最新【七つの大罪】最強キャラランキングベスト10!2018年一番強いやつは誰だ!

大人気ハイ・ファンタジー系漫画【七つの大罪】。

連載されたのが2012年と6年続いている漫画でありそれまでたくさんのキャラクター達が登場してきました。そこ今回は七つの大罪において最強キャラクターは誰なのか!?

 

ということで今回は

最新【七つの大罪】最強キャラランキングベスト10!2018年一番強いやつは誰だ!

といった内容で情報をまとめてみました。

 

参考にしていただければ幸いです。

 

最強キャラクターを決めるうえで

このランキングは最新刊である34巻までの内容をもとにランキングを決めています。

また最強を決めるうえで

・闘級

・持っている能力

・戦闘描写があるキャラクターは高め

・勝敗

の4つを重視してランキングを決めてみました。

 

闘級が低くともだんだんと強くなっていったキャラクターだったりした場合は順位高めになっています。

 

また多少主観が入ったランキングになっていますので一つの参考程度に考えていただければ幸いです。

 

最新【七つの大罪】最強キャラランキングベスト10!

10位 サリエル

天使族の<四大天使>の一人サリエル。最高神の力の一部である恩寵「竜巻」を持つキャラクターであり十戒二人分の強さを持つ。

魔神族を倒すためにエリザベス達と協力するが途中合流したデリエリを追ってきたエスタロッサと交戦する。エスタロッサの正体がマエルだと分かった時には戒禁を取り込みすぎて闇にむしばまれつつあるマエルを助けるためにキングに協力する。

 

天使族のリュドシエルと比べるとかなり義理堅い性格であり自身の体の持ち主の意志を優先したりマエルを救うためにキングに協力しようとしたりした。

 

 

 

9位 エスタロッサ(マエル)

<四大天使>の一人であり十戒エスタロッサにやられたとされていた最強の天使マエル。

正体はエスタロッサでありゴウセル本人の強力な禁術である記憶操作魔法によりこの世のすべての人物がマエルをエスタロッサと認識しマエルも自身をエスタロッサというキャラクターに思い込むようにされていた。

 

天使族でありながら十戒の持つ戒禁を4つも取り込んだマエル。恩寵の「太陽」を失うもサリエルとタリエルを圧倒する。

 

 

8位 キング(覚醒)

闘級4万6000⇒???

 

マエル戦で覚醒したキングの姿。

マエルの強力な魔力により絶体絶命であったがオスロ―が身代わりとなりキングを守ります。

キングの代わりに亡くなってしまったオスロ―しかしマエルの猛攻をやむことなく七つの大罪を襲う。

 

魔力を封じられ空も飛ぶことすらできず落下していくキングは走馬灯の中でヘブフラム、オスロ―、グロキニシア、団長、ディアンヌを思い出し”今度こそ守り抜く”ために男を見せろ、王たる威厳と損じあを示せと自身に言い聞かす。

 

そうしてキングは覚醒するのであった。

覚醒したキングの強さはグロキニシア曰く歴代最強の妖精王。

マエルの攻撃をすべて受け流しゴウセルと協力することでマエルの闇を打ち消してあげたのであった。

 

 

7位 ゼルドリス

闘級61000⇒???

 

メリオダスの弟であり実質十戒の現リーダーであるゼルドリス。

昔はメリオダスを尊敬していた。しかし恋人である吸血鬼のゲルダを守るため鍛錬を続けていたゼルドリスであったがメリオダスの裏切りに乗じて吸血鬼一族は魔神族に逆乱を企てたために見せしめとして魔神王は吸血鬼一族すべてを処刑する任務をゼルドリスに与えた。

自らの手で恋人を処刑することになってしまったために裏切者であるメリオダス恨んでいる。

 

城内での戦いでは真の魔力を発揮。

リュドシエル&エスカノールと戦い終始圧倒していましたがエスカノールのザ・ワンとリュドシエルの閃光により敗北してしまう。

 

魔力としては「魔神王(ゴッド)」。

魔神王の代理としてその魔力を借り受けることが可能。

 

戒禁は「敬神」。

ゼルドリスに背中を見せて逃亡した者は背信とみなし強制的に服従させることができる。

 

6位 マーリン

闘級4710⇒???

 

七つの大罪メンバーであり大陸一の魔法使い。

闘級4710と低いが自身がベリアルインの娘であり最高神と魔神王から様々な能力を授かっていたことを思い出してから相当強くなったキャラクター。

メリオダスを救出するために城内へ突入した時にキューザック&チャンドラーの二人を相手に踏ん張っていた

 

魔力は「無限(インフィニティ―)」

自身が発動した魔力を永続的に持続させることができるチート魔法。一度発動させてしまえば永続するためマーリン自身の年齢を止めることもできている。

圧倒的な魔力を持つチャンドラー相手にも無限であるため「殲滅の光(エクスターミネイト・レイ)」の打ち合いで勝利していた(なおチャンドラーは無傷)。

 

5位 メリオダス(アサルトモード)

闘級14万2000

七つの大罪主人公メリオダスのアサルトモード。

メラスキュラの「暗澹の繭」から脱出するために魔神ではなく魔神王の力を開放した時になってしまった状態。

 

メリオダスが十戒統率者であったころの残忍なメリオダスの状態であり会話は可能であるが本来のメリオダスではなくなってしまう。

圧倒的な強さでありメリオダスを止めるためにエスカノールが戦う。エスカノールは終始圧倒されていたが正午のザ・ワン状態でメリオダスを倒した。

 

 

4位 キューザック

闘級16万8000

 

ゼルドリスの師匠であり最上位魔神族のキューザック。

十戒よりも後に登場したのは天使族の呪いが強い魔神であればあるほど強く引き留めるものであっため物語後半になるまでチャンドラー同様出てこられなかった。

マーリン曰くキューザックとチャンドラーは最も古き魔神であり魔神王をのぞく魔神の中で最強と謳われている。さらにわけあって元来所有している魔力を封じられているらしい。それでも闘級16万8000の強さなのである。

 

 

3位 チャンドラー

メリオダスの師匠でありキューザックに並ぶ最上位魔神族。

キューザック同様魔力を封じられているにもかかわらず闘級17万3000とバケモノクラス。

 

メリオダスの師匠であるためフルカウンターなどすべての技はチャンドラーが教えたものである。本来は怖いキャラクターであるがメリオダスに好かれるために陽気なじじいを演じていた。

 

圧倒的な強さを持つチャンドラーとキューザックであるがザ・ワン状態のエスカノールはさすがに強いと判断していた。

 

2位 リュドシエル

闘級20万1000

 

<四大天使>の一人であり長であるリュドシエル。

恩寵「閃光」の使い手であり光速で動くことが可能。ギルサンダーの恋人であるマーガレットがギルサンダーを救うために契約。ギルサンダーを助ける代わりにリュドシエルが現在マーガレットの体を借りている。

 

女神族の中でも圧倒的な強さを持つリュドシエル。女神族以外の存在を認めないなどかなり過激であり魔神族を倒すために卑怯な手を使うなどした。

闘級は20万と七つの大罪の中でも最高値であるがゼルドリス、キューザックとの戦いではそこまで大きな活躍をしていない。

 

1位 エスカノール(ザ・ワン)

1位は七つの大罪メンバーの一人エスカノール。「傲慢」の罪であるためムキムキになっているときは非常に傲慢な性格になる。

人間でありながら四大天使の恩寵である「太陽」を授かったキャラクター。そのため正午に近づけば近づくほど強くなっていく。

 

特に正午になった1分の間は無敵の状態「天上天下唯我独尊(ザ・ワン)」になることが可能であり誰もエスカノールを止められなくなってしまうのだ。

ザ・ワンの状態でアサルトモードのメリオダスと本来の魔力を開放したゼルドリスを圧倒している。

 

ただし”夜”を連れてくることができるチャンドラー相手には分が悪い。

 

番外編:実力未知数な者たち

魔神王&最高神

魔神族の長である魔神王と女神族の長である最高神。

二人はメリオダスとエリザベスを亡き者にしたあと呪いを与えたいわばラスボス的なキャラクター。

 

魔神王は自身の力の半分を10個に分けて戒禁として十戒メンバーに与え、最高神は自身の力を四つに分けて恩寵として四大天使に与えている。

メリオダスの旅の目的のキャラクターであり名前は結構前から出ているがどのくらい強いのかはまだ分かっていない。

 

バン

七つの大罪メンバーであり不死身のバン。

かつて妖精王の森でエレインと出会い襲ってきた魔神族を倒す過程で不死身の力を手に入れた。

 

十戒編に入ってからは不死身であるが長らく足でまといのキャラであったがメリオダスの感情を取り戻すためにとらわれているといわれている煉獄に行くことになる。

煉獄は現実1分で1年の時間が過ぎる世界。過酷な環境とそれに対応している煉獄の動物たちを相手に1000年近い修行を行っている。

 

また煉獄をメリオダスと脱出するために出口を守る魔神王と戦う。

現実に戻ることでどのくらいバンが強くなっているのか楽しみです。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ