【約束のネバーランド】おじさんの名前や正体は?

エマ達がグレイスフィールドから無事脱走を果たして到着したのがB06-32地点。

そこには1人のおじさんが住んでおりウィリアム・ミネルヴァかと思われたがどうやら違った様子。

 

このおじさんの正体や名前はどんなキャラクターなのでしょうか?

 

そこで今回は

【約束のネバーランド】おじさんの名前や正体は?

といった内容で情報をまとめてみました。

 

参考にしていただければ幸いです。

 

スポンサーリンク

おじさんに会うまで

グレイスフィールドの正体を知ったエマ達は四歳以下の子供を残して15人で脱走。

逃げている途中宗教上の問題で人間を食べない鬼、ソンジュとムジカに救われ、この地で起きた歴史や生きるための知恵を教わりB06-32を目指すため分かれる。

 

B06-32にあったのは「何もない砂漠」

 

レイの起点からペンの謎を解き地下シェルターを見つけます。

 

そこで出会ったのが1人のおじさん。

 

おじさんいわくW・ミネルヴァでもなくまたW・ミネルヴァはここにはいないという事だった。

 

 

おじさんの正体

おじさんはエマ達の先輩であり13年前に農園「グローリー=ベル」を脱走した人物。

またエマ達と同じように仲間と同じように農園を脱走したが全滅してしまい今は1人という事だ。

その証拠にW・ミネルヴァからのペンと腹にある認識番号を見せる。

 

シェルターは安全でありひたすら待ったが13年間W・ミネルヴァは現れなかったとの事。

 

こうして今も生き残っているのは生き残る術としてムダな物「希望、仲間、情け」を全て捨てたからこそという考えを主張していたが後にレイはシェルターを調べてその考えが嘘である事を見抜く。

 

 

おじさんはエマ達を追い出すためにエマに銃を突き付けて

・地下シェルターから出ていく

・ペンを渡す

という二つの要求をします。

 

しかしエマはおじさんの銃に恐れず金的を入れ脱出。

出ていくことを要求するおじさんに対してエマは出て行かないと主張。さらに家族は無駄じゃないこを言い放つ。

 

そのエマを見て過去をフラッシュバックしたのか

「マズい・・・やつらだ」

と言い残し気絶します。

 

おじさんは過去に相当のトラウマがあるようだ。

 

 

身体能力が高い

レイとエマは安全なシェルター暮らしにも関わらず腹が引き締まっているおじさんを見て今もW・ミネルヴァ探しを続けている事に気づく。

また13年間鬼がいる場所で生き残っている事から相当な知恵と身体能力がある事も予想します。

事実エマとレイのW・ミネルヴァが次に指すゴールディ・ポンドの案内役としておじさんに手伝ってもらう事にするが相当足が速く、体力もある。

 

 

戦闘能力も高い

13年間生きているだけあって銃の扱いは慣れており対鬼に関しては上手い。

鬼の弱点も知っておりピンポイントで狙わなければ倒せないが小さな的でも的確に狙えることができる。

 

レイやエマも鬼の弱点に気づいても最初は正確に狙うことができなかった。

 

おじさんのかつての仲間は登場する?

おじさんのフラッシュバックで出た「ジョン」と「ルーカス」。

おじさんは仲間は全滅したと言いフラッシュバックになるまでのトラウマを持っていたのでおそらく登場しないと思われる。

 

以下コミックス組ネタバレ注意

 

 

ルーカスはゴールディポンド生きていた事が判明。

鬼に見つかりもはやこれまでとなった時に1人の子に助けられた。

そこからおじさんがいる場所に戻ろうとしたが密猟者にやられた仲間と今でも密猟者に狩られている子たち、助けてくれた子の悲鳴を思い出すたびに復讐してやらねばという思いからおじさんと合流できないでいたのだ。

 

 

スポンサーリンク

おじさんの名前は?

おじさんの名前はまだ少年ジャンプ最新巻にも出てきていません。

おじさんの過去のエピソードでも名前は呼ばれているが伏字になっており不明。

 

おじさんの名前は今後ストーリーの伏線として重要な手がかりになるのから隠すのでしょうか?

 

それとも

名前を言う=エマ達を信頼する

という図式になるのでエマ達への自己紹介シーンを描くためにまだ取っておくのかも知れませんね。

 

おじさんとエマ達が協力して行動する時が来るのが楽しみですよね!

 

 

まとめ

今回は約束のネバーランドのおじさんについて情報をまとめてみました。

いかがだったでしょうか?

 

W・ミネルヴァと思われたおじさんについてまとめてみました。

まだまだ正体不明のキャラクターですがどのようにストーリーに絡んでくるのか楽しみです。

 

今回もありがとうございました。また次の記事でよろしくお願いします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ