【ハンターハンター】最強の念能力ランキングベスト10!2021年版

週間少年ジャンプで連載中の漫画【ハンターハンター】。

天才と呼ばれる富樫先生が描いている漫画であり幾度となく休載を続けている漫画ですが綿密なストーリーやキャラクターの魅力があり”それが許されてしまう”という特別な漫画なのがハンターハンター。

 

ハンターハンターを語るうえではなくてはならないものが「念能力」。

そこで今回はハンターハンターで登場する念能力の強さをランキング形式、最強の念能力を決めようではないか!!ということでまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

念能力の強さ

今回念能力の強さを決めるうえで重要になってくる要素としては

・制約と誓約

・破壊力

の2点を考慮しています。

 

ハンターハンターでは超絶な念の強さを手に入れるためには何かを縛り、何かを捨てなければならないルール『制約と誓約』があるため

汎用性が高くなくとも破壊力さえ高ければランキングに入れています。

 

また相手依存の能力(メルエムやクロロなど)はそのキャラクターが一番強かったシーンを参考にしています。

 

 

10位 神速(カンムル)

キルアが扱う変化系の念能力。

自身の体に電気を流し込ませることで超人的な瞬発力を手に入れている。

カンムルはさらに

・疾風迅雷

・電光石火

の二つにわけられる。

 

”疾風迅雷”はキメラアント編のダーツを使ってくるオソロ兄弟との戦いで使用。

「掴む」という命令を脳を介さずに電気信号のみで判断しダーツが頭に触れた瞬間に掴んだ。

あらかじめ体に”こうなったらこうしろ”というプログラムのような命令をしておきユピー戦でも瞬発力の差で圧倒した。

 

”電光石火”は超高速で移動することができる能力。

こちらは自身の意思で移動が可能。

 

弱点としては充電が切れてしまうと普段のキルアに戻ってしまうということで充電が必要。

殺し屋エリートのキルアが幼少の頃から拷問耐性を付けるためにされてきた訓練という悲しき過去が生み出したキルアならではの念能力であります。

 

ランキングとしては10位となりました。

実力がかなり離れているユピー相手にダメージはあたえられませんでしたが一方的に攻撃できたのが大きい!

 

充電が切れたときの

「あっ!やべ!」

はかわいいの一言。

 

9位 超破壊拳(ビッグバンインパクト)

幻影旅団ウヴォーギンの強化系の能力。

ウヴォーギンは強化系の能力者であり作中でも限りなく強化系を極めた人物。

己の肉体と純粋なオーラの量で高い攻撃力と守備力を持つ。

ビッグバンインパクトはウヴォーギンの最強技であり技名はかっこいいが単純にオーラを右拳に込めたストレートパンチ

 

パンチ系の技は他キャラクターで言えばゴンの邪ジャンケンやフィンクスのサイクロンアッパーなどがある。

ゴンやフィンクスの両方とも制約と誓約のルール的には(溜め時間が必要)ビッグバンインパクトより強いパンチを繰り出すことができる可能性を秘めているが

それでもただの念を込めたパンチであるビッグバンインパクトの方が描写的に強いので今回はビッグバンインパクトの方を上としました。

 

ハンターハンターの物語は暗黒大陸編まで進んでいますがキャラクターのインフレがそれほど起きず

ヨークシンシティ編のキャラクターであるウヴォーギンのパンチが9位。

この早々に退場したウヴォーギンの技が9位という感じがハンターハンターの魅力を表しているようにも思えますよね!

 

破壊力は人間の能力者の中でもピカイチの威力!

ランキングも9位と割と高めにしてしまいました。

 

 

8位 束縛する中指の鎖(チェーンジェイル)

具現化系の能力者クラピカの最強念能力。

チェーンジェイルの特徴としては

・幻影旅団以外に使えない

・捕まると強制的に絶の状態にする

がある。

 

制約と誓約により自身の命を懸けることで対旅団には最強に近い能力を作り上げたクラピカのチェーンジェイル。

念能力バトルにおける制約と誓約というルールをフルに活用し

才能あふれるクラピカの念能力を全て復讐のために使うという形で誕生した悲しき力。

 

チェーンジェイルに捕まったものは強制的に絶の状態となり念能力が使えなくなる。

また鎖は素の肉体で破壊しなければ脱出不可能であるが

幻影旅団一番の力持ちウヴォーギンでも抜け出すことはできなかったため旅団に対しては実質無敵の力を誇る。

 

強制的に絶にする効果があるので念能力を使えなくさせる特徴がありますがナックルのハコワレやシャルナークのブラックボイスなどのすでに対象に取り付いていた念能力が消えるかはまだわかっていません。

 

やはり捉えてしまえば勝ちという能力であるためランキング入り。

命を懸けている分超強力!8位としました。

 

 

7位 形態変化(モントゥトゥユピー)

ユピーの強化系の能力である自身体を変化させる能力。

状況に合わせて翼を生やしたりトゲを出したりすることが可能。

さらに自身の怒りを力に変えることが可能で怒れば怒るほど攻撃力(オーラ)が高まる。

そして怒りを攻撃力に変えることで冷静さも取り戻すことが可能。

 

仕組みとしてはフェイタンの受けたダメージを攻撃力に変えるペインパッカーに似ている。

冷静さを取り戻すことができる時点でユピーの方が融通が利きく。

上がったオーラはナックル曰く推定数十万以上(ゴンが21500)。

 

戦闘方法としてはオーラ量は莫大に上げて放つ大砲のような技やパンチを駆使して戦う。

 

純粋にパワーアップできる強化系の念能力。

パワーアップしたあとの戦闘能力も申し分なく7位とさせていただきました。

 

 

スポンサーリンク

6位 盗賊の極意(スキルハンター)

幻影旅団団長クロロの特質系の能力。

スキルハンターのポイントとしては

・条件を達成すると相手の能力を盗む

・盗まれた人は能力が使えなくなる(念の基礎は使える)

・両手を使う能力は本にしおりを挟み、本をポッケにしまうことで使える

・しおりに挟んだページと開いているページの二つの能力を同時に使うことができる

といったようなもの

 

盗むまでの制約がかなり厳しく基本戦いの最中では相手の能力を盗むことができない。

 

盗むための条件としては

・盗みたい念能力を実際に見る

・念能力について質問し相手がそれに答える

・本の表紙の手形と相手の手のひらをあわせる

・上記の条件を1時間以内に全て行う

という過程が必要。

 

なので盗むためにはネオンのようにだまして盗むなり陰獣のフクロウのように拷問して無理やり盗むなどしなくてはいけない。

また盗んだ人が死んでしまうと念能力が使えなくなってしまう。

 

ただし盗んだ後は絶大な能力を発揮し暗黒大陸編からは同時に2つの能力を使うことができるようになった。

盗む能力次第と組み合わせでたくさんの戦術を使うことが可能であり

ヒソカ戦ではサンアンドムーン、ブラックボイス、オーダースタンプ、ギャラリーフェイク、コンバートハンズの実に5つの能力を使いヒソカを圧倒した。

 

 

もう文句なく最強クラスの念能力!

命をかける能力ではなく単純に達成条件が厳しい念能力ですが奪ってしまえば自由に使うことができます。

なのでランキングとしては高めの6位

 

5位 絶対時間(エンペラータイム)

クラピカが緋の目を発動した時に特質系の能力。

エンペラータイムの特徴としては

・緋の目発動時のみ

全ての念能力系統を100%引き出すことができる

・オーラの絶対量が上がる

・発動時間1秒につき1時間寿命が縮む

・3時間以上発動すると9時間気絶する

といった内容

 

”全ての念能力系統を100%引き出す”は超強力な能力であり強化系を極めたウヴォーギンのビッグバンインパクトをもろに受けたが致命傷にならずにすぐさまホーリーチェーンで治した。

 

ウヴォーギンのようなゴリゴリな強化系相手でも念を学んですぐの具現化系能力者がバトルで勝つことができるわりとヤバい能力であることが分かります。

 

ただし制約と誓約が非常に厳しくエンペラータイム中は1秒で1時間の寿命が削りとられ、さらに3時間ぶっ続けで発動すると9時間の気絶が入ってしまう。

しかも気絶中の9時間はエンペラータイムが発動したままという高リスクな技。

1時間で150日の寿命なので12時間で1800日、だいたい5年いかないくらいの寿命が削れてしまいます。

 

まさに諸刃の剣!

 

幻影旅団最大攻撃力のビッグバンインパクトを耐えることができる能力であるため高めのランキング3位としました。

 

4位 百式観音・九十九の掌

ネテロが40歳くらいの時に己の肉体と武術に限界を感じたとき山籠もりをしてこれまでの武道への感謝の気持ちから毎日感謝の正拳1万回を始めた。

その正拳突きを始めて4年後に習得した念能力が百式観音。

百式観音のポイントとしては

・ネテロの背後に百式観音を出す

回避不能の早業

・一撃が重く地面に大穴を開ける

といった内容

 

百式観音・九十九の掌は観音全ての腕を使って連打する打撃技。

最強キャラクターであったメルエムでさえ見切ることが不可能であり攻撃をもろにくらいます。

「音を置き去りにした」

という名言を生み出した念能力!

 

ピトーが見切ることができずに避けれなかったことからランキング4位としました。

 

3位 百式観音・零の掌

ネテロの最終奥義「百式観音・零の掌」。

・対象を背後から観音で包み込む

・回避不可能のネテロの全オーラを消費する咆哮

といった内容

ネテロは零の掌を使うことで自身の全てのオーラを消費する制約の代わりに莫大な攻撃力を得る。

ネテロは120~130歳であるが使った後は念能力で若返っていたためか撃った後は120歳相当の年齢の見た目になる。

 

零の掌を使った後ネテロは自殺してしまったことで能力を使ったあとのリスクなどその後の詳細は分かりませんがゴンさんのような能力ではなく時間がたてば念能力が使えるようになり元の姿に戻るものだと思われます。

 

なので制約と誓約としては使ったあと念能力がしばらく使えないというルールがありそう。

 

メルエムに唯一まともなダメージを与えることができた能力。

なのでランキング3位としました。

 

2位 食べるほど強くなる(メルエム)

キメラアントの王メルエムの強化系の能力。

名前は不明であるがこの能力のポイントとしては

・実力者を食べるとメルエムが強化される

プフ、ユピーの一部を食べたため超強化された

といった能力

 

キメラアントは摂食交配という捕食した動物の遺伝子を取り込み子孫の遺伝子に反映させるという特徴を持っています。

メルエムの能力はそのキメラアントの王としてふさわしいものであると言えるでしょう。

 

ただでさえメルエムは強く、ネテロと戦い勝利する実力をもっていましたがその後プフ、ユピーの一部を食べたためさらに超強化されています。

 

おそらく作中最強のキャラクターだったでしょう。

しかし毒が入ったバクダンにより死亡。

人間の科学力に負けてしまいました。

 

ハンターハンターにおいて最強能力といっても過言ではない念能力。

1位か2位かでランキングを悩みましたがこちらを2位。

 

1位 もうこれで終わってもいい(ゴンさん)

主人公ゴンの強化系の能力。

カイトを殺されピトーとカイトを殺すことになってしまったふがいない己自身を許せずに覚醒。

ピトーを倒せるまでに急激な成長をした能力。

制約と誓約のルールとしては

もうこれで終わってもいい だからありったけを

ということでこの戦いに勝ちさえすればその後は死んでもいいくらいのルールを付けた。

 

ピトーいわく才あるものが全てを投げうってなせる能力であるらしく

王ではなく戦った相手が自分でよかったと安心しているくらいには強い。

 

攻撃力はネテロの百式観音でもほとんどダメージを受けなかったピトーをわずか2発でほぼノックアウト

ピトーの動きを完璧に見切るなどの戦闘能力を得ていた。

 

まさに最強にふさわしい能力であり制約と誓約のルールとしても現状一番厳しいものだと思われます。

 

こちらが1位の理由としてはゴンが楽々ピトーに勝てるようになった成長の上がり幅で考えた結果ランキング1位としました。

2位のメルエムの能力も相当強いですが上り幅はゴンさんの能力の方が上だと思います。

 

 

最強の念能力ランキングベスト10!のまとめ

今回は【ハンターハンター】最強の念能力ランキング2021!

といった内容で情報をまとめてみました。

 

いかがだったでしょうか?

 

現在は暗黒大陸編真っ只中であり念能力も様々なものが登場し個人だけでの発動ではなく多くの人が協力して発動するゲンスルー達ボマー組のような相互ジョイント型と呼ばれる念能力がたくさん登場しています。

ゴンさんは制約と誓約により自身の今後を全て投げうって発動した能力でありますがそうなると団体全ての命を懸けて発動する能力も出てくるのではないか?とも考えられそうですよね。

そういうものが登場するとどのくらい強いのか?と、どんな能力なのか気になってきます。

 

今後さらなる能力の登場が期待できますね。ハンターハンターの連載開始が待ち遠しいです。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ