【ヒロアカ】212話ネタバレと感想!ワンフォーオールを止めろ!

1月7日に発売された週間少年ジャンプで連載中の【僕のヒーローアカデミア】の212話ネタバレと感想になります。

前回話ではAB合同訓練の第5セットが始まりデクが活躍すると思われたが試合中にデクの個性であるワンフォーオールが暴走。試合どころではなくなりいち早く異変に気付いたお茶子がデクを救いにいくのであった。

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】212話ネタバレ!ワンフォーオールを止めろ!

お茶子の過去

お茶子の両親はいつも疲れた顔をしていてそれがつらかったとお茶子。

初めてヒーローを見た時ヒーローよりも周りの人の表情に目が行った。ヒーローを見て喜ぶ人の顔が見るのが好きだった。

くそかわいい

 

だからお茶子にとって困っている人を助けることは当たり前でありヒーロー科に入ってその当たり前がどれだけ大変なことかを知った。

デクが身を挺してすべてを救ってきたことを目の当たりにしてからか

ヒーローがつらい時 誰がヒーローを守ってあげられるだろう

とお茶子は考え始めたのであった。

 

ワンフォーオールを止めろ!

シーンは戻ってお茶子とデク。暴走するワンフォーオールをお茶子が止めようとします。

デクくん おちつけ!!

というお茶子に

止めっ…られない!

とデク。デクの意志では止められないことをお茶子も知ります。

パット周りを見てお茶子は心操を見つける。

心操くん!!洗脳を!! デクくん”止めてあげて”

心操もデクが異常であることを悟り何を問うのか悩む。

緑谷に洗脳を!何か!!何を問う

 

心操は誂え向きの個性に生まれて体育祭でデクに負けたことを思い出す。

そしてデクと再会してあいさつした時はあの時とは違う俺をみせてやれるとワクワクしていたと心操。

また戦えるって!楽しみにしてたんだぜ

立派なヒーローになって俺の”個性”を 人の為に使いたい

という決意のもと心操はデクに問う。

 

緑谷ァ!!!

このシーンくそかっけえ

 

デクも「~~~~~んんぉお 応!!

と返事をする。

 

そしてデクの個性が止まるのであった。

 

ワンフォーオールとの対話

デクは洗脳状態となりワンフォーオールも引いて行った。

そしてワンフォーオールの意志の世界に入ったのかデクはある人物と出会う。

おめェェなァァァ!!!

違うんだよ!違う! 言ったさ!?確かに一人じゃないってさ!?

時満ちたさ!?発現したさ!?でもさ!?

 

その力はもう! 雑念マシマシで使っていいものじゃア”なくなってる”

頑張りなさいよ!!

 

次号に続きます。

 

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】212話ネタバレと感想!

今回話では暴走するワンフォーオールをお茶子と心操の連携によりストップさせることに成功しました。

そして再びデクはワンフォーオールの意志の世界に入り先代と出会ったとこで終了。

 

今回も次回話がかなり気になる展開でありました。

とりあえず今週号の心操がかっこよかったですね。先週号ではヒーローっぽくない個性とひたすら言われてきており物間からはヒーローになるために僕らはヒーローらしからぬことをしなければならないと言われていた心操。

体育祭ではデクを洗脳するためにヒーローっぽくない仲間を貶すという選択で洗脳をしていましたが今週号ではかなり男らしいセリフで洗脳していました。

そういう流れもあったので今週号の心操は非常にかっこよかったです。

 

ワンフォーオールはどうなる?

先代のワンフォーオールの使い手からは「雑念マシマシで使っていいものじゃなくなっている」と言われていました。

なのでこのセリフからはデクの心の状態とワンフォーオールがリンクしているような発言であり個性を使う時にためらったりしたらダメということだと思われます。

 

かなり難易度が高くなってしまったワンフォーオールですが暴走状態の力はかなりのものであったのでデクにはしっかりとコントロールしてほしいですよね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ