【ハンターハンター】イルミの操作系念能力の強さ!針人間がヤバい

漫画ハンターハンターに登場するキルアの兄イルミ。

ハンター試験編から登場している初期キャラクターですがイルミの本気の戦闘などはまだ見れていません。

 

そこで今回は

【ハンターハンター】イルミの操作系念能力の強さ!針人間がヤバい

といった内容でイルミの強さや念能力について情報をまとめてみました。

 

参考にしていただければ幸いです。

 

スポンサーリンク

イルミとは

本名イルミ=ゾルディック

伝説の殺し屋ゾルディック家の長男でありキルア、イルミ、カルトの兄。

殺し屋としては一流でどんな仕事にも手は抜かない。仕事のために必要なハンターライセンスを取ったりするなど割と真面目。

その性格からか暗黒大陸編ではヒソカはイルミと戦うために標的をヒソカにして幻影旅団に入るよう依頼した。

父のシルバや祖父のゼノとはすでに対等な関係。

 

一方性格は残忍でありゼノ、シルバの”殺しはあくまでビジネスで無駄な殺しはしない”という考えではなく念能力が操作系であるのもあいまって一般人を戦いに巻き込むことを平気でする

またキルアに戦い方を教えた人物でもあり最高の殺し屋にさせるためどんな手段でも使う。

 

 

ゆがんだ深い愛情

一般人には情のかけらもないが家族に対する愛情は深い。

特にキルアに対しては深く愛しているようで全てはキルアを想っての行動をしている。(選挙編のアルカの被害をヒソカに説明する際にはキルアに恐れられているが愛されている思っている)

 

またキルアには友達や感情、意思を持つ必要はないと考えておりゴンなどを危険視し後で始末しようとしますがヒソカに睨まれあきらめています。

 

一方アルカも危険視しており家族に愛情深いイルミですがアルカは家族ではないと考えており選挙編ではキルアと家族の事を考えアルカを殺そうと行動していた。

しかしアルカの力を上手く制御するためにキルアを完全廃人にして操ることを企むシーンもあるためキルアを愛してはいるが対象はキルアの人格ではなく才能などに惚れ込んでいるのかも知れない。

 

イルミの強さ

イルミの強さがわかりそうな本編での活躍をまとめてみました。

 

幻影旅団に忍び込む

ヨークシンシティ編ではヒソカが団長と戦うためにイルミに依頼。

ヒソカがパクノダを尾行するために旅団のアジトにイルミをヒソカに変装させ潜入&待機をしていた。

 

戦闘能力のある旅団メンバー達にもバレない完璧な変装ができるようだ。

 

ヒソカ&イルミで清凛隊を撃破

選挙編で登場した候補者3人「ブシドラ」「テラディン」「ルーペ」。

彼らは選挙で投票数を得るために一般人に手を出しているハンター(イルミ)をとらえようと動きます。

 

しかし3人が組んだプロとアマが混合した討伐隊ではヒソカとイルミを倒すことができず結局3人ともやられてしまいました(主にヒソカの犯行)。

 

ヒソカが95点

強者と戦うことに快楽を置くヒソカは対戦相手を求めるために選挙にきていました。

そのヒソカが95点と付けた相手がイルミ(ギタラクル)でした。

ヒソカの判定はおそらく念のオーラや立ち振る舞いを見ての点数。

なので完全な実力はわかりませんが大雑把な強さを把握できる経験のようなものだと思われます。

 

プロハンターが大勢集まるなかで95点を出したのがイルミのみですので相当な使い手であるのだけはわかります。

とはいえハンターハンターの戦いは情報戦や頭脳戦。相手のコンディションや念能力がバレている状況、念能力の相性などで勝負が決まりますので多少の戦力の差は問題なく十二支んがイルミやヒソカより弱いというわけではありません。

 

スポンサーリンク

イルミの操作系念能力

イルミは操作系の念能力者。針を使用することで様々な効果が得られます。

イルミの念能力をまとめてみました。

 

ちなみにゾルディック家はゼノとシルバとキルアが白髪ですがイルミ、ミルキ、カルトは母親の血を引いているので髪は黒。

 

そして能力も引き継いでいるようでイルミ、ミルキ、カルトは操作系の念能力者です。

 

 

変身

自分の顔を変える能力。

自分の顔に針を刺すことで全くの別人になることが可能。これを利用してハンター試験ではギタラクルという名前と顔で参加していた。

 

針なしでも変身は可能であるが4,5時間で戻るとの事。

 

針人間

オーラを込めた針を対象に刺すことで操る能力。

対象を完全に操作できるわけではなく一つの命令を聞く程度の大雑把な命令しかできない

刺された対象は明らかに操作されている顔になり身体能力が上がりイルミ曰く「がんばり過ぎて死ぬ」くらいまで命令に従う。

オーラを込めた針を作るには結構時間がかかるようで「もったいないけどこれつかうか」というように何十本もあるわけではないようだ。

 

キルアに使った針

針を刺した対象を暗示をかけることができる能力。

針をさされた相手は針に気づくことが難しいようでキルアが針を取るまで結構時間が掛かった。

 

キルアに対しては「確実に勝てない敵からは逃げる」という暗示をかけられており全力を出せばギリ勝てる相手にも逃げ出すようにしていた。

 

またこの針は自白を追い込むこともできる

 

おわりに

今回は【ハンターハンター】イルミの操作系念能力の強さ!針人間がヤバい

といった内容で情報をまとめてみました。

 

いかがだったでしょうか?

 

イルミはまだまだ実力を隠している強いキャラクター。暗黒大陸編では幻影旅団に入ってヒソカと戦うようですがどのように戦うか楽しみですよね。

 

今回もありがとうございました。また次の記事でよろしくお願いします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ