【ブラッククローバー】アスタの正体は魔神?悪魔?アスタについて考察してみた

漫画【ブラッククローバー】の主人公アスタ。

魔法帝を目指すべく黒の暴牛に入団したジャンプの主人公らしい性格をしたアスタ。

アスタは魔力が0という魔法を使うクローバー王国では致命的な特徴を持ったキャラクターでありますが魔力0であるからこそ反魔法が使えることができるのです。

 

しかしアスタの反魔法グリモワールには悪魔か魔神が住んでいる描写があります。

 

そこで今回は

【ブラッククローバー】アスタの正体は魔神?悪魔?アスタについて考察してみた

といった内容で情報をまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

魔神とは

ブラッククローバーの世界観であり物語の根幹である魔神の存在。

かつて人間は魔神に滅ぼされるかに見えた。それを救ったのは一人の魔導士。

その魔導士は”魔法帝”と呼ばれ伝説になった存在であります。

魔法帝と魔神が戦った場所はハージ村でありハージ村には魔法帝の銅像(?)と魔神の骨が現在でもあるのです。

 

さらに魔神の詳しい情報が出たのは魔女王からの話。

魔神とはかつて人間に滅ぼされたエルフ族の長が発動した禁術であることが判明。

禁術はだたの魔法ではなく多大な犠牲(大勢の命とか)を払って発動する魔法。なので魔神はかつてあった人間とエルフの戦いでのエルフ側の最終兵器的な存在なのです。

 

アスタは魔神か悪魔なの?

アスタの出生

アスタが育った村はクローバー王国の隅っこにあるハージ村にある孤児院の教会。

 

しかし現在分かっているアスタの出生はアスタとユノは幼い頃に教会の前に捨てられていたところを拾われてそのまま育てられています。

なのでほとんどアスタの出生については分かっていません。

ただユノが付けているペンダントは捨てられていた時にユノが既に持っていた物であるため二人の出生について何かわかる重要なアイテムだとは思われます。

 

 

アスタのグリモワール

クローバー王国の人間は15歳になると全国各地でさらに魔力を高めるためにグリモワール授与式が行われます。グリモワールの形は様々であり大きい本からメモ帳のような小さいものまで。

しかしアスタは魔力が0であったためか魔法が使えないどころかグリモワールさえ授与されることはありませんでした。

 

アスタは落ち込みますがへこたれず来年でも再来年でもグリモワールを待つまで励むことにします。

そんな時にユノが盗賊のレブチにより襲われてしまう。

アスタはレブチに挑みますが敗北。

さらにアスタには一切魔力がないことが教えられどんなに努力しても無駄だと悟りアスタは絶望する。しかしユノが「アスタはオレのライバルだ」という言葉でアスタが復活。

 

アスタの気持ちに応えるようにボロボロのグリモワールがアスタの下へやってきました。

アスタのグリモワールは五葉。

 

クローバーの葉には”誠実”、”希望”、”愛”秘められ四つ葉にはさらに”希望”が宿る。

しかし五葉には”悪魔”が住むと言われているのである。

 

エルフ族の長リヒトとの関係

魔女王の話から魔神の正体だけでなくアスタの反魔法の剣はエルフ族の長であった者が使っていた魔法剣のなれのはてということも判明しました。

 

エルフ族の長はリヒト。

 

白夜の魔眼リヒトの正体はエルフ族の生き残りである少年パトリであり本物のリヒトではありませんでした。

白夜の魔眼アジト襲撃編にてエルフ族転生の禁術によりリヒトが復活。

リヒトのグリモワールは元々アスタが持つ五つ葉のグリモワール。

リヒトは剣魔法の使い手であり四つ葉のグリモワールを使用していましたが

500年前の悪魔ザグレドのたくらみによりリヒトのグリモワールは五つ葉のグリモワールに変えられてしまっています。

 

 

グリモワールに住む悪魔

魔女の森編にてアスタたちはダイヤモンド王国の戦士ラドロスと戦う。

ラドロスは無属性魔法の使い手であり他の人の魔力を吸収することでパワーアップする。ファナのサラマンダーの一撃すらも吸収しきったラドロスは超パワーアップに成功。

アスタ達は一気に大ピンチになってしまいます。

 

ラドロスに倒されたアスタであるがこの戦いを見ていた魔女王はアスタを操る。

「キサマが何者か….見せてみろ….」

 

アスタはおそらくグリモワールの意識空間で悪魔と会話します。

その悪魔は体を明け渡すことで代わりにラドロスに勝利してやるとアスタに持ちかけます。またその悪魔の狙いは世界に実体を持つことが狙いだそうだ。

オレが実体を持つチャンスなのには変わりはねー オマエの身体もらうぜ!

 

しかしアスタは諦めないのが俺の魔法と言い抵抗。

結果的に悪魔に身体を奪われることなく半分だけを反魔法に染めた力で起き上がりました。

 

 

悪魔の名前はリーベ

コミックス27巻にてアスタのグリモワールに住んでいた悪魔の正体が判明しました。

名前はリーベ。

下級悪魔であり元々悪魔たちが住む冥府の住人でありましたがひょんなことから現世に出てきてしまいます。

 

そして現世で出会ったリチタという女性と過ごし幸せな時を過していましたが

冥府の最上位悪魔であるルチフェロに体を乗っ取られそうになってしまう。

 

リチタは自分の息子のようにリーベも育てたことからリーベを救うために全力で抵抗します。

ルチフェロを撃退することに成功はしましたがリチタが致命傷を負ってしまいそのまま亡くなってしまう。

ただルチフェロの力は何度も下級悪魔リーベにアクセスが可能な能力であるため

リチタがいなくなった後でもリーベがルチフェロに抗えるようにと最期の力をつかって五つ葉のグリモワールにリーベを入れる。

「次にここから出てくる時、、、アンタはきっと、、、強く成長してる、、、」

 

リーベは五つ葉のグリモワールで反魔法の力が発現しましたが力が発現したことで五つ葉のグリモワールから出られなくなっていました。

 

リーベは自分の母親であるリチタのために他の悪魔への復讐を誓い五つ葉のグリモワールにそのまま住んでしました。

そしてアスタとグリモワール授与式の後で出会うことになります。

 

 

アスタの父は誰なの?

アスタの母親はリチタでありそれはコミックス27巻にてリーベの口から告げられます。

リチタの特殊体質から仕方なくアスタをハージ村の協会に預けた描写があり

リチタはずっと一人だったことと偶然出会ったリチタの体質に影響しないリーベと共に過ごすことになる過去があります。

 

ではアスタの父は誰になるのでしょうか?

 

リチタと過ごせるのはリーベのような悪魔かリチタの体質の影響を受けない生物だけです。

リチタの体質は「魔力と生命力を吸い取ってしまうという」強力なものであり近づいた蛇ですらすぐにダウンするほどのものでした。

魔力を吸い取るヘンリーよりもやっかいなもので魔力のないアスタすら危険になってしまいます。

 

もしかしたらアスタの父は悪魔なのではないでしょうか?

 

アスタが悪魔とのハーフだった!はめちゃくちゃ面白そうな展開になりそうですが

ダイヤモンド王国ダークトライアドのように悪魔の力を借りている人物ならリチタの影響は受けないかも。

 

どちらにしても普通の人間ではリチタと子供を産めません。

 

 

スポンサーリンク

結局アスタの正体は魔神か悪魔なの?

現在アスタについて分かっていることは

・アスタのグリモワールに悪魔のリーベが住んでいる

・アスタの魔法はエルフ族の長リヒトが使っていた魔法

・魔神はエルフ族の禁術である最終兵器

・リチタの息子

の4つ。

 

さらに魔女の森編にてアスタが初めて半身を反魔法の力で支配された時はノエルから

「あの姿はまるで…」

とアスタを見て魔神を連想している思われます。

 

アスタの正体を握るのは間違いなくアスタの出生であると思いますが母リチタについては情報が出ましたが父が正体不明などまだまだ謎が多い人物。

 

もしかしたら父はさきほど予想した通り悪魔に関係する人物なのかも?

そうなるとアスタが五つ葉のグリモワールに選ばれた納得ができそう。

 

またリヒトとその嫁のテティアでありますがリヒトは剣魔法でテティアは風魔法の使い手です。

リヒトの息子の生まれかわりはユノでありエルフ編の最後でユノはリヒトから

「おかげで息子と一緒に戦っているようだった、、、」

という感想を受けていました。

 

さらに27巻にて500年前人間の襲撃を受けたテティアでしたが

お腹の子が”双子”であり片方だけが生きていたという事実も発覚しエルフ族が生き残っていたという描写があります。

 

もしかしたらテティアのお腹の中の片方がアスタの前世なのかも?

そう考えると元リヒトのグリモワールに選ばれた理由がわかる気がします。

 

なのでこのサイトではアスタは悪魔とのハーフでありかつ前世がテティアの子でユノとは双子の関係だったと考察してみました。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ