【ハンターハンター】ネタバレ385話と感想や考察!ツェリードニヒの念獣の能力判明!?

10月22日に発売された週間少年ジャンプで連載中のハンターハンター385話のネタバレと感想になります。

前回話では第4王子ツェリードニヒとテータの修行回でありテータはある目的のためにツェリードニヒに絶を習得させるように動きます。そして今回話ではツェリードニヒがとうとう絶をマスターしテータは・・・

 

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】ネタバレ385話!ツェリードニヒの念獣の能力判明!?

ツェリードニヒの念修行

船が出向して8日目の午後7時35分。ツェリードニヒは念の修行をしていた。テータは”発”の威力を高めるためには”絶”の修行が大事ということで絶を教える。

 

聴覚を研ぎ澄ました状態での”絶”は難易度がかなり高いらしく絶を維持した状態でテータの指示や質問に答えるように言います。どんなハプニングにも動じないで”絶”を続けるのが大事でありその状態で60分間はとても長く感じるという。

ツェリードニヒは絶をするために集中。

左肩なにかついてますよ

というテータの言葉に反応してしまい絶を解除してしまうツェリードニヒ。

ちょっとそれズルくねーかテータちゃんよ

というツェリードニヒにテータは敵はもっとシビアに攻めてくるという。

 

絶をマスターするために集中するツェリードニヒ。

あせってはいけない

と自分を注意するテータ。ツェリードニヒのオーラはすさまじいらしく絶がとければすぐに守護念獣が姿を現すという。殺るならば速やかにそして確実に…そのためにはツェリードニヒが多少の物音や気配の変化で絶を解く様では実行できないとテータ。

 

なんとテータは王子を殺すつもりであったのだ

 

完全な絶をすることで守護念獣は姿消す。念獣の力の源となるオーラをゼロにするだけでは不十分であり守護霊獣が余力を残した状態で姿を消した可能性も考慮して最低でも40分は絶を維持してもらうことが必要だとテータ。

 

物音を立てるためにガラスのコップを落として外の護衛すらも呼ぶ。

 

彼らの介入も修行の一部としましょうとテータ。この調子では絶は長続きしないとツェリードニヒを煽ります。

ツェリードニヒは今から何をしてもらっても構わない。

もうお前がそこで泡吹いてのたうち回っても毛穴一つ開かねェから安心しろ

と集中するツェリードニヒ。

 

ついに実行、、、

テータはこうなった王子は肩外れの集中力を出すと言います。

テータは軽い念弾をツェリードニヒに飛ばすがツェリードニヒは動じない。

そしてテータは銃を構える。

 

ここで管内放送が入り日曜日の8時から始まっている晩餐会による音楽会のサプライズが流れるという。ハンター協会のセンリツとフウゲツカチョウによる演奏だ。

 

この放送でも動じないツェリードニヒにテータは素晴らしいと評価。

「この才能を他人の為に使える人格者であれば…」

せめて一撃でらくにして差し上げます

とテータはツェリードニヒの眉間に発砲。そしてテータもすぐに後を追うために自決する構え。

 

しかしその瞬間に383のカチョウとフウゲツを逃がすために3分間音の世界へいざなうセンリツのフールト演奏が流れる。

確かに撃ったはずの王子は消えており血の跡もない。

 

銃声を聞いて外の警護兵も入ってくる。ツェリードニヒの能力かと思ったテータであるがツェリードニヒは確かに絶を使っていた。

 

「修行の一環だ 問題ない」

ツェリードニヒがテータの後ろから現れた。

「どうだい?テータちゃんオレの絶銃声にも全く動じなかったろ?」

たしかに殺したはずだとテータ。そこで倒れて脳と血が散乱したのを見たテータであったが王子は生きている。

 

テータは緊張がほどけたのか倒れる。そして目の前にはツェリードニヒの守護念獣。

「次ニ 王子ノ質問ニ偽リデコタエレバ オ前ハ人間デナクナル」

気絶するテータ。

 

ツェリードニヒは警備兵から時間が飛んでいる不思議な現象について言われる。銃声がして警備兵が向かおうとした瞬間に美しい風景が目の前に広がりその間まったくう動けなかったとのこと。

 

演奏者はハンター協会のセンリツ。ツェリードニヒは「招待」という名目で呼ぶように指示。招致命令ではないから拒否される可能性があるという警備兵ですがまずは様子見でイエスかノーかで推察できる情報もあるとツェリードニヒは言います。

 

ツェリードニヒの守護念獣

テータが目覚めたのは警護室。15分も寝てないうちに目覚めます。

テータの相棒であるサレコフは

「…..テータもういい」

「後はオレがやる」

と言います。

テータは王子の守護念獣により顔にあざができていた。

お前はもう休めというサレコフにテータは今さらあとに引けないという。

 

サレコフ曰くツェリードニヒの守護霊獣は

 

・最初の噓で傷のマーキングをして次に言葉と印で警告する

・警告に反すれば死より残酷な罰が待っている

 

とサレコフは言います。

 

しかしこのままではというテータにサレコフはだからこそ冷静に考えろと言います。

王子の守護霊獣はなぜ反逆者に回りくどい方法で生かしておく?理由は一つであり王子の手ごまに加えるためであると言います。

「”人間じゃない何か”に変えてな…!!」

テータが今動けば王子が有利になるだけだとサレコフ。だからあとは任せろと言います。

「…どうやって?」というテータに「それを休んでいる間にかんがえてくれ」とサレコフ。

 

「だと思ったわよバカ…!」

 

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】ネタバレ385話の感想や考察!

今回話ではツェリードニヒが絶をマスター。絶を使っている場合は守護霊獣が姿を現さないのでその瞬間を狙って撃つというテータの作戦でしたが何かに阻まれて失敗してしまいました。

 

ツェリードニヒの能力であるのかセンリツが見せた幻だったのか非常に次が楽しみな展開で終了したハンターハンター。

まじで毎週毎週楽しみです。

 

ツェリードニヒの念獣の能力

ツェリードニヒのキャラクターと言えば残虐非道。犯罪行為をしていますが権力でもみ消しているヤバいキャラであります。

またツェリードニヒは嘘を吐く女が嫌いという性格であるのが反映しているのか今回話で登場した念獣の能力はウソをつくと発動するタイプの操作系能力であることが判明しました。

 

近い能力でいえばキメラアント編師団長サザンのクイーンショットでしょう。

このサザンの注射に撃たれたものは異形の姿となりサザンの支配下となってしまうものであります。

”人間でなくなる”というメッセージでありサザンの能力とは発動条件がかなり面倒であるため決まったらサザンのよりもう少し強力なのかも知れません。

 

 

センリツは来る?

センリツの演奏が原因で時間が止まったと推測したツェリードニヒは招待という名目でセンリツを呼び出すことにしました。

センリツが船にいるのはクラピカからの依頼でありクラピカとツェリードニヒが接触できるようにするために動くというのが本来の目的であります。

なのでセンリツはツェリードニヒの招待をイエスと答えるでしょうね

 

テータたちは王位継承戦を知らない?

ツェリードニヒの人格から絶対に念をマスターさせてはいけないと思っていたテータは王子を殺すことを決行。

自らの手で発砲しましたが失敗となってしまいました。

 

もしかしたらテーマたちは王位継承戦について聞かされていないのかも知れません。知っていたら他の王子達と接触するなどでもっと別の作戦があったような気がします

クラピカが守っているワプル王子の警護兵たちも最初は知りませんでした(知っている人も何人かいた)。

 

恋愛フラグは死亡フラグ?

サレコフとテータは良きパートナーであり仲が良い感じであります。

しかしハンターハンターに置いて仲が良い男女は残念ながらだいたい死んでいます

 

テータとサレコフはそうとう危ないかも!?

 

・ポックルとポンズ

ハンター試験編とキメラアント編で登場した二人。キメラアント編ではNGLを調査するために潜入していましたがキメラアントに襲撃されて二人供亡くなってしまいました。

漫画ではわかりませんでしたがアニメでは二人の間にフラグが立っていました。

 

・ゾルディック家の執事

ゾルディック家の執事は恋愛禁止がルールであり破ると極刑であります。名前は不明ですが男女が恋仲になってしまったためにそれが見つかり”生き残ったら逃がしてあげる”という条件でアルカの能力を知るための実験体として使われて亡くなってしまいました。

 

・メルエムとコムギ

キメラアント編の重要人物である二人。最初はただの暇つぶしであったメルエムですがコムギと接するうちにある感情が沸いてきました。

そしてメルエムの最期の時間を過ごすために選んだ相手がコムギの軍議。

 

メルエムは自身が毒で命を落としさらに毒は伝染することをコムギに打ち明けますがコムギもまた最期の時をメルエムと共に過ごすことを望みました。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ