【ブラッククローバー】182話ネタバレと感想!ファナとヴェッドの復活

11月19日に発売された週間少年ジャンプで連載中の【ブラッククローバー】182話のネタバレと感想になります。

前回話ではランギルスに転生したエルフのリーダー格であるラトリに対するはフィンラルとヤミとジャック。

ラトリの圧倒的な魔力により攻め手がなかった3人であるがフィンラルの弟であるランギルスを救いたいという思いから捨て身によりヤミとジャックをラトリの懐に潜り込ませることに成功。

不意打ちを喰らって怒りで暴走するラトリに対してフィンラルは隠していた空間魔法をヒットさせることに成功。ラトリを引き寄せてフィンラルが一撃殴ることで決着がついたのであった。

 

今回話では場面が変わりクローバー王国の上空に来ていたエルフたちから始まります。

 

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】181話ネタバレ!ファナとヴェッドの復活

エルフのアジト

シーンはクローバー王国上空にある白夜の魔眼アジトでありエルフの根城。

カプセルが二つ割れて出てきたのはファナとヴェッドであった。目覚めの気分はどうだい?前の転生のことを覚えているか?

という質問にヴェッドは「あぁ…我らサードアイ…だろう?」と言う。ファナは不実のライアだって笑っちゃうと以前の禍々しいファナとは雰囲気が違っていた。

ライアは時間がなくて15歳までにしか培養ができなかったよという。ヴェッドはもう2回も死んでいる身だから贅沢は言えないとのこと。身体を培養する技術は白夜の魔眼サリーの研究であるらしくまったく同じマナの複製体を創り出すことができるらしい。

 

サリー天才かよ!

前回話にてリヒトもこの創られた体に転生しているっぽい。

 

ファナは今回の方が自分の意識がハッキリしているとのこと。ライアは転生を”邪眼”でムリヤリ後押ししたから副作用の邪心が強かったといいます。

 

ファナはサラマンダーがいなくなったことに気づく。ライアはファナの魂が離れている間に新しい資格者が現れたと判断。「ま サラマンダーがいなくても オマエは充分強いだろ」。

ちなみにサラマンダーは現在フエゴレオンに宿っています。

【ブラッククローバー】フエゴレオンの復活!

 

「そうね少なくとも人間なんかに負けっこない!」と燃えるファナにグリモワール塔に連れて行くからぱぱっとグリモワールをもらっちゃってというライアにヴェッドは「服を…着てくれないかファナ」。

 

ライアは15の体であるが「昔よりおっぱい大きいよな」と言いビンタされるのであった。

 

最後の儀式

パトリが言っていたように最後の儀式を行うために他のエルフたちクローバー王国の上空にて準備をしていた。

「そろそろ…人間どもが作り上げた虚構の王都も終わりの時だ…!」とエルフ化したクラウス。

クラウス達は最後の儀式の準備をしているパトリ達の様子を見て儀式をするためのメンバーがそろったことに気づく。

「今思えば彼らはこの時の為に啓示を受けたのだろう」

儀式をするために巨大な魔法陣が書かれている。

ヴェッド、ファナ、リヒト、リラ(リル)、ゴーシュなどが儀式のために必要なメンバーなようだ。

 

パトリはリヒトを見つけるもまだ意識がないことにがっくし。しかしライアは今はああだけどリヒトくんが中にいることは確かだ転生が完全に契約されりゃ元のリヒトくんになるさ…!と励ました。

そうですねというパトリは儀式にもう一人足りないことに気づく。

 

その一人はユノでありライアは「どういうわけか転生しているはずなのに人格が元の人間のままだったんだよね」と言いパトリは驚いた。

しかしさっき迎えを出したから大丈夫と言い先に待っていようとライア。

 

「いや~~~イイ眺めだね~~~ 宴もたけなわってとこで…」

「それじゃ 始めますか」

と最後の儀式を始めるエルフたち。グラビド岩石に魔力を込めることでクローバー城に封じられていた冥府への扉が開いた。

なんだあれはと驚くヤミやほかのところから見ていた魔法騎士団たち。ミモザが「何ですの…!?あれは…!!」

と驚いているところに特に戦うわけでもなく見ていたエルフ化ダヴィドが話し出す。

「古代の契約で古のエルフが人間へと託したこの世とあの世の堺の空間魔法”影の王宮”だよ…!」

「神の啓示を受け取れる10人のエルフ達”セフィラの徒”だけが開くことが出来る…ね」

影の王宮の奥地にある台座に最後の魔石を嵌めこめばエルフの転生が完全に契約されるといいます。

「その体の元の人間の魂を冥府へ送ることと引き換えにね…!!」

 

そんなことは美しいこの私がさせん—!とエルフにミモザ兄のキルシュがダヴィドに攻撃。

 

しかしダヴィドはキルシュの魔法をはじき返した。

ミモザ曰くダヴィドの魔法は”ダイス魔法”出た目が大きい程その状況に有利な効果が出るとのことであるが”2”の目でキルシュの魔法を消したことで威力がデタラメすぎるといいます。

「まぁムダだと思うけどさぁ~~~ せいぜい頑張ってみなよ~~~」と言って去っていくダヴィド。

 

戦うわけでもなくただ喋りに来て去っていったエルフダヴィドに

「…!?一体なんだったんですの….!?」とミモザ。

 

ラストバトル!?

ヤミは冥府への扉を見て空間魔法が広がっていることに気づき何かわからないがろくなことにならなそうだとジャックと行くことを決意。

しかし儀式を完成させようとしているヴェッドやライア達10人のセフィラの徒の邪魔をさせないと残ったエルフのクラウス達は戦うことを選択。

「”セフィラの徒”のわずかな邪魔もさせん…!!」

 

そう簡単には向かわせてくれねぇってかとヤミ。ジャックは「カカ 上等だァどいつもこいつも裂いてやらァ」と戦う気まんまんであるがヤミは冷静にあの人数はフィンラル無しだと厳しいと叫ぶ。

ゾラとノエルもこの状況に苦しむ。「次から次へと…いい加減にしろよクソが…!!」

 

突如空間魔法でやってきたのは黒の暴牛と生き残った白夜の魔眼のサリー、ヴァルドス、ラデスの3人。

ヴァルドスの空間魔法で黒の暴牛アジトごとやってきたのであった。

次号に続きます。

 

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】182話ネタバレと感想!

今週号では”影の王宮””セフィラの徒”など新たなキーワードが出てきたブラッククローバー。

影の王宮はどうなっているのか?最後の儀式は完成してしまうのか?など非常に続きが気になる182話でしたね。

 

儀式に必要なエルフのセフィラの徒以外ではクラウス達がおそらく最後のエルフ。

アスタが到着し、バネッサ姉さんもいることからエルフの転生魔法がガンガン解除されていきそうな気がします。

 

エルフは本来優しい

これまでのエルフは好戦的だれもが人間に強い恨みを持っているように描かれていましたがここ2,3話ではエルフ達の会話だけであればそこまで人間と変わらない性格であることがわかりました。

今週号のファナ、ライア、ヴェッドの会話やただミモザに喋りにきたダヴィド。ダヴィドに至っては最初は諦めろと言いながら去る時にはせいぜい頑張れと謎の応援もするなどエルフにも人間と変わらない感情があるように描かれています。

 

「エルフも本来は優しい」というキャラつけがどうストーリーを動かしていくのか気になるところ。

 

影の王宮

セフィラの徒によって開くことができる冥府への扉。その先には空間魔法により”影の王宮”があるとダヴィドは言っていました。

古代の盟約でいにしえのエルフが人間へと託したのが影の王宮とのことらしいですがなんのために託したのかなどまだまだ不明。

 

エルフと人間の仲が良くない状態でエルフが滅ぼされてしまいましたが「託した」というワードから古代はエルフと人間は仲が良かったのかもしれませんね。

 

影の王宮の中でバトルをするのかそれとも完全に阻止するのかなど続きが気になる。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ