【盾の勇者の成り上がり】武器屋の親父エルハルトは優しい!?声優や正体はエギル?という情報も!

小説サイト「小説家になろう」で大人気作品タイトルの一つ【盾の勇者の成り上がり】。

ほとんどの登場人物は主人公尚文を犯罪者としてひどい扱いをしようとしますが武器屋の親父は尚文の人格を見抜いたのかひどい扱いをせずにちゃんと客として接してくれる数少ない尚文の理解者的存在であります。

 

そんな武器屋の親父ついて今回は

【盾の勇者の成り上がり】武器屋の親父エルハルトは優しい!?声優や正体はエギル?という情報も!

といった内容で情報をまとめてみました。

 

参考にしていただければ幸いです。

 

スポンサーリンク

【盾の勇者の成り上がり】武器屋の親父エルハルトは優しい?

尚文が悪くないやつだと見抜く

尚文はメルロマルク王国に召喚されてすぐにマインに騙されてしまい全ての財産を失っただけでなくごうかん容疑の犯罪者として冤罪を受けてしまいます。

武器屋の親父の名前はエルハルト。武器屋の親父も尚文を最初一発殴らせてくれと疑いましたが尚文の顔を見てそんな奴ではないことを見抜きました。

また餞別としてそんなカッコではなめられてしまうと在庫処分だと言いながら尚文のために装備を安く売ってくれたりと何かと優しい。

 

武器屋の親父の名前はweb版であれば物語終盤で発覚するがアニメでは第1話からすでにエルハルトという名前が公開されていた。

 

なんか色々知っている

尚文は勇者として王国からハブられているために異世界の仕組みをほとんどわかっていません。

そのためエルハルトがチュートリアル的な感じで仕組みを説明するシーンが多くあります。例えばパーティの同行者設定のやり方や波の時間、クラスアップについてなどだいたい重要な情報をエルハルトが説明。そしてその度に尚文は教えてくれない王国の連中を恨めしむのであります。

 

元々は冒険者だった

エルハルトは鍛冶屋として一流になるために元々武器屋ではなく冒険者として世界を旅していたのでありました。

旅先で出会ったすごい武器屋が作った武器を見てその人に弟子入り。そしてその師匠から「広い視野で武具の制作にあたれ」という教えからどんな武器をも作れるようになっている。なので尚文の理解者ということもあるが鍛冶屋としての腕は確かでありそのためもあるのか尚文はエルハルトを贔屓にしています。

 

また冒険者だったことからレベルは87と極めて高いそのためかラフタリアの剣術の基礎はエルハルトが教えていた。

なので実はめちゃくちゃ強いキャラクターでもあります。もしかしたら尚文が召喚されてすぐに一発殴らせてくれという言葉で殴られていたら死んでいたかも知れません。

 

【盾の勇者の成り上がり】武器屋の親父の声優

武器屋の親父の声優を担当されている方は安元洋貴さんです。

元々そのしぶい声でナレーターを中心に活動されていましたがロックマンエグゼのカーネルからアニメ声優の活動を開始。

サッカーや格闘技の観戦が趣味であり自身は柔道経験者とスポーツが好きらしい。身長が179cmと高い。

 

主な代表作としては

・ブリーチ 茶渡泰虎

・ぬらりひょんの孫 青田坊

・弱虫ペダル 金城真護

・鬼灯の冷徹 鬼灯

・ぐらんぶる 時田信治

などがある。

 

正体はエギル?

エギルとはソートアートオンラインのキャラクターでありこのキャラクターもガタイの良いスキンヘッドキャラクター。

エギルのキャラクターとしてはSAOの元攻略組であり後に職業商人にチェンジして活動。利益のほどんどを中間層プレイヤーの育成に使うなどこちらも優しい人物。

SAO編が終わってからはバーのマスターであったためキリトたちのオフ会の場所として使われたりしています。

 

エギルと武器屋の親父エルハルトは直接的な関係はないが声優が安元洋貴と同じであり作品内の役割も割とかぶっていたためアニメ放送初期では「エギルが出てきた」といったような感じで話題になりました。

 

まあ”RPGの鍛冶屋=腕っぷしの良いスキンヘッド”という相場が決まっていますからよくあるキャラ設定なのでしょうね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ