【ブラッククローバー】メレオレオナの強すぎるシーンまとめてみた

漫画【ブラッククローバー】に登場するアネゴレオンことメレオレオナ。

紅蓮の獅子王団長フエゴレオンの代理を務める団長でありその戦闘能力はフエゴレオンよりも上。

そんな素敵で強すぎる魔導士メレオレオナの強すぎるシーンをまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

アネゴレオンことメレオレオナ

紅蓮の獅子の団長はフエゴレオンでしたが白夜の魔眼襲来時に魔石を狙われ昏睡状態になりました。

 

フエゴレオンの代わりに団長を務めることになったのがメレオレオナ。

フエゴレオンの姉でありヤミからはアネゴレオンと言われています。

 

フエゴレオン同様熱い闘志に満ちた人物であり魔導騎士団1年間の星の総取得数の結果を発表する星果祭では5位となってしまった紅蓮の獅子を厳しく叱責した。

 

「ならば口だけではなく、己の力で体現せんかァァァァァ!!」

「最高の団長に導かた 最強の団だということを!!」

「あの大莫迦は貴様らを!!この国を!!見捨てて死んだりは絶対にせん—-」

「あいつが戻るまで貴様らが誇りある紅蓮の獅子王の強さを見せつけてみろォ—–」

正義の鉄拳を受けるレオ。痛そう。

 

32才176cmの女性であり

レオいわく政や戦事に興味がなかったため表舞台には立ってこなかっただけの強(恐)者あり戦闘能力はフエゴレオン団長よりも上

基本叫んでいるシーンが多いので口を閉じているメレオレオナを探すのが難しいほど熱い女性。

 

アスタやレオは勿論同じ魔法騎士団の団長であるヤミやシャーロットローズレイもたじたじになるほどの実力と圧を兼ね備えたキャラクターです。

 

メレオレオナの強すぎる秘密と戦闘スタイル

メレオレオナは王都が息苦しい、野生の肉が食べたいということで普段一年のうち300日以上大自然ので生活している

そのため身体能力を上げるマナスキンの能力も他の魔導士に比べて破格のスペックでありマナスキンのさらに上のステージへと昇ったと言われている魔導士。

その身体能力を利用した近接戦闘が基本スタイルであり黒の暴牛ラックやサードアイのヴェッドと同じタイプの魔導士。

その拳一つで戦うスタイルであるから白夜の魔眼アジトを叩く作戦では特に細かいことは決めず中心部を各々目指すシンプルな作戦を取った。

 

使う魔法

・炎魔法”灼熱腕”

超高魔力で凝縮した炎の力で右ストレートパンチ

 

・マナゾーン”灼熱腕”連撃

超魔力+一帯のマナを支配して腕にパワーを込めて放つ連続パンチ。

支配したマナの空間であればどこからでも攻撃可能で近接せずともパンチ可能。

 

 

スポンサーリンク

メレオレオナの強すぎるシーンまとめ

メレオレオナが強すぎると言われる描写をまとめてみました。

 

 

アスタの片角ブル・スラストをグリモワール無しで止める

火山温泉合宿編でのアスタの修行。アスタは魔力が無くマナスキンで身を守ることができないでいた。

そこでアスタが取った対策は反魔法の力を身に纏って火山を登頂すること。そしてアスタは反魔法の力を開放させますがこの能力は制御不可であり高い魔力に反応して突っ込んでいく技であった。

 

 

メレオレオナはアスタを止めるために魔力を高め引き寄せる。

そして高速移動しているアスタをさらに上回るスピードで背後に回りぶん殴って止めた。

 

ヤミいわく「空中でなんつー動きをしてやがんだよ」

 

光魔法や不意打ちに超反応

模倣魔法ライア戦で魅せたメレオレオナの強すぎるシーン。

超スピードと超パワーで近づいてくるメレオレオナに苦戦するライア。とはいえ光魔法の速さにはついてこれないと判断しリヒトの魔法”断罪の光剣”で攻撃する。

 

この攻撃はゴーシュやシスターテレジアも避けられず被弾した魔法である。

 

その魔法をすべて両手を使って叩き落とした。

 

 

またライアは紫苑の鯱団長が見せた姿を消す魔法から火の弱点属性である水魔法の不意打ちに対応する超反応を見せた。

この反応はサードアイのヴェッド並みとの事。

 

マナスキンを超えたマナゾーンの支配

通常魔導士は術を自分から放つようにして撃つ。

しかし一帯のマナを支配することでその領域を操ることができるようになる。

 

マナゾーン内であればどこからでも魔法攻撃が可能になりさらにマナゾーン内であれば空中を自在に高速移動することも可能。

 

このマナスキンを超えた能力を使うことによりメレオレオナは近接戦闘スタイルであるが敵の360度どこからでも攻撃ができる

 

ライアを瞬殺する

白夜の魔眼サードアイのメンバーで模倣魔法の使い手ライア。

VSメレオレオナではリヒトの光魔法や紫苑の鯱団長の消える魔法からの弱点属性である水魔法で奇襲をかけたりとするが全て対応されメレオレオナの速さとパワーについていくことができずに敗北する。

 

ライアの強さはヴェッドやファナと同じくらいでありアスタ達黒の暴牛でやっとこさ倒すことに成功したのがヴェッド。

 

しかしメレオレオナは強すぎるあまりライア相手でも劣勢になることは無くわずか漫画2話で決着をつけてしまうほどの猛者であった。

 

強さだけなら魔法帝に最も近い存在?

ライアとの戦闘シーンを見るにブラッククローバー内でも最上位にくるキャラクターなのではないでしょうか?

ライアの姿を消してからの近距離での不意打ち魔法も反応するあたり魔法帝ユリウスと戦ってもかなりいい勝負できるようなキャラクターであると思われます。

本人は野生での暮らしが好きなので興味はないと思いますが魔法帝を目指すならば一番近いキャラクターなのではないでしょうか?

 

 

まとめ

今回は【ブラッククローバー】メレオレオナの強すぎるシーンまとめみた

といった内容で情報をまとめてみました。

 

いかがだったでしょうか?

 

内容をまとめますと

・メレオレオナは1年の内300日以上野生で暮らしている

・マナスキンを超えたマナゾーンの支配ができる

・戦闘スタイルはヴェッドやラックと同じく近接戦闘

・アスタの片角ブル・スラストをパンチで止める

・人間離れした超反応と超パワー、超高速移動によりライアを撃破した

といった内容でした。

 

強すぎる武人アネゴレオンことメレオレオナ、その強さを再確認していただけたらば幸いです。

今回もありがとうございました。また次の記事でよろしくお願いします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ