギーが流れているらしく魔力を少しでも持ったものが触ると魔力を吸い取られてしまう。

この剣は魔力0のアスタのみが扱える武器でありアスタは剣の出力、停止を無意識に行っているようです。

 

反魔法 宿魔の剣

ダンジョン攻略の宝物庫で見つけたアスタのもう一つの武器宿魔の剣。

断魔の剣に比べると細く軽い。なので振りが早く大量の魔法攻撃などをさばききることができる。

 

この剣も断魔と同じような効果であり魔法を吸収する能力があります。

 

また他人の魔法攻撃を利用して斬撃として飛ばすことも可能。

しかしアスタ自身この剣について何もわかっておらずストーリーではまだ誰も特性を知っている者がいない。

宿魔という名前なので魔力0のアスタでも魔法が使えるようになる剣なのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

エルフ族の長も使っていた?

白夜の魔眼リヒトの話によればアスタの武器は「あの方」の武器。

また魔女王によればエルフ族の長もこの武器2本の武器を使っていたとの事。

 

エルフ族:数百年前に人間に滅ぼされた種族。一人一人の魔力が高い。

 

魔力の高い種族が反魔法を使う???

人間ではアスタ以外の人間は持つことができない剣ですがエルフの長はなぜ持てたのでしょうか?もしかしたらアスタと同じように魔力0の存在だった?

それともエルフ族の失われた技術でどうにかして装備できるようにしていたのでしょうか?

 

漫画最新刊では魔法騎士団VS白夜の魔眼(エルフ族の生き残りリヒト)が戦っているのでアスタの反魔法剣の秘密も出てくるかも知れませんね。

 

まとめ

今回は【ブラッククローバー】反魔法アスタの剣の特徴や技まとめ!

といった内容で情報をまとめてみました。

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめますと

・反魔法剣は魔法無効化、デバフ解除、魔力を吸い取る能力がある

・断魔の剣と宿魔の剣の2本が存在し宿魔の剣はまだ詳細がわかっていない

・初代魔法帝、エルフ族の長も使っていた

ということでした。

 

今回もありがとうございました。また次の記事でよろしくお願いします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ