【ブラッククローバー】ネタバレ174話と感想!エルフ族の進撃

9月21日に発売した週間少年ジャンプで連載中の【ブラッククローバー】174話のネタバレと感想になります。

前回話ではエルフに転生した金色の夜明け団がとうとう人間を滅ぼすために貴族や王族たちが住んでいるクローバー城へ向かいます。街も心配であるが魔力の高いエルフが何人か宮殿に入っていくということからすぐに向かうヤミとフィンラル。一人一人が強く4人のエルフに囲まれてピンチとなってしまったが蟷螂の団長ジャックザ・リッパーが助けに来たのである。

 

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】ネタバレ174話!エルフ族の進撃

ヤミ&フィンラル&ジャックザ・リッパー

ジャックザ・リッパーの魔法により鋼鉄の魔法で防御を固めたエルフ族を切ることに成功。ジャックザ・リッパーの魔法は斬り合いの中で刃の性質を変えていきどんなものでも斬ることができる魔法なのである。

 

防御特化のエルフ族が斬られたことにより驚く他のエルフ族。「バカな…」と驚くエルフ族に油断した人みっけとヤミがみねうちをかます。2人ダウンさせたものの他のエルフ族二人がすぐに対応してヤミとリッパーに襲い掛かる。

オメーもそろそろ見えてきてんじゃねーか…!?

とヤミは「フィンラル―!!!」と名前だけ呼ぶ。フィンラルも「はいッッ!!」と答えてヤミとリッパーをテレポーテーション。

二人をエルフ族の背後にワープさせて逆に不意打ちをかましてノックダウンさせたのであった。

「さすがですお二人供ぉ!!」

というフィンラルにこの俺をサポートするとは中々やるじゃねえかとリッパー。オイそいつはオレのアッシー君だぞとヤミはリッパーに怒る。なぜか二人の喧嘩が始まるが「…….あれは…!!」とフィンラルが何かを発見する。

 

クローバー城にてエルフ族

クローバー城はすでにエルフ化した金色の夜明け団員たちに侵入されて多くの貴族たちがエルフ族に殺されてしまった。

「な…何をしている金色の夜明け…! お前達魔法騎士団は我々上流階級の人間をまもるために…」と言いかけた貴族であったが女のエルフ族にトドメを刺されてしまう。

 

「なにが起きている!?」と貴族たち。

王族シルヴァ家の権勢にあやかろうとおべっかを使い集まっていたところになぜこのような者たちが!?とパニックになる貴族。

腰を抜かして倒れているメイドに貴族は「私の盾になれ!!平民出の召使! お前達下級の者は我々貴族のために..」と言うがやられてしまう貴族。

身代りなんて無駄というエルフ族は残っていたメイドにも結局トドメを刺した。「どの道全員殺すからあまり関係なかったわ。

 

シルヴァ家ノエルの兄姉

場面は変わりシルヴァ家のノエルの兄姉ソリドとネブラ。

ソリドはロイヤルナイツ選抜戦にてノエルに敗北し悔しがっている。「ノエルのヤロォォ~~~絶対に許さねえからなァァ~~!!」。

ノエルに負けるなんて情けないとネブラ。ただ油断していただけだろうと言います。

「それにしても何か騒がし…」

と言った時にエルフ族の女性が扉をぶち破り部屋に侵入。

 

金色の夜明け団員!?ここをどこだと…何をしている貴様ァァーーー!と吼えるソリド。

「この魔力 有力な王族ね」

「穢れた一族の末裔… あなた達を殺しにきたのよ」

王族に対する口のきき方がなってないとネブラは応戦するもエルフ族の魔力の異変に気付いていた。

 

ネブラの魔法は霧魔法。

影分身によりたくさんの分身を生み出した。

しかしエルフ族の女性は羅針盤魔法”順わぬ指針”を使って槍を飛ばす。羅針盤魔法は針を指示した者だけをずっと追い続ける魔法であり分身に惑わされずネブラを突き刺した。

「人間らしい卑怯な魔法」とエルフ族。ソリドはこんなことをしてただで済むと思うな!と怒るがエルフ族は王族のくせに分からないのか?と聞き「今から人間は滅びるのよ」という。

 

場面は変わってヤミたち。

外を見ると白夜魔眼アジトがクローバー王国の上空を飛んでいた。

中にはとんでもねーのがいると笑うジャックザ・リッパー。何も面白くはないと汗をかくフィンラル。「あれ多分敵の根城でしょ!!なにこれ以上ヤバい敵ふえてくれてんおおおお!!!」。

でけー岩の塊はお呼びじゃないとヤミ。しかしキレーな鳥さんも来たぜ。とノエル、ミモザ、キルシュ、ノゼルが鳥にのって参上。

「お帰んなさいませ 王族さん達よお」

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】174話感想!

今回ブラッククローバーではクローバー王国王族、貴族の人間を順調に倒してくエルフ族金色の夜明け団員ということでエルフ族自体の数が多く割と絶望的な内容でした。

ヤミやリッパー団長でも一人のエルフ族を倒すには中々骨が折れているようでさらにアジトにいたリヒトやライアがクローバー王国の戦いに参加する展開。魔法騎士団団長もエルフ化していたりと少なくなっていることからいやまじ相当きついだろと思ってしまいます。

 

エルフ族の戦力が大集合していますが魔法騎士団はどう戦うのでしょうか?次回もかなり楽しみな内容です。

 

ネブラの魔法や強さ

シルヴァ家の長女でありノエルの姉。初期から登場している魔法騎士団員でありまたが長らく使用している魔法は不明でした。

今回話では霧魔法ということが発覚。霧を使って自身の分身を生み出しているキャラクターでありました。戦った相手が羅針盤魔法と対象に当たるまで飛び続ける魔法であったので相性は悪かったですがエルフ族の女性は”王族の魔力”と評価していることからそこそこ強い魔法なのではないか?と思われます。

 

すくなくともソリドの細い水の竜よりは強そう。

 

ダイヤモンド王国の老兵奈落のロータスは煙魔法であるのでロータスと同じようなことができそう。

 

*ネブラは4巻で魔法をちらっと使っていました。

 

ノエルはどう動くのか?

今回襲われたシルヴァ家のソリドとネブラはノエルが幼いころから今日までずっといじめていたキャラクターであります。

ノエルがネブラやソリドがやられたと聞いてどいう気持ちになるのかがかなり気になります。少なくともノゼル団長は怒り狂うと思われますがノエルに関してはなんとも言えません。

 

まあクローバー王国のために動くことには間違いなさそうですが。

 

今週号他漫画のネタバレはこちら

アクタージュネタバレ34話と感想

ヒロアカネタバレ199話と感想

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ