【ヒロアカ】231話ネタバレと感想!ホークスがベストジーニストを倒した?

2019年6月11日に発売された週刊少年ジャンプで連載中の【僕のヒーローアカデミア】ネタバレ231話と感想になります。

今回話ではとうとうギガントマキアが起床し異能解放軍とヴィラン連合の戦地へ赴く。一方ホークスはヴィラン連合に取り入るために行動を起こす。そしてヴィラン連合はトゥワイスの無双により四ツ橋を追い詰めるのであった。

 

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】231話の前回話あらすじ

前回話はトゥワイスがトラウマを克服し個性を使い異能解放軍相手に無双。しかし氷属性の個性を使う戦士には一掃されてしまいそちらは炎の荼毘が担当することになる。しかし荼毘には自分の炎で自分を焼いてしまうことから長時間戦えないという弱点が発覚。

しかし荼毘はそれでもくらいつく。一方死柄木の状態が一睡もしていない体力の限界であったことから氏子達磨がギガントマキアを早めに起こすのであった。

 

【ヒロアカ】231話ネタバレ!ホークスがベストジーニストを倒した?

ギガントマキアの起床

ギガントマキアは氏子達磨に起こされて地面の中から這い出てきた。

「主の後継…」

と一言だけ喋りニオイがたよりなのか死柄木が向かった泥花市へ爆発的なスピードで向かう。

 

ホークスとベストジーニスト

同時刻の大阪ではホークスが電話を待っていた。

そろそろ連絡が入る時間なのであるが掛かってこない。ヒーローネットワークにもヴィラン連合に関する事件や目撃情報が上がっていないためこれまでの荼毘の行動パターンが変わったのか?と推測。

「不穏だな…」

電光掲示板にはヒーローのベストジーニストが行方不明であることが流れていた。

 

シーンは過去の荼毘との電話のシーン。ホークスは現在極秘任務でヴィラン連合に取り入るミッションを受けている。

「内部にいたからこそ痛感しているんだ ヒーローなんて仕事いっそ無くなっちまった方がいい」

ホークスは荼毘がホークスを切れないことをわかっていた。ホークスにかなりの利用価値がヴィラン連合にあるからであり愚者を演じていれば荼毘はリスクよりもリターンを考えるようになるとのこと。

荼毘もホークスを簡単に切ることはなく「…次で最後だ」とチャンスをくれる。

「ヴィラン連合ひいては反体制への忠信を示してもらう 今回はナンバー1以外で頼むぜ」

 

そしてホークスが向かった先はベストジーニストの事務所。

ベストジーニストは神野でのオールフォーワンとの戦いで致命傷を受けていたがだいぶ良くなってきたとのこと。しかし肺の一部がなくなったとのことであるが存外生きられると言います。

「人間肺が欠けても存外生きられる そろそろ露出していくつもりだよ 私の矯正を待っている者が大勢いる。」

「そうですか!それは残念です」

とホークスはベストジーニストに刃を向けるのであった。

 

「人ん覚悟ば 無碍にせんでほしか」

ベストジーニストに手を掛けたのかホークスは荼毘の連絡を待つばかりであった。

 

トゥワイス無双

一方の荼毘は異能解放軍氷の戦士と激しいバトルを繰り広げていた。

死柄木とスピナーは異能解放軍戦士たちの遠距離攻撃をかいくぐっていた。スピナーは大丈夫か?と死柄木を心配するも死柄木は「待っていた方が良かったか?」と聞く。

スピナーは待っていたところで通報されて大量のヒーローたちに追われてたからどっち選んでもピンチだったと答えます。

 

そうなんだよなハメやがってと死柄木。しかしそうこうしている内にリーダー四ツ橋がいるタワーに近づいてきた。それと並行に異能解放軍戦士たちもタワーを守るようにして増えていく。

よけきれない遠距離攻撃を死柄木たちから救ったのはトゥワイス。

 

「トゥワイス多くね!?」とスピナーは驚く。死柄木も驚くもトゥワイスはこれで少しは役に立つかなリーダーと言う。

「お前がいくら増えようが再臨の贄となるだけだ!!」

とぞろぞろ集まってきた異能解放軍戦士たち。しかしトゥワイスも数では負けていない。

 

「すごいぜトゥワイス ついでにタワーまでの道拓けるか?」

と死柄木。タワーにボスとギランいると言っていたが嘘だった可能性もあると考えていたがちゃんとタワーを守るように敵も増えてきたと死柄木。

「マキア用の駒はさておきボスはちゃあんところさねーとな」

そういう死柄木であるがフラフラで今にも倒れそうになる。

 

「リーダーおめーは俺に揺られて寝てろ うっかり俺たち一人で解放軍を手籠めにしちまうぜ!!」

いくら倒しても増えるトゥワイスは無双を続けていた。

もうトゥワイスだけでいいんじゃないか?というスピナーであるがトゥワイスはギランを好きすぎると死柄木。「人の心をもてあそびやがって 許さないぜ解放軍」

 

幹部 政治家花畑「ヴィラン連合!!その首魁!!ここまで好きにさせてしまったことを誠に遺憾であります!」

と出てきたのは政治家の花畑。花畑が力強い言葉で演説することによって異能解放軍戦士たちの士気も上がる。

「人はか弱き存在ではありません!!誰しも力を持っている!”再臨祭”において示されるべきは人々が異能で悪に打ち勝つ姿!!生を勝ち取る生身の力!」

「主賓ヴィラン連合の解体を!!さぁ解放せよ!!力を集結させ切り拓きましょう新たな時代を!!」

士気が上がった異能解放軍戦士たちによりトゥワイス軍団が少し押される。

 

スピナーはこれ以上死柄木を消耗させるわけにはいかないと花畑を止める手段を考える。

「俺が…すべきことは…」

 

トゥワイス到着

「よーうてめーか? 俺たちの居場所をぶっ潰してえバカ教祖ってのぁ!?」

なんとトゥワイスの分身がとうとうリーダー四ツ橋のいるタワーに到着したのであった。

「ずいぶんハゲてんじゃねーか てめー ハゲ教祖じゃねーか 失礼しました」

と分身を増やし戦闘態勢に入るトゥワイス。

 

四ツ橋も「宮下と違ってひねりがないな」と戦闘態勢に入るのであった。

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】231話ネタバレと感想!

今回話ではとうとうリーダー四ツ橋と接触することに成功したトゥワイス。四ツ橋の実力はいかに?という感じでかなり激熱な展開となりました。

次号も非常に楽しみですよね。

 

ホークスはベストジーニストをどうした?

ホークスは今回話でヴィラン連合に忠信を得るためにナンバー1ではないヒーローを狙うように荼毘から指示されていました。

そしてホークスが選んだのは病み上がりのベストジーニスト。ベストジーニストに臨戦態勢で挑んだホークスでありその後ベストジーニストは行方不明になってしまいました。

 

あくまでヴィラン連合に取り入るためのミッションなのでベストジーニストを亡き者にしたという展開は無いと思いますが本気で取り入るために再びベストジーニストに大きなダメージを与えたというのは割と考えられます。

それかベストジーニストに事情を話してどこかへ消えてもらったパターンもありそう。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ