【ハンターハンター】ネオンが死んだ理由とは?

漫画ハンターハンターでヨークシンシティ編で登場したノストラードファミリー、ライト=ノストラードの娘ネオン=ノストラード。

377話にてなんと幻影旅団クロロの手帳からネオンの念能力が消えていた(=死んだ)ことが判明しました。

 

割と重要なキャラだったネオンがどうして死んでしまったのでしょうか?死んだ理由は?

 

 

そこで今回は

【ハンターハンター】ネオンが死んだ理由とは?

といった内容でネオンが死んだ理由について考えてみました。

 

参考にしていただければ幸いです。

 

スポンサーリンク

ネオンとは?

死んだ理由考察の前にネオンとノストラードファミリーについて軽く情報をまとめてみました。

ノストラードファミリー組長ライト=ノストラードの娘。

人体収集家という変わった趣味を持つ女の子。なので一番緋の目を探す手がかりとなると思われたためクラピカが近づいた。

 

戦闘能力はないが特質系の念能力者。天使の自動書記(ラブリーゴースト)という未来を予言できる能力を持つ。四行1段落の詩が4つから5つ書かれ1か月先の未来まで予言する。

 

この能力は100%当たる占い。しかし最大のメリットは占い通りの行動をしなければ危険な未来は回避できることができるということ。

 

この能力のおかげでノストラードファミリーは田舎の小さなマフィアであったが十老頭を視野に入れるほど急速にのし上がった。その背景もあり他のマフィアから嫉妬されている。

 

ヨークシンシティ後のノストラードファミリー

ヨークシンシティの幻影旅団襲撃の一軒後ネオンはクロロに能力を奪われてしまった。

そのため以前のように占いの能力を使うことができなくなりノストラードファミリーは収入源を失ってしまうことに!

 

グリードアイランド編の途中ではネオンが能力を使えないことやボスのライト=ノストラードは精神を病んでしまっている描写がある。

 

クロロに能力を奪われたものはクロロが返してくれるまで能力を使うことができない。そして元の持ち主が死んでしまった場合はクロロの本から能力が消える。

 

暗黒大陸編のノストラードファミリー

ノストラードファミリーのボスはライト=ノストラードであったが暗黒大陸編に入ってからは若頭としてクラピカがノストラードファミリーのボスをしています。

 

収入も占いではなく合法な賭博と用心棒。

ライト=ノストラードとネオン=ノストラードの現状は不明になっていました。

 

 

スポンサーリンク

ネオンの死んだ理由

1.自害、もしくはボスライト=ノストラードにやられた

ネオンはライトに愛されている描写はなく”ネオンの能力”のみを可愛がっていました。

そんな能力を失ったネオンは生きる価値が見いだせずショックから自殺してしまったのではないでしょうか?

もしくは精神を病んでしまったライトに殺されてしまった可能性があります。

 

2.他マフィアにやられた

ノストラードファミリーは急速にのし上がっていったため他マフィアから恨まれています。

占いの能力があった時は十老頭の一部をはじめ他マフィアなどファンが多くいました。

しかし占いの能力がなくなった彼らにはもう価値はありません。

 

失速した今がチャンス!

他マフィアの抗争に巻き込まれネオンが狙われてしまったのかも知れません。

 

3.クラピカにやられた

クラピカは緋の目を集めるために人体収集家であるネオンに近づきました。

ネオンはヨークシンシティ編ではコルトピの具現化系能力により偽物をつかまされ緋の目を入手していませんでした。しかし「344話著者」のクラピカのこれまでの緋の目を取り戻してきた過去回想の中に「マフィアの娘」が一番最初にあったのでこの人物はおそらくネオン。

 

ネオンは緋の目を所持しておりクラピカから奪われていることになります。クラピカは緋の目を取り戻す手段として”おどし、すかし(だます)、金を渡す”の主に3つを使っていますが殺しは使っていません。

抵抗されたらどうする?というミザイストの質問には「大方の要求は私が折れる」と言っているためなるべく穏便に済まそうとしています。

 

 

しかし人体収集家は仲間の体を美術品として扱うのでクラピカの気持ちを考えれば怒りの気持ちもなくはありません。

 

またノストラードファミリーを直接支配できるのが今後の緋の目を集める行動も何かと便利になると思われるのでネオンを消した可能性はあると思われます。

ライトは精神を病んでしまっているのでそのまま病床かクラピカが消して実権を握っているのでしょう。

 

 

4.ヒソカにやられた

ヒソカは団長クロロの能力を知っておりネオンの能力を見ています。

ヒソカの現在の目的は幻影旅団を残らず倒すこと。

 

ハンターハンターの戦闘は主に”情報戦”であり相手の能力をあらかじめ知っているか?コンディションは万全か?などが勝敗を決めます。

理想は「敵が能力を出す前にたたけってのは正論さ・・・」byモラウ

 

ヨークシンシティ編では情報戦に非常に強いパクノダがゴンたちにターゲットされ真っ先に能力を封じる行動をしていきました。

 

同様に100%未来が見える能力はハンターハンターにおいて非常に強力!

どんなに万全を尽くしても未来を見られ躱されてしまいます。

 

なのでヒソカとしてはまずはネオンの能力を使えなくさせるのが最優先

ネオンを倒すことはヒソカの行動原理にあっているのでこれはかなりありそうな気がします。

 

またクラピカの目的も復讐であり幻影旅団の全滅。クラピカ目線でもネオンを倒す意味はありそうです。

 

5.富樫先生が退場させた

物語を面白く展開するために富樫先生が何らかの理由を付けてネオンを退場させてしまったのではないかと思われます。

 

ネオンの念能力は強すぎるのでもしクロロにネオンの能力があった場合は絶対にヒソカは幻影旅団に勝てません。

さらに暗黒大陸編のカキン帝国の船の中でも占いにより誰も幻影旅団を止めることができなくなってしまうでしょう。

 

なので面白い展開にするためにパワーバランス調整として富樫先生がなんらかの理由を付けて退場させてしまったのではないかと思われます。

 

関連記事

ノヴがリタイアしたのは強すぎるから?

 

 

まとめ

今回は【ハンターハンター】ネオンが死んだ理由とは?

といった内容で情報をまとめてみました。

 

いかがだったでしょうか?

今回の内容をまとめますとネオンが死んだ理由として

・自殺orライトにやられた

・他マフィアにやられた

・クラピカにやられた

・ヒソカにやられた

ということでした。

 

今回もありがとうございました。また次の記事でよろしくお願いします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ