【ブラッククローバー】リヒトの正体がパトリだと判明

漫画【ブラッククローバー】に登場する白夜の魔眼リーダーリヒト。

クローバー王国を憎むテロ組織を作り上げ独立国家を建てようしている集団ですがとうとうリーダーリヒトの正体が判明しました。

 

そこで今回は

【ブラッククローバー】リヒトの正体がパトリだと判明

といった内容で情報をまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

リヒト

白夜の魔眼リーダーリヒト。

クローバー王国の歴史上数人しかいないとされている光魔法の使い手であり主人公アスタ達に牙を向く。

 

ユノ同様四つ葉のクローバーの魔導書を持つ魔導士であり儀式のために魔石を集めている。魔女王の話によれば魔石はエルフ族のみが扱える魔道具でありリヒト率いる白夜の魔眼はエルフ族の末裔なのではないか?という情報がありました。

 

 

ヴァンジャスの正体はリヒトだったけど・・・

143話では金色の夜明け団長ヴァンジャスが実は白夜の魔眼の黒幕でありリヒトであったことが判明します。

正確にはヴァンジャスの体にリヒトの人格が入っており二人はいつでも人格のチェンジが可能であります。

ヴァンジャスにとってリヒトは恩人。魔法帝と出会う前からのもう一人の大切な友人で辛い幼少期を乗り越えられたのもリヒトの存在が大きかったらしくリヒトを受け入れていました。

 

ヴァンジャスが魔法帝に「自分の魔導書を捧げることを決めた」といったのは嘘偽りなく本当の話でしたがユリウスと同じくらい尊敬しているのがリヒトであるとのこと。

 

ヴァンジャスはユリウスのために最強の団金色の夜明けを作ることが恩返しであることを話ますがその目的はリヒトのためでもあったようです。

 

そしてヴァンジャスは敵対する2人ですがどちらが大切かというのは選らべないとしてユリウスとリヒトの一騎打ちの場を作ったのでした。

 

ちなみにこれに対してユリウスは”ヴァンジャスの中にもう一人いても、その彼を大切にするというのもヴァンジャスの優しさ”と述べています。

 

 

 

スポンサーリンク

リヒトの正体はパトリだった

148話で白夜の魔眼リヒトの正体があきらかになりました。

エルフ族がまだ生きていたころパトリ少年は本物のリヒトに憧れていたエルフ族の少年でした。

本物のリヒトは剣魔法の使い手であり四つ葉のグリモワールを授かったエルフ族の天才。リヒトはエルフ族のリーダーとして活動していました。

ある日リヒトは2人の人間女性のテティアとリヒトと同じく四つ葉のクローバーに選ばれた少年と出会い仲良くなります。

パトリは人間を怪しんでいましたがリヒトが信用している人間でありさらに四つ葉のクローバーをもっていることから信用します。

 

そしてテティアとリヒトの間に子供が生まれ幸せな日々を送っていました。

 

しかしある日エルフ族が人間に襲われ絶滅させられます。

エルフ族は絶滅したかに思われましたが絶命の直前にリヒトは禁術である転生魔法を使いパトリ一人だけを復活させていました。

復活できたパトリですが体は”リヒト”で人格がパトリ。パトリはリヒトの四つ葉のグリモワールは持ち主が違うということで使えなかったようです。

 

なのでリヒトの正体は昔エルフ族のリーダーであったリヒトの体を借りた少年パトリになります。

 

 

パトリ少年の目的

パトリ少年の目的は自分が”リヒト”となりエルフ族を復活させることが与えられた使命として行動していきます。

・エルフ族の復活

・人間を絶滅させる

二つの目的のためリヒトとして白夜の魔眼をつくりました。

エルフ族復活のやり方は本物のリヒトが使用した禁術を使って絶滅したエルフ族の復活。

転生魔法は波長の近しい人物の人格を奪って復活させるものらしく、また転生魔法には大量の魔力と犠牲が必要。

 

なのでまずはライアとヴェットとファナを転生させます。おそらくファナは器の人物の波長があまり近くなかったからでしょうか?完全に人格を乗っ取ることができず元のファナに戻っています。

 

そして残りのエルフ族は白夜の魔眼が集めていた魔石がそろってから。魔石を使い魔力を最大限にまで高めて白夜の魔眼サードアイ以外のメンバーを生贄にささげ転生魔法を行うのでした。

 

 

転生先の波長の近い人間はおそらくヴァンジャスが魔法騎士団団長になって集めたメンバーであると思われます。

なのでユノやクラウス先輩など金色の夜明けメンバーが転生してしまったのでしょうね。

 

 

パトリの過去回想に登場した四つ葉のグリモワールの人間は初代魔法帝?

初代魔法帝はブラッククローバーの物語の基盤であり魔神を倒した人物になります。

魔神とはエルフ族の長(おそらくリヒト)が発動した禁術。

 

そしてそれを倒したのが初代魔法帝になります。

 

パトリの過去では四つ葉のグリモワールの少年とリヒトは仲良くなっており、さらにリヒトはテティスとの間に子供まで作りました。

そしてその四つ葉の少年がリヒトの魔神を倒したのでしょう。

悪そうな少年には全く見えませんがどうなのでしょうか?

その当時の人間側の回想のシーンがかなり気になります。

 

まとめ

今回は【ブラッククローバー】リヒトの正体がパトリだと判明

といった内容で情報をまとめてみました。

 

いかがだったでしょうか?

 

内容をまとめますと

・ヴァンジャスとリヒトは二重人格

・リヒトの正体はエルフ族で唯一生き残ったパトリ少年

・エルフ族は人間と子を産むまで仲良く幸せそうだったが絶滅させられた

ということでした。

 

今回もありがとうございました。また次の記事でよろしくお願いします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ