【盾の勇者の成り上がり】ラフタリアの壮絶すぎる過去をまとめてみた

「小説家になろう」で大ヒットしコミックス化、アニメ化した作品【盾の勇者成り上がり】。

主人公盾の勇者として召喚された尚文の相棒である亜人のラフタリア。ラフタリアは奴隷ということもあり壮絶な過去を送ってきています。

そこで今回は

【盾の勇者の成り上がり】ラフタリアの壮絶すぎる過去をまとめてみた

といった内容で情報をまとめてみました。

 

参考にしていただければ幸いです。

 

 

スポンサーリンク

【盾の勇者の成り上がり】ラフタリアの壮絶すぎる過去をまとめてみた

パニック症と病を患う亜人ラフタリア

物語初期尚文はマインにハメられてしまい冤罪によって異世界に来たとたん尚文はメルロマルク王国には味方がいなくなりました。さらに全財産をマインに盗まれてしまったことで途方に暮れてしまいます。さらに職業が盾であるがゆえにあらゆる盾以外の武器を持つことは禁止され攻撃方法は素手しかないということで強くなろうにも非効率なレベル上げを強いられていたのでありました。

 

そこで尚文は奴隷を買うことでレベリングがはかどればという考えから奴隷商から当時10歳くらいの亜人少女ラフタリアを購入。

その時ラフタリアは壮絶な過去によりパニック症と長い奴隷生活により病を患わっていたのでありました。

 

パニック症は壮絶すぎる過去が原因

両親を波で失う

ラフタリアは亜人でありますがメルロマルク王国の端の方の町で普通の人間と同じく両親に愛されてすくすく成長していました。

しかし突如出現した”波”により多くの魔物が出現。ラフタリアの両親はラフタリアをかばっていましたが最後はラフタリアを逃がすためのおとりになるように二つ頭の狼に食べられてしまうのでありました。

そのことがトラウマとなりパニック症を患う結果となるのでありました。

 

奴隷として過ごす

波の脅威を受けたラフタリアの村でありますがさらに追い打ちをかけるかのようにメルロマルク王国の人間がラフタリアの村にやってくる。

村の復興のための支援かと思われましたが実際は奴隷として亜人を捕まえるためにやってきた人間たちでありメルロマルクの亜人差別は相当根深いものでありました。

その後ラフタリアとラフタリアの友達であるリファナは奴隷として貴族イドルに娯楽用の奴隷として毎日拷問を受けていたのでありました。

リファナは毎日泣いていましたがラフタリアはいつか自分たちの故郷に帰れる日を夢見て悲しむのではなく笑っていることを決意。しかしリファナとは別れてしまい一人になったところで拷問をしていた人間からもうすでにラフタリアの故郷は消滅したことを聞かされ心が折れてしまいます。

 

その後なんだかんだありメルロマルクにある奴隷商に売られてしまうのでありました。ラフタリアいわくメルロマルクの奴隷商は商品として品質を大事にしているためか他の人達よりはマシだったとのこと。

 

尚文と出会ってからは?

そういった経緯がありラフタリアは尚文と出会います。

最初は他の主同様怖がっていましたが尚文はラフタリアに絶対無理をさせない性格と盾スキルの薬により病は治ります。尚文がどうしてラフタリアに戦わせるのかという理由で自身が盾の勇者であることを明かしたことでラフタリアは尚文の剣になることを決意。

そして両親を殺した魔物に似ている犬との戦いでは尚文にあれは両親を殺した魔物とは違うと言いながらもここであいつを倒すんだと励ます。

「お前が戦ってオレガ盾の勇者として強くなって厄災が去れば これ以上お前のような思いをする子をつくらなくてすむ」

「お前がその子たちを救うんだ!!」

ラフタリアはその魔物に対して最初は動けないでいましたが決意を固めて魔物を倒すことに成功します。

それ以来ラフタリアのパニック症は無くなりトラウマを克服するのでありました。

 

スポンサーリンク

【ラフタリアの壮絶すぎる過去】おわりに


今回は【盾の勇者の成り上がり】ラフタリアの壮絶すぎる過去をまとめてみた

といった内容で情報をまとめてみました。いかがだったでしょうか?

 

尚文の剣であり尚文の相棒であり盾の勇者の成り上がりマスコットキャラクターなラフタリア。

非情にキツイ過去を送ってきましたが尚文と出会い救われそして自分と同じような子供を出さないためにもラフタリアは戦い続けます。

そんなラフタリアでありますがフィーロと同じく非常にかわいいキャラクターであり尚文をめぐってのバトルなどがかわいいキャラクターとなっています。

 

今後どのようにラフタリアが活躍していくのか楽しみですよね!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ