【ブラッククローバー】ネタバレ210話!宿魔の剣の本当の力!

 

7月1日に発売された週刊少年ジャンプで連載中の【ブラッククローバー】ネタバレ210話になります。

今回話では鉄壁の防御であった悪魔であったが反魔法の一撃を喰らってしまい余裕がなくなり攻撃が激しくなってしまう。しかしユノとアスタは冷静に悪魔の攻撃をさばきながらアスタの一撃を悪魔の心臓に当てる方法を考えていた。

一方ルミエルとリヒトは戦いをアスタとユノの二人に任せて他の場所で戦っている人間とエルフに悪魔の魔法に対抗できる力を宿魔の剣を通して送りこむのであった。

 

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】ネタバレ210話!宿魔の剣の本当の力!

アスタ、ユノVS悪魔

悪魔がアスタの一撃を喰らってしまったことでいつもの様に笑っている余裕がなくなり逆上してついに本気を出す。

死ね死ね死ね死ね死ね!

と魔法を連打する悪魔であるがユノとアスタは悪魔の魔法を剣で処理していく。

確実に…アスタの刃を心臓に突き立てることが出来れば—!!

と冷静に分析するユノ。

 

しかしアスタ方は体がギシギシと軋み始め限界が近づいていた。

やべぇ…!!体が限界ちけぇ…!!

 

その戦いを初代魔法帝ルミエルとエルフのリーダーリヒトは二人に任せることを選ぶ。

反魔法の少年…そしてその少年と強く信頼しあい 戦う風魔法の少年に託すしかない…

かわりにルミエルとリヒトは影の王宮に来ていたアスタ達の仲間を助けることを選んだのだ。

 

一方そのころエルフと魔法騎士たち

エルフのファナと翠緑の蟷螂団長ジャックザリッパーの戦いも終盤となっており無限に復活するファナであるがリッパーがそろそろ対抗しようとしていた。

「カカ!そろそろだ…そろそろアイツの”回復魔法ごと” 裂ける!!」

 

しかしファナは悪魔の魔法が近づいていることを感じ取っておりこのままここで戦っているわけにはいかないと一時戦いを中断しようとした。

「ちょっと 待っ…」

しかし背後から悪魔の魔法がやってくる。

その寸前を助けたのが大鷲の団長ノゼルであり全員避難することを指示した。

この場所は人外の魔法に埋めつくされようとしている 全員ただちに退避しろー

 

その時メレオレオナもやってきて落ちてくる悪魔の魔法に連打を打ち込むが悪魔の魔法は消えない。

ワハハハハ!こんな魔法が存在するとは…!世界は広いな!!

 

一方チャーミーがいた場所もフエゴレオンが逃げている場所も悪魔の魔法の勢いが強くなり逃げきれない状態でいた。

マズイ…!飲み込まれる!

 

宿魔の剣の本当の力!

 

シーンはルミエルとリヒト。

リヒトとルミエルはそんな仲間たちを悪魔の魔法から助けるために精神統一をする。

「宿魔の剣は絆ある者と魔力を宿し宿され繋がる剣」とリヒト

「悪魔の魔法に抗える僕の魔力を剣に通じて皆の下に…」とルミエル

 

合体魔法”宿魔の剣”・護光を発動。

 

悪魔の魔法から逃げようとしていたエルフ達にルミエルの悪魔の魔法に対抗できる力が送られていた。

 

これは一体?というミモザにウチのリヒトくんとおたくの王子様の魔法だと答える。

ライア達エルフはリヒトとルミエルの魔法を受け取ることで上の様子も見ることができていた。

「結局あっちが感動的な再会を果たしちまったわけだ…はぁ~~あ..妬けるよまったく」

 

ルミエルの魔力が続く限りエルフ達は守られる。

隙だらけのリヒトとルミエルを守るのはパトリ。パトリもルミエルの魔力を受け取り悪魔の魔法に対抗できていた。

「二人の絆を…今度は疑わない…」

 

ラストアタック?

シーンは戻って悪魔VSアスタ、ユノ。

ダメージも体も限界であるアスタは悪魔の魔法に襲われそうになるがルミエルの加護をもらったユノから助けてもらう。

ルミエルの加護があるならもっと早く動くことができるというユノ。

 

アスタはルミエルの加護をもらっていないので「あ~~~ユノだけいーなー」と言う。

 

オマエは悪魔にトドメ刺すことだけに集中しろ 一点突破バカ

とユノはアスタに激を飛ばす。

 

悪魔の攻撃も激しくなり「終わりです」とこれまで以上の魔法を放つ。

 

シーンは変わってヤミ団長とシャルラ。

ヤミの防御魔法で悪魔の魔法の中でかろうじて生きていたがこちらもルミエルの加護で脱出できたらしい。

だからあまり近づくな人間」というシャルラに

オイ さっきのお返しだろがオレも入れろや」とルミエルの加護に入ろうとするヤミ。

 

ルミエルの加護を通して上の様子が分かるというシャルラに魔力感知と氣だけじゃどうにも心もとないというヤミ。

あのキモイのの動き教えろ トゲツン女王

とヤミは剣を構える。

 

貴様…まさか ここから…!!

と驚くシャルラであるが頼み方は気にくわないが必ず当てろとヤミの剣にシャルラの魔法も上乗せする。

 

次号悪魔との決着??

 

 

スポンサーリンク

【ブラッククローバー】ネタバレ210話の感想

とうとう悪魔との戦いも最終局面となり悪魔との戦いはアスタとユノの二人に任せられることになりました。

いやーそうとう激熱な展開でしたね!ここ数週間のブラッククローバーはかなり面白い!

 

次号アスタ、ユノに加えて遠くからヤミの一撃が入ると思われますがどう悪魔を倒すのか非常に気になる!

次号も楽しみです!

 

宿魔の剣の力

 

今週号にてアスタが使っていた宿魔の剣の力がリヒトにて教えられていました。

「宿魔の剣は絆ある者と魔力を宿し宿され繋がる剣」

ということでありこれまでアスタは一度だけですが物語初期の初めて宿魔の剣を手にした時マルス戦にてノエルの水魔法を使っていましたが。

 

これまでアスタは大きい剣と小さい剣くらいの小回りの利く剣くらいでしか宿魔の剣を使っていませんでしたが仲間の魔法を使うことができるという剣であることが判明しました。

 

エルフ編も終わった後今後アスタの戦い方の幅が広がる可能性があるかも知れませんね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ